恋愛エキスパート有也のブログ。

メインHPは『恋愛エキスパート有也の恋愛マニュアル』です。
『LOVE at Night』の感想はメインHPにある専用掲示板にお願いします。
ここでの相談は受け付けてません。詳細はHPへ。
ツイッターやってます。@lovemanual
プリン体で一言。
こいつはヤバイ…。
:解説:
イカが好きなんだけど、イカってプリン体が多いんだよなー。
どのくらい多いんだろう。
そもそも、プリン体が多いと何がいけないんだっけ?

そんな思いつきから調べた結果がこれ。


プリン体を摂取し過ぎると尿酸値が上がる。
尿酸値が上がると、痛風や結石の原因になるらしい。

痛風というのは、尿酸が結晶となって関節に付着し、
それが剥がれ落ちた時に白血球が異物と判断して攻撃し、
それが原因で起きる炎症反応らしい。

痛風ってのは「風が吹いても痛い」という例えからそう呼ばれるとか。
とにかく痛い、痛過ぎて歩けないレベルだとか。

1週間から10日で発作が終わると、全く痛くなくなるとか。
そして、痛風患者の95%が男性だとか。

先ほど貼ったプリン体の含有量リスト。
ここから少しピックアップして行こう。
(数値は全てmg/100g表記)

まずは白米25.9。
白米にもプリン体ってあるんだね。
とはいえ、気にするようなレベルではないが。
ちなみに、コンビニのおにぎりが白米100g。
これを一つの基準にしてみようかと思う。

一般的にプリン体が多いと言われるのは、
ビール、魚卵、レバー、イカなどだ。
その辺はどのくらいの数値なのか。

アサヒスーパードライ3.3
キリン一番搾り6.8
地ビール10前後

ビールはプリン体の含有量は少ない。
あれ?じゃあなんでプリン体がどうたらとうるさいの?
と思ったら、アルコールが尿酸値を上げるらしい。

アルコールは一時的に尿酸値を上げ、
アルコールが体内で分解される時にも尿酸が作られ、
その時に発生する乳酸が体内に尿酸を蓄積する最悪コンボ。
増やしてとどめる、効き目のダブル処方。バカ。笑

ちなみに、焼酎にはプリン体が含まれていない。
焼酎0.0
ウイスキー0.1
ブランデー0.4

アルコールは乳酸の排出も低下させるらしいので、
他の高プリン体食品と合わせて摂取してたら、
やっぱりアルコールはよろしくないんだけどね。

ちなみにワインは少しプリン体を減らすという研究結果が出ている。
生ハムと一緒に飲んでたりするから、結局はダメなんだけどね。
生ハム138.3

さて、魚卵いってみよう。
ウニ137.3
タラコ120.7
イクラ3.7
スジコ15.7
カズノコ21.9
イクラ、スジコが意外に少ない。
わーい。

シーフードはどうか。
スルメイカ186.8
タコ137.3
クルマエビ195.3
ズワイガニ136.4
アサリ145.5
カキ184.5
なんか平均して高いぞ、こいつら。
武闘派揃いじゃないか。

肉はどうなんだろう。
豚バラ75.8
豚ロース90.9
豚レバー284.8
牛ロース90.2
牛ヒレ98.4
牛レバー219.8
鳥手羽137.5
鳥モモ122.9
鳥皮119.7
鳥レバー312.2
レバーの爆弾っぷりは恐ろしいな。

続いて魚にいってみよう。
カツオ211.4
マグロ157.4
真鯛128.9
鮭119.3
ブリ120.8
イワシ210.4
鰻92.1
ツナ缶116.9
イワシとカツオの意外なまでの高さ。
そんなイメージ無かったわー。

干物にするとさらに上がっている。
アジの干物245.8
カツオ節493.3
煮干し746.1
数値で見ると恐ろしいが、カツオ節を100gも食うのはありえない。
せいぜい、1パック2.5gのカツオ節でプリン体は12.3。
煮干しは1尾で2gくらいなので、プリン体は14.9。


さて、食事はバランス良く食べなければいけないことがよくわかったと思う。

最後に、ビビったのがこれ。
これを見たら、他の食品がどうでも良くなった。

サプリメント類のプリン体
ビール酵母2995.7
クロレラ3182.7
核酸(DNA/RNA)21493.6

バカな!スカウターの故障か!?
って言っちゃいそうな数値。

これらのサプリメントを飲んでる人は尿酸値を測った方が良さげ。
女性でも安心は出来ない気がするねぇ。
| 有也 | 生活 | 21:50 | comments(4) |
映画『フルメタル・ジャケット』と『ザ・ロック』と『エリン・ブロコビッチ』で一言。
いいねぇ。
:解説:
最近、割と面白い映画を観たんだよね、とSaity。
それが『ザ・ロック』だった。


ザ・ロック
ザ・ロック 特別版 [DVD]

【出演】
ニコラス・ケイジ:スタンリー・グッドスピード博士
ショーン・コネリー:ジョン・パトリック・メイソン
エド・ハリス:フランシス・X・ハメル准将

【あらすじ】
脱出不可能な天然の要塞アルカトラズ島を舞台にしたアクション超大作。
VXガス搭載のミサイルを盗み、アルカトラズ島に立て籠もったハメル准将とその部下たちは、
観光客81人とサンフランシスコ全土を人質に取り1億ドルの身代金を要求。
FBI科学兵器処理班のグッドスピードは、アンダーソン隊長率いる特殊部隊と共に作戦参加を命じられた。
彼らを島の内部に案内するのは、かつてアルカトラズ刑務所(通称ロック)から、
唯一人脱獄したことのある元英国諜報部員メイソンだった……。
[allcinema ONLINE]

【感想】
なんかすっかり忘れてたけど、この映画は観たことあるわ。
化学兵器の形が特徴的だったから思い出した。
それと、ラストのシーン。

恋人カーラ役のヴァネッサ・マーシルが可愛い。
なんだろ、ホクロの位置がいいのかな。
似たような位置にホクロがある藤井リナは別に好きじゃないが。

ハメルに従うトム・バクスター役のデヴィッド・モースの顔が好き。
この人、テリーマンっぽい。
テキサス生まれであってほしいけど、マサチューセッツ州ハミルトン出身。残念。笑

あぁ、感想を書かないとな。
ザ・アクション映画というカンジ。
ハリウッド映画だから出来るアクション映画。
カーチェイスもミサイルも戦闘機も。

ただ、俺はアクション映画があんまり好きじゃなかったんだと再確認した。
なんというか、大味な映画に思えてしまうような。
その辺は単に俺の好みの問題で、この作品がアクション映画として素晴らしいことに変わりはない。

その辺をもうちょっと追及していくと、俺は『スピード』という映画があまり好きではない。
嫌いというわけじゃなく、相当ヒマじゃないと観る気がしない。
あの映画はカッコイイ車がブーンと走るだけの映画だ。

俺はやっぱり人間同士のやりとりが見たいんだろうなぁ。
だから、『善き人のためのソナタ』とかはグッと来る。

それと、この作品は登場人物の個性をもうちょっと引き立てて欲しかった。
ショーン・コネリー演じるメイソンはキャラが立っていたけど、主役はもっと欲しいところ。
もっとこの人ならではのカンジを出して欲しかった。
その点をニコラス・ケイジ主演の映画で言うなら、『マッチスティック・メン』が優秀だと思う。

それと、この映画は時間配分を間違えていると思う。
肝心のザ・ロックに辿り着くまでに半分も時間を費やしているのだ。

ショーン・コネリーだけは本当にカッコイイ。
もっとこの人の作品を観なければ。

評価:★★★★★★★☆☆☆(7点)

アーノルド・シュワルツェネッガーはザ・ロックの出演オファーを断って後悔したらしい。



フルメタル・ジャケット
フルメタル・ジャケット [DVD]
スタンリー・キューブリック監督

【出演】
ジェイムズ・T・デイヴィス(ジョーカー):マシュー・モディーン
レナード・ローレンス(ほほえみデブ。英語では「ゴーマー・パイル」):ヴィンセント・ドノフリオ
ハートマン軍曹:R・リー・アーメイ
エヴァンズ(カウボーイ):アーリス・ハワード
アニマルマザー:アダム・ボールドウィン

【あらすじ】
徴兵された若者が、次第に戦闘マシーンとして人間性を失っていく様を冷徹な視点で追っている。
ベトナム戦争時、アメリカ海兵隊に志願した青年たちは、
サウスカロライナ州パリス・アイランドの海兵隊訓練キャンプで厳しい教練を受ける。
キャンプの鬼教官・ハートマン軍曹の指導のもとで行われる訓練は、
徹底的な叱責と罵倒、殴る蹴るの体罰が加えられ続けるという、心身ともに過酷を極めるものだった。
さらに連帯責任による懲罰、訓練生の間で行われるいじめなど閉鎖的な空間で受ける社会的ストレスが次々と描かれていく。

【感想】
これも以前に観たんだけど、その時はオトンかなんかが観ているのを途中からチラ見した程度。
2部作の構成になっていて、最後まで飽きずに見続けていられる。

戦争映画の最高傑作とも言うべき作品で、是非とも観て欲しい映画だ。
俺は基本的に戦争映画ってもんが嫌いだが、この作品だけはオススメだ。

ネタバレは嫌いなので、触れないように書くと、
冒頭から始まる地獄のシゴキ、まずはそこに面食らって衝撃を受ける。
やがて、そんな環境にも一種の慣れが生じ始めるのだが、そこから一気に突き放される。
そして、最後はベトナム戦争という異常事態の中に垣間見える人々のユーモアと葛藤。
もうこれ以上ないくらいのストーリー展開だと思う。上手い。

評価:★★★★★★★★☆☆(8点)

ハートマン軍曹役の演技指導で来た元海兵隊員R・リー・アーメイがあまりにも生々しく圧倒的だったので、
そのままハートマン軍曹役に抜擢されたらしい。(2002年5月に名誉昇進、本物の軍曹となった)



エリン・ブロコビッチ
【Amazon.co.jp先行販売】エリン・ブロコビッチ コレクターズ・エディション [DVD]

【出演】
エリン・ブロコビッチ:ジュリアロバーツ
エドワード・L・マスリー:アルバート・フィニー
ジョージ:アーロン・エッカート

【あらすじ】
3人の子供を抱えるシングル・マザーのエリンは無職。
子供を抱えていては職探しもままならず、その上、交通事故にあってしまう。
しかも、負傷したにもかかわらず賠償金を得ることも出来ず、生活に窮するようになってしまう。
そこでエリンは自分を弁護したエドワードに、負けたのだから仕事を斡旋するように要求、
半ば強引に彼の事務所で働くようになる。

【感想】
色々と残念な上にツイてないアーパー女のエリン・ブロコビッチ。
自分は賢くて働き者だと思っているが、学も無いし、短絡的で激情家。
すぐに相手を口汚く罵り、周りに引かれている。
美人で派手な格好をしたイタい子持ち女。

だけど、曲がったことは大嫌い。
間違ったことは間違っている、相手が誰でも構わない。

そんな彼女が持ち前のパワーだけで突っ走り、奇跡を起こす。
エリン・ブロコビッチの実話を基にした映画。

エリンを演じたのがジュリア・ロバーツで良かった。
役にピッタリ。

DVDには未公開シーンもいくつかあったが、
それらはどれも本篇に入れた方が良いものばかり。
むしろ、こういうシーンがある方がいいのになぁと思っていた部分だった。
(資料を探すシーン以降は蛇足になるけれど)

実話を基にしているからいいんだけど、
フィクションなら何らかの妨害が入ってかなりのダメージを喰らい、
それでもめげずに立ち向かうストーリーになると思う。
(それが酒場のシーンで起こると思っていた)

★★★★★★★★☆☆(8点)

ちなみに、エリン・ブロコビッチ本人もウエイトレス役でカメオ出演している。
本人たちの特典映像も入っていた。
| 有也 | 映画 | 21:43 | comments(0) |
正月過ぎの一言。
2015年か。
:解説:
Twitterの方は少し更新していたのだが、
https://twitter.com/lovemanual
ブログという存在がぽっかり抜け落ちていた。

HPは相変わらず更新できない。
PCがぶっ壊れた影響で、中途半端なところまでのデータしか残ってないのだ。

全てを復活させるまで、あと300ページくらいかな…。
長いよ…誰だ、こんなに書いてたのは。

次はクラウドにデータを置くような形にしなければ。
消えた時に面倒で仕方無い。

あるのかね、そういうクラウド式ホームページビルダーみたいなやつ。
なおかつ、今のHPを全部インポートしてくれるやつ。
テンプレートは変わってもいいから。

というより、元のソフトがインポート出来ないのが悪いよ。
他のソフトに替えよう替えようと思って、
ホームページビルダーまで買ったのに、結局やってない。

タグ打ち出来ないのが何よりも困る。
簡単にタグ打ち記事を書きたいから始めたのがブログだもんな。

Twitterって、閉鎖的なコミュニティだと思っていたけど、
ブログに書くほどでもないネタを書くには良いような気がする。

ブログを書くとなると、なんだか少しは読み応えのようなものがないとなーと、
いつも1000文字オーバーになってしまうわけだが、
あまりそんなに書いてる人っていないよね。

そして、文字より写真がある方がキャッチー。
だけど、文字ばかり打ってしまう。

正月に兄一家が帰省した時に、
メシがてらキッズスペースのあるショッピングモールへ。
もはや恒例になりつつある。


甥っ子(1歳)がハイハイしながら登る登る。

ワンパクでもいい、たくましく育って欲しい。
昔、そんなCMがあったなぁ。


さて、全然関係無いけど、
先月オトンとゴルフのショートコースに行ってきた。

ゴルフの打ちっぱなしはたまに行く。
といっても、生涯通算で10回行ってないと思う。

まだまだ下手で、たまーにスライスしちゃうような感じ。
そんな状態だが、コースデビューをしたかったのだ。

ゴルフの打ちっぱなしというのは、
あくまでも平地でベストコンディションで打つものだ。

しかし、実戦というのは平地ばかりではない。
山あり谷あり砂場ありだ。

それなのに、平地でしか打てない状態で凝り固まったら、融通が利かなくなるのではなかろうか。
山あり谷ありの時に「打つトコが斜めだから上手く打てなかった!」などとほざくことになるのではないか。

いや、正直に言えば、
「ガキの頃にバットとボールでゴルフごっこをしていたから、
意外と実戦やってもイケるんじゃね?」的なナメた考えを実践したかったのだ。

そんなわけで、コースデビュー。
全てPAR3のショートコース(全9ホール)だ。

多くの人は知っているだろうけど、少しだけ解説しとこう。
ゴルフのゲームすらやったことない人もいるだろうし。

そのホールで上手く打てば上がれるであろう打数が設定されている。
それをPAR(パー)という。

PAR3に設定されているホールで、
プラスマイナスいくつで上がれるかを競うのだ。
(さらにゴルフコンペなんかでは下手な人にハンデがもらえたり)

PAR3のホールを2打で上がれたら、バーディー(-1)。
プロの大会だと、18コースを回って12アンダーとか出す人もいる。
バーディー12回取れたら、-12(12アンダーとも言う)

今回、俺が行ったのはショートコース。
9ホールしかないし、全てPAR3(合計PAR27)。

いわゆる18ホールのゴルフ場は平均PAR4(合計PAR72)に設定されている事が多い。

ショートコースでドライバーを使う必要は無い。
最も長いホールでも170ヤードほどしかないからだ。

とはいえ、初心者には大差無い。
結局、何打でグリーンに乗せて、何打でカップに沈めるかが大事なのだ。
まぁ、一般人なら2打でグリーンに乗せて、2打でカップに入れば上手い方だ。

コースに出たばかりの人は、120を切るのを目標にするらしい。(PAR72の場合)
そして、次に100を切れば上出来。
90を切れば、いっぱしのゴルファーを気取れるのだ。多分。

となると、今回の俺はどんなスコアを叩き出すのか。

1周目1コース、バンカーにハマって8打。
もう出だしから散々だった。
もっと手前側に打てば良かった。
なぜ欲張ったのか。

結局、8→5→5→4→4→6→7→6→5。
合計50で終了。
うーむ、ダメだなぁ。

オトンは、4→3→7→4→4→4→4→4→4。
合計38で終了。
3コースのOBが無ければ、35くらいだったろう。
生け垣の中に入ってしまった。
そして、そこは新品ボールのパラダイスであった。笑

2周目。
俺は、10→5→4→6→4→6→7→6→5。
合計53打。
1周目のミスをまたしても繰り返す。
弱く打てばいいのに、バンカー地獄。

オトンは、3→4→7→3→5→5→4→5→4。合計40。
またしても、3コースでOB。
新品ボールのパラダイス再び。

3周目。
俺は、4→4→6→5→5→4→5→5→7
合計45打。
ようやく、大きいミスが無くなった。

この調子なら18ホールでも120は切れるんじゃないか。
ドライバーの練習を頑張れば、100もいけるかなぁ。

オトンは、3→3→4→3→4→4→3→4→4
合計32。
おぉー。俺もこのくらいのスコアを出せるようになりたい。

みんゴルだったら、5打も叩いたらブルーになるもんね。
やはり、なんとか4打までに収めたいものだ。気持ち的に。


あ、そうだ。
遅ればせながら、明けましておめでとうございます。

2015年、バックトゥザフューチャー2の未来の年。


ホバーボードは何とか出来たらしいけど、
空飛ぶ車に改造する技術はサッパリだね。
年内に期待。

今年もよろしくお願いします。
| 有也 | 生活 | 19:10 | comments(0) |
映画『羅生門』で一言。
何も恐ろしくない。
:解説:
昨日の『七人の侍』に続いて、今日は『羅生門』を観た。
同じく黒澤明監督作品で、キャストもかぶっている。


羅生門(1950年)
羅生門 デジタル完全版 [DVD]

【出演】
多襄丸:三船敏郎
金沢武弘:森雅之
真砂:京マチ子
杣(そま)売り:志村喬
旅法師:千秋実
下人:上田吉二郎

【あらすじ】
平安時代。荒れ果てた都の羅生門で、杣売りと旅法師が放心状態で座り込んでいた。
そこへ雨宿りのために下人がやって来る。
下人は退屈しのぎに、2人がかかわりを持つことになったある事件の顛末を聞く。
ある日、杣売りが山に薪を取りに行っていると、武士・金沢武弘の死体を発見した。
そのそばには、「市女笠」、踏みにじられた「侍烏帽子」、切られた「縄」、そして「赤地織の守袋」が落ちており、またそこにあるはずの金沢の「太刀」と妻の「短刀」がなくなっていた。
杣売りは検非違使に届け出た。
旅法師が検非違使に呼び出され、殺害された武士が妻・真砂と一緒に旅をしているところを見たと証言した。
(Wikipediaより)

【感想】
この作品、言わずと知れた芥川龍之介作品だが、
高校時代に読んでみたものの、何が旅法師の言うところの「恐ろしい話」なのかさっぱりだった。

今回、「月日が経ったし、映画で観たらもっと感じ方も変わるだろう」と思って観たが、まぁ変わらない。

杣売りや旅法師はどんだけ世間擦れしてないのかと。
こんな程度の話で、恐ろしいとかないだろ。

もしくは、こいつらは恐ろしい恐ろしいとか言ってれば、
自分は同類じゃないと思い込めるつもりなんだろうか、と。
いや、そう言い聞かせたいんじゃないかとすら思える。

自分の汚いところから目を逸らして生きている、
そこを自覚をしたくないのだろう、ということだ。

そもそも、世界は業や残酷さや偽善、
時にはその真逆のモノで満ち溢れていて、
人間はエゴイズムと業と倫理観が絡み合って、
一部の人々が正義という名のナイフを振りかざしたりして、
傷付いたとか人間が信じられないとか被害者ヅラしたヤツらも、
そのツラの皮をめくってみたら同じようなもんだったりする。

この作品はあくまでも最後には救いがあるという終わり方にしているが、
それはどこかにそういう希望みたいな要素を残して終わらせたいからなんだと思う。

ここでもっとヒネたヤツが書いていたら、
翌日、河原で産着を外された赤児を旅法師が発見し、
この世に絶望して谷底に身を投げるとかいう展開だったと思う。

クソみたいな泥だらけの池にも蓮の花が咲いたりするから、
この世のコントラストがキレイに映るなんじゃないのか。

石ころの中にも、たまにダイヤが混ざってたりさ。
あぁ、でもそのダイヤの指輪は他人のモノだったりするよね。
不倫はダメよ〜、ダメダメ。

俺は割とそういう方向性の映画にシンパシーを感じてる気がする。
マフィア映画の中にある純情だったり。

結局、正義だのなんだのを振りかざすヤツには、
ロクなヤツがいないということだよね。

正義なんて、自分勝手な価値観で作り上げた自分にしか通じないルールみたいなもんだよ。
同じルールで遊びたいヤツとだけ遊んでればいいわけだよ。

大富豪を普通のルールでやってるのに、
なんかよくわかんないローカルルールでやられてもねぇ。
なんだよ、「6飛び8流し」って。
それはおまえの地元だけでやれよ。

おっと、とんでもなく脱線してしまった。

この映画を観て、10段階で9以上の評価をつける人って、
割といい人が多いんじゃないかなぁと思ってしまったりする。

評価:★★★★★★★☆☆☆(7点)


あまり関係無いけど、
ヒロイン役の京マチ子さんが、
先輩の元カノに似ている。

ああいう顔の人って、割と現代に多い気がしてたけど、
そんな事なかったんだなぁ…。

黒澤明監督作品、三船敏郎主演映画はまだまだある。
『用心棒』と『赤ひげ』と『椿三十郎』も見なければ。
| 有也 | 映画 | 17:50 | comments(2) |
映画『七人の侍』で一言。
菊千代!
:解説:
黒澤明監督の名作映画『七人の侍』をついに観た。

名作映画を観ようと思って、DVDを何本か借りてきたのだ。
そのうちで一番上映時間が長いのがコレ。

207分でDVD2枚に渡っている。
そんな長い作品でありながらも名作と名高いということは、
3時間半、観客を魅せる事が出来るということだ。

1枚目の終わりにドドンと「休憩」と文字が5分ほど出てくる。
当時の映画館ではこの休憩時間にトイレに行ったり、
一服したりという光景があったんだろうか。

七人の侍(1954年)
七人の侍(2枚組) [DVD]
【出演】
島田勘兵衛:志村喬
菊千代:三船敏郎
岡本勝四郎:木村功
片山五郎兵衛:稲葉義男
七郎次:加東大介
林田平八:千秋実
久蔵:宮口精二

【あらすじ】
 戦国時代の貧しい農村を舞台に、野盗と化した野武士に立ち向かうべく農民に雇われた侍たちの闘いを描いた作品。黒澤明監督による日本映画の傑作。麦の刈入れが終わる頃。とある農村では野武士たちの襲来を前に恐怖におののいていた。百姓だけで闘っても勝ち目はないが、麦を盗られれば飢え死にしてしまう。百姓たちは野盗から村を守るため侍を雇うことを決断する。
allcinema ONLINE(外部リンク)

【感想】
面白かった。
あらすじも読まずに借りたのが功を奏した。
といっても、ネタバレをされても困るような映画ではないのだが。

また、207分は長く感じなかった。
大好きなドラマをノーカットで観ているような感覚。
終わってしまって残念。
こういう大河ドラマがあったら、ずっと観続けるのになぁ。

ラストも短過ぎず、長過ぎず、ちょうどいい終わり方。
尻切れではなく、ダラダラでもなく。

七人の中で、最も愛されるキャラなのが菊千代。
彼の役が無かったら、暗くシリアスな作品になっていたと思う。

久蔵という侍は渋くてカッコイイ。
ルパン三世に出てくる石川五ェ衛門は彼がモデルになっているそうだ。

最初は邪魔だった山犬・菊千代が、百姓と侍の間に生きる橋渡しになり、
彼の慟哭によって、空中分解していたかもしれない事態も避けられた。

菊千代役を演じた三船敏郎の出演作を他にも観てみたいなぁ。

ちなみに、字幕を付けて観ることを推奨したい。
じゃないと聞き取れない部分が多いのだ。

白黒映画だけど、なんかそんな感じがしなかったなぁ。
頭の中で補完されていたのかな?

その場面の匂いがしそうなくらい、迫力のある画だった。
麦刈りの画、田舎道の画、土砂降りの画。
黒澤明監督作品を他にも観たいなぁ。

評価:★★★★★★★★☆☆(8点)


1954年ってことは、もうパブリックドメインなのか。
うーむ。著作権50年って短くね?
| 有也 | 映画 | 22:15 | comments(1) |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< August 2016 >>
+ リンク集
+ 著書
LOVE at Night ~ホストに恋した女子高生~
LOVE at Night ~ホストに恋した女子高生~ (JUGEMレビュー »)
有也
 
高校1年生の頃、早く処女を捨てたかった。
周りの子はみんなどんどん『済ませて』行ってた。

「え〜まだしてないの?」
そう言われるのが嫌だった。
私一人がおいてきぼりにされてるような気がしてた。

「早く処女を捨てなきゃ」
そんな焦りを感じてた。

(第一話『おいてきぼり』)
+ 著書
LOVE at Night 2 ~17歳のファーストラブ~
LOVE at Night 2 ~17歳のファーストラブ~ (JUGEMレビュー »)
有也
 
お金もない。
帰る家もない。

私はこれからどうやって生きていけばいいんだろう。
誰かお願いだから私を助けてよ。

とりあえず、新宿まで来たけど寝るトコもない。
警察に行っても家に帰らされるだけだ。
あんな家になんか帰りたくない。

どうしよう。
これからどうしよう。

1人でどうやって生きて行こう。

(第一話『絶望の街角』)
+ 著書
おまえは俺に恋をする
おまえは俺に恋をする (JUGEMレビュー »)
有也
 
俺は【モテ】って言葉が嫌いだ。
本気で惚れた女だけを
確実に落とせるヤツが
一番カッコイイじゃねぇか。

(―はじめに―より)
+ 著書
LOVE at Night 3 ~16:35の鼓動
LOVE at Night 3 ~16:35の鼓動 (JUGEMレビュー »)
有也
 
人生はクソだった。
 
幸せはいつだって掴んだと思っても消えていく、
雪みたいなものだって思って生きてきた。
 
 
誰かと深く関わるのは嫌だった。
誰にも情をかける必要なんて無い。
 
いつか辛い別れが来るだけだから。
 
 
 
不幸の遺伝子で作られた俺は、
大事な人を側に置いちゃいけねぇんだ。
 
 
(冒頭より抜粋)