恋愛エキスパート有也のブログ。

メインHPは『恋愛エキスパート有也の恋愛マニュアル』です。
『LOVE at Night』の感想はメインHPにある専用掲示板にお願いします。
ここでの相談は受け付けてません。詳細はHPへ。
ツイッターやってます。@lovemanual
551HORAIで一言。
あ、なかなか美味しい。
:解説:
彼女を送りに難波へ。

パーキングチケットって安いんだね。
1時間300円だって。

さて、少し時間があったので晩御飯を食べる事にした。
彼女は中華料理が好きなので、中華屋を地図で探すと551HORAIを発見。

【551HORAIとは】
大阪では知らない人は居ないくらい有名な豚まんの店。
テイクアウト専門店とレストランがある。

大阪人はみんな大好きな551の豚まん。
せっかくだから、食べてみることにした。


551の豚まんが、ある時〜(みんな笑顔)
551の豚まんが、ない時〜(みんなガッカリ)
みたいな吉本新喜劇のCMで有名。

彼女と半分こして食べたが、なかなか美味しい。
コンビニにあったら買うかも。


メインで食べたのは551ラーメンとミニ天津飯セット。
彼女はエビチリとチャーハンのセット。

551のラーメンは好きな系統の味だった。
こういう醤油スープのラーメンは飽きない。具もなかなか良い。

何よりも、難波の地下街にある551の男性店員は接客が素晴らしかった。
あの店員さんの印象が素晴らしいので、また行きたくなる予感。

ただ、大阪にしてはコスパが悪い。
これならミス大阪に向かう途中のアーケードにある立ち食いうどん屋とか、
名古屋のスガキヤの方がコスパが良い。

名古屋といえば、県民SHOWで久々に台湾ラーメンを見たからか、
無性に味仙の台湾ラーメンが食いたい。
翌日、オシリが痛くなる辛さだけど。


食べ終わった後、彼女のチケットを買って、
それでも少し時間があったので、ランキンランキンでストラップを買った。

彼女に貰った京都水族館のオオサンショウウオストラップと、
俺がランキンランキンで彼女に買ったダイオウグソクムシストラップ。



どちらもフニフニしていてカワイイ。
別のトコで買ったのにシリーズ物のような作り。

なんかオソロっぽいので気に入った。
目が同じだし。笑
| 有也 | TV | 23:45 | comments(6) |
朝ドラ『花子とアン』で一言。
葉山め〜!
:解説:
朝ドラ『ごちそうさん』からの流れで、『花子とアン』も観ている。
彼女がウチに来た時は一緒に観ている。

子ども時代が終わり、吉高由里子演じる花子に。

編入生として入ってきた公爵の妹君、
葉山様(仲間由紀恵)が自分の非を隠したせいで、
花子が退学の危機に陥ってしまう。

彼女を抱っこしながら、
「葉山め〜!」と憤る。

それが今日一番印象に残った事です。

なんの報告だコレ。笑
| 有也 | TV | 23:15 | comments(2) |
ロケみつ最終回観て一言。
終わってしまった…。
:解説:
『ロケみつ ザ・ワールド』というテレビ番組があった。(過去形)

最終回を録画したものの、なかなか観る時間が無くて、
今日になってようやく観ることが出来た。

5年半もの長きに渡る歴史に幕を閉じる。
なんだか少しジーンとするラスト。

「あぁ…終わっちゃうのか〜。」と思いながら観ていると、
案の定、AD宮原(言わされる人)による茶番が始まった。

「今日で、ロケみつ ザ・ワールドは終わりですが」

「今日で、ロケみつ “ザ・ワールド”は終わりですが」




「4月からロケみつ フライデーが始まります。」



うん、なんとなく予想してた。


でも、グイグイ大脇さんの『名前ナンなん?』だけは続けて欲しかったなぁ…。
俺が唯一、応援コメントしたコーナーなんだ。

一般人が誇らしげに自分の名前を出題する瞬間が良かったなぁ…。


そんなロケみつフライデーは明日の深夜に放送開始!
暇人は観るべし!




| 有也 | TV | 21:40 | comments(0) |
編み込みで一言。
イデデ。
:解説:
金曜日はメグの家でタコパ。
という予定だったけど、Saityは仕事が長引いて遅くなった。

とりあえず、俺の髪をメグに編み込んでもらいつつ待つことにした。
耳の上を普通に編み込み、その上をフィッシュボーンで編み込み、上を軽いリーゼント風にしてから編み込み。
そして、最後に束ねた髪をブワッと広げる。

“一生のうちにやりたい髪型”ってのがいくつかあったのだが、最後の一つがコレ。
120225_180516

編み込みをしたのは初めてなんだけど、髪が引っ張られるたびに痛い。
「イデデイデデ。」と言いながらもやってもらった。
ありがとうメグ。

これをやれたら髪をイジるのはもういいやと思う。
いっそ、坊主でもいい。

でも、ただ坊主になるのはもったいない気もする。
お寺とか行きたい。気持ち的に。


さて、編み込みが一段落して、おばさんが注文してくれたピザと、メグの誕生日祝いのケーキを食べた。
それでオナカも満たされてしまったのでタコヤキはやらずじまい。

金曜ロードショーで櫻井翔主演の実写版『ヤッターマン』を見たりして過ごした。
意外と面白かった。原作ファンも喜ぶ内容だった。(ホンモノの声優陣が特別出演してたり)


夜11時過ぎになって、ようやくSaityが到着。
みんなでカンパイをした。

『朝まで生テレビ』を観ながら千葉麗子の空気の読めなさに爆笑したり、
「あー、でも有也は千葉麗子みたいな人、得意だよね。笑」とSaityに言われたり、
3人とも(タブン)同じ人物をアタマに思い浮かべながら、「千葉麗子、今こう思ってるだろうね。笑」などと語り、
千葉麗子のツイッターを見たら、全く予想通りのことをつぶやいてたりして爆笑した。

ピントハズレの事を言ってるのに、『言ってやった』みたいな勝ち切った表情をするのがたまんない。
もう大好き。こういうピントハズレ女。

テレビを見るのは久しぶりだ。
正月以来かもしれない。津田沼にはテレビが無いもので。

メグが友達から誕生日プレゼントにもらったというティーセット。
120225_013205

これをくれた子はちょっとしたモノでもすごくセンスがいいらしい。
女子会の交換プレゼント(予算1000円)なんかも野菜ジャムとかをくれるらしい。
どこで買ってるんだろう。いいなぁ。

このフレーバーティー(ブラックなんとか)は香りが素晴らしかった。
味は無いけど。
120225_013800

その後、Saityと朝生を観ながら少子化問題などについて語り合った。
ざっくり言うと、俺の意見は「少子化対策もいいけど、愛のない家庭は作っちゃダメ。」というカンジ。

ざっくりしすぎてよくわかんないよね。
後になって、ブログ用に録音でもしとけばよかったと思った。
| 有也 | TV | 23:54 | comments(7) |
水9ドラマ『家政婦のミタ』第10話&最終話で一言。
ミタさん…!
:解説:
家政婦のミタ、第10話と第11話(最終回)をまとめて観た。

最終回で40.0%行ったらしいね。
11年ぶりの快挙だとか聞いたような。


10話「息子よ、夫よ、お願い…私も天国に連れて行って!」

【カケルの「ハクシュン!」】
わざとらしすぎるだろ。

【ふてくされるキィちゃん】
あ、かわいい。笑

【ジジイの電話】
ジジイ、ウララが心配なんだね…。
あ、そうか。ウララはお父さんに惚れたことを自覚したんだっけ。

【ランドセルプレゼント】
ウチは親戚のおじさんがくれたんだよなー。
ホント、素晴らしい本革のランドセルだったわ。
6年になる頃には同級生のランドセルはペチャンコだったけど、
俺のはホントに丈夫で作りもしっかりしていて、新品同様に使えたもの。
俺が大切に使っていたのもあるだろうけど、それを差し引いても良い品だった。

【フラッシュバックのラッシュ】
旦那さんと子供の幻覚が何度も何度も襲ってくるのは、
やっぱり家族の暖かさに触れてしまっているからなんだろうなぁ。

【ウララのお見合い】
自分からお見合いしようと言い出したくせに、
やっぱりノリ気じゃないんだな。でも、失礼よ。
自分をコースターに例えるのは良かった。

【かたくなになったウララ】
自分をいない方がいいなんて言うなよ。

【言いかけたミタさん】
おっ、ミタさん…。

【紹介所のおばちゃん】
おばちゃんもミタさんを愛してるよね。
良い人だわ。

【母親の気持ちを代弁するミタさん】
ミタさん…アンタ、ホンマにスッキリや…!
いい話だなー。
ここで来た、決めゼリフ。
「それは、あなたたちが決めることです」
でも、お父さんは言う資格ないよね…。←ヒドイ(笑

【そして彼らはそれに火をくべる】
これも彼らにとって必要な儀式なんだよな…。
生きるということはそういうことなんじゃないかと思うわ。

【過去のことをグジグジ後悔するのをやめたお父さん】
そうだね、自分が過去に犯した過ちをいつまでも責めるのは、
今の自分を否定することになるからね。

【またもミタさんを苦しめる家族の幻】
これがあと1話でなんとかなるん?
あぁ、心配だわ。

【クラスメートの駄文】
小学生らしい作文だと思う。

【カイトの作文】
良い文章だなぁ。
100点満点をあげます。

【微妙な反応の担任】
おまえは0点だ。
教師失格だボケが。

【ミタさんの花丸】
これはうれしいね。

【仏壇にりんごを備えたミタさん】
なんかいつもよりキレイ。

【ヤケドしちゃったキイちゃん】
幼い子はヤケドの跡も残りにくいから平気だよ。

【隣家のババア】
黙れ。それはテメェだババア。
これでミタさんがまた頑なになっちゃったらどうしよう。
いや、頑なになるだけならまだマシなのかな…。

【幻に謝るミタさん】
あぁ…やっぱりそういう方向に…。

【ハッピーセットを食べる子供たち】
俺もハッピーセット食べたい。
ポテトは取っておいてよ。

【結の言葉】
それだよ、結。
よかったよかった。アンタ、やっぱ長女だわ。

【この坂を〜♪】
ホント、キイちゃんはみんなの心を開く鍵だよね。

【ウララを選んだお見合い相手】
ちょっと誤解があると思うんだが。

【ウララを止めに来たお父さん】
おまえが止めに来ちゃダメだろうよ…。
どんだけおニブさんなのよ、お父ちゃん。

【ついに告白したウララ】
「えっ?」じゃねぇよオヤジ。笑
おまえはホントにアレだな…。

【相変わらず後ろに立つ子供たち】
一度言われたことはやめい。

【ミタさんはウララみたいに笑ってた?】
それはない。あんなドジじゃないし。
結の髪型がドラクエ5のビアンカみたい。

【ミタさんの石】
キイちゃん、なんてタイミングで入るんだ。
アンタ、ホンマに絶妙の間で入ってくるな…おっかねぇ…。

【承知しました】
えっ?

【キイちゃん「DVDBOXをプレゼントするなり!」】
キイちゃんはイイ子だね。


11話(最終回)「本当の母親…それはあなたたちが決めることです!」

【キイちゃん「お父さんもミタさんにプロポーズして」】
待て待て待て。ムチャ言うな。笑

【婚姻届を書いてきたミタさん】
えっ?えっ?

【最善の選択としての結婚】
あれ、お父さんの腹一つで決まっちゃうカンジ?
子供たちはミタさんに居て欲しいと思ってるだけだし。

【承知しました】
そんなあっさりと承知しちゃっていいのかしら。

【お母さんの石を必要無いと言うミタさん】
なるほど、こういう事になるという話か。
ミタさんなりの愛情表現だね。

【ミタさんではなく、お母さんです】
なるほど、こういう手段に出たわけか。
みんなに現実を見せるためだね。

【ウララを説得すると言うミタさん】
ジジイもなんでそんなに期待してんの。笑

【ウララにみんなの母親になると伝えたミタさん】
そう告げることでウララを止めようとするミタさん。

【新しいお母さんを持つということ】
それは前のお母さんを失うということ?
うーむ。

【何を言ってるナリ、おまえは】
すっかり定着したな、ジジイ。

【ウララを呼びに来る子供たち】
おいおい、勝手すぎるだろ。

【ウララかミタさんかを子供たちに選ばせる】
これもミタさんが子供たちに考えさせるためにやったんだね。
いや、ウララを幸せにするためか。

【ウララにビンタのラッシュをするミタさん】
シュールな画だ。笑

【ミタさんの覚悟】
それだけの覚悟が必要なんだ、ということだよね。
ミタさんの愛情はそういうことなんだね。
あぁ、でもこれはミタさんが去るというフラグでは…。

【当日の結婚式ドタキャン】
現実にあるらしいよね。
俺が聞いた話は女性の意見ばかりで式の予定を進めた結果、
「アンタは黙ってて」と言われた男性が不満を募らせて、
式の当日になって男性側が全員欠席したとかなんとか。

【会社の後輩、名取】
ざまぁすぎる。笑

【不倫相手】
おまえもそれなりに苦しんだんだな。
身勝手とはいえ。

【隣家のババア】
お父さん…隣家のババアにまで優しい言葉を…。

【全員の変顔】
お父さんがハンパねぇ。笑

【全員での食事】
やったね!
もう家族の幻が出て来ませんように。

【オナカが鳴ったのは?】
まさかのミタさんが空腹でオナカが鳴る事件。

【ミタさんが欲しいもの】
ミタさんがキイちゃんの石が欲しいということは、
それをみんなとの思い出に欲しいということか。

【最後の業務命令】
あのカスみたいなお父さんがここまでになったか…。
いい話だなー。

【最後の晩餐】
あぁ、これで本当にお別れなんだな…。
悲しい…。

【あっさりしたお別れ】
あれっ。こんなにさっぱりしてんの?

【走ってきたキイちゃん】
なにこの北の国から現象。

【バス止めちゃった紹介所のおばちゃん】
はた迷惑すぎる。笑
でも、グッジョブ。

【キイちゃん】
あぁ、この子が一番良かったわぁ。

【最終回】
みなさん、撮影お疲れ様でした!
あー、ホントに良いドラマだったわぁ。


遊川さんの脚本作品はまた見たいなぁ。
| 有也 | TV | 23:21 | comments(2) |
木曜ドラマ『蜜の味〜A Taste Of Honey〜』第9話で一言。
ばかだね。じつにばかだね。
:解説:
木曜ドラマ『蜜の味〜A Taste Of Honey〜』第9話を観た。

叔父と姪という関係から、職場の上司と部下という位置付けに戻っていたので、
『あらまぁ、何も無いじゃないの…病院派閥ゲーになっちゃったじゃないの。白い巨塔じゃあるまいし。』
なんて思っていたのだが、今回が大きな岐路になっているのだ。

【ストーリー】
叔父である男性と落ちた初めて運命的な恋を貫くために全てを犠牲にしていく女子医学生。
彼女の出現により、絶対的な自信とプライドに満ち、仕事も恋愛も順調だった30代の女性研究医は予想もしなかった嫉妬心から次第に崩壊していく。
"恋"という魔物に取り乱されていく二人の女性と、その間で揺れ動く一人の男性との泥沼の三角関係を描いた恋の物語。
キャッチコピーは「あなたがいれば。あなたさえいなければ。」。
(wikipediaより)


【キャスト】
森本 直子 - 榮倉奈々
原田 彩 - 菅野美穂
池澤 雅人 - ARATA

則杉 康志 - 溝端淳平
栗山 和気(カズ) - 市川知宏
頼 陽華(ライライ) - 木村文乃
滝ノ原 幸一 - 森廉
蓑屋 進 - 近藤公園




第9話「俺はお前を許さない! 許さない! 許さない! 許さない」

もっとマシなタイトルは無かったのか?今回は…。
タイトルでネタバレしたくないのはわかるけどよぉ。

【おまえか、則杉】
完全に疑う目のナオコ。
いや、だって則杉しかいねぇもんな。

しかし、豹変したな。
月9の弁当王子とかぶるわ。

【ライライ】
「男と女のことは50:50よ」そうね、そうよね。
あっ、アヤに楯突くとは…。よせ…。
おい、やめろ…。

【細川「ライを叱らないで下さい」】
今さら良い人ぶるなよ、オメー。
あ〜ぁ…そこで謝ったら終わっちゃうじゃないのよ…。

【ナオコのIDで書き換えたとアヤに告げる則杉】
個人的な感情で薬の投与を変えるとかマジないわ。
ホント、バカはとっとと帰ってよ。

【ヤケ酒ライライ】
まったくもう。
しょうのない子ねぇ。

カワイイけどキツイ女は男を疲れさせるんだよな。
あっ、いやっ、キミのことじゃないよ!←誰にだ(笑

【週刊誌に書かれる】
ホント、週刊誌ってクズの書く読み物だと思うわ。
クズがカスを叩くような記事が多い。

【カルテを書き換えたのはアヤだと疑う雅人】
あーぁ。元嫁を疑うとはねぇ。

【あなたと森本さんの存在自体が周りを不幸にしているの】
そうね。まぁ当たってるね。
ってか、事実を公表して則杉はクビだろ。

【週刊誌を読んじゃった患者】
あーぁ。則杉のせいで…。
ナオコよぉ、「すみません」じゃ済まねぇんだよ。

【池澤先生に嫌われたくなかったんです】
いやいや、おまえ…そこは別問題だろ…。
そこじゃねぇよ…。

【則杉】
もうイカれた医者なんだからクビにしろよ。
則杉だけを弾けば解決じゃねぇのか。

【雅人】
っていうか、アヤを疑ったことを謝ろうよ、雅人。
そこは人として謝らないとダメだと思うよ。
すいません、キレイごと言いました。
アヤと表面上、和解させようという魂胆でした。

【まだまだ悪ノリする則杉】
こいつはとことん堕ちたな…。
ま、そうこなくっちゃ。ドラマ的に。

おぉ、スペアキーまで作ってやがったのか…。
よーし、包丁で刺して返り討ちにしてやれ。

【「君が何をしても僕はナオコを守るから」と雅人】
あーぁ、言っちゃった。
バカだなぁ、則杉…。
何を決定打を打たせてんだよ。

【「この変態野郎!」と則杉】
その言葉すらも、2人の意思を固めただけだったな…。
あーぁ。本格的に叔父と姪の禁断愛が始動しちゃったじゃないか…。

ちっとはアタマ使えや…。



溝端淳平くんはこの役で一気に女子中学生辺りのファン層が減るような気がするんだが。
役がクズ過ぎて。事務所的にホントにいいのかな。


そして、やっぱり今回のタイトルはナオコと雅人視点のタイトルで良かったと思うわ。
ネタバレにならない程度のヤツで。



しかし、アレだね。
反対されるとますます意識して燃える現象は鉄板だね。

風に煽られてますます燃え上がる炎のようだよね。
放っておけば、くずぶったまま消えたかもしれないのに。


小さい頃、別にそこまで泣く気がない子に対して「あ〜、泣いちゃうぞ泣いちゃうぞ」って言うと、
本人もそこで急に自分の立場が惨めになって泣いちゃう現象
ってのもあったよね。
もしくは「泣いちゃうぞ」って言ってる人は味方だから安心して甘えられる現象

数年前、涙にはストレス成分が入っていることがアメリカの学会で発表されたんだよ。
だから、泣きたい時は泣いた方が良いみたいよ。こらえるとストレスになるから。



あと、最近の研究発表でスゲェショックだったのが、ヨーグルトは腸内環境を改善しないってこと。

ワシントンの大学で双子の姉妹を何組も使って実験したらしいんだが、
同じ物を食べさせて、片方にだけヨーグルトを与えても腸内細菌は変化なかったとか。

ほとんどの乳酸菌は胃液で死滅してしまうらしい。
LG21のような腸に生きて届く乳酸菌じゃないと全く無意味らしい。

今まで食べてたヨーグルトなんだったの。
オナカに良いと思ってた気持ち返して。笑

あとヤクルトも生きて腸に届くビフィズス菌らしい。
そして、東南アジアでもヤクルトは人気だったりする。

俺の大好きなミルミルに入っているB.ブレーベ・ヤクルト株も生きて腸に届くらしい。
故・滝口順平さんの声で「飲んでミルミル?」ってCMやってたのが懐かしい。


そういえば、俺が滝口順平さんの声マネしてる音声たわごとって何番だろ。
「さて、始まりましたヨ!ぶらり途中下車の旅」って言ってるヤツ。

96点の出来栄えだと思うんだ、あの声マネは。
| 有也 | TV | 21:24 | comments(0) |
月9ドラマ『私が恋愛できない理由』第8話で一言。
最悪だな、コイツ…。
:解説:
珍しくリアルタイムで見てたので、今回は早めの更新。



「月9ドラマの『私が恋愛できない理由』を見て感想を聞かせて下さい」と、
何人かに言われたので観つつも感想…というよりも観ながら考えた事を書いてみる。
今回は第8話。

これから観ようと思ってる人は、
Googleで「私が恋愛できない理由」ってググると吉。

【ストーリー】wikipediaより
女性扱いに違和感を持つ藤井恵美、勝気でプライドが高い小倉咲、恋愛に奥手な半沢真子。
高校の先輩・後輩同士でもある恋愛できない彼女たちは、
ひょんなことから真子の伯母が住んでいた一軒家を借りて、
「男を泊めたら終わり」「女子会貯金に手を出したら終わり」「恋人ができたら終わり」
という3ヵ条のもとルームシェアを始める。
同居生活の中、時に慰め合い、時に喧嘩をしながらもそれぞれ必死に恋愛にもがいていく。


【キャスト】
藤井 恵美:香里奈
小倉 咲:吉高由里子
半沢 真子:大島優子(AKB48)
長谷川 優:田中圭
前田 ひかり:倉科カナ
高橋 健太:中尾明慶
丸山 ルミ:加賀美セイラ
木崎 俊哉:中村竜
半沢 桃子:剛力彩芽
田村 淳一:勝村政信
白石 拓海:萩原聖人
白石 美鈴:稲森いずみ
武居 大介:小柳友
山本 正:平岡祐太


主題歌「Love Story」安室奈美恵


第8話「恋なんて、大嫌い!? 傷ついて傷つけて!?」


【未経験でコック】
ムリだろ。勘弁して。

【キャバ控え室】
ピンポイントで不倫話。
『自分は違うもん。そんなんじゃないもん。』
ってなカンジですよね。

【母親の扱い】
相変わらず雑な使い方だな。
後に登場させる気がない的な。

【結婚がダメになった報告をするユウ】
言えて良かったね。

【バレちゃったキャバ勤め】
どこで稼いでもいいじゃないの。
別に性風俗店でもないんだから。
むしろ、「辛い思いしてない?」とか言ってやれよ。

【タクミの体調を気遣う美鈴】
基本的には悪い人じゃないんだよね。
そこが蜜の味とは違うとこよ。

【雇われたマコ】
ケンカした2人を呼ぶには良い口実だな。
仲直り出来て良かったな。

【重いのを自覚したマコ】
自分の不安や重圧を押し付けるのが重いということだと自覚。
何よりも、相手が準備していないうちに浴びせかけるのが問題なんだが。

【オープニング】
20分以上も経ってからオープニングとか斬新だな。

【アメリカに行くとタクミに伝えるユウ】
こいつ、ホントに自分のことばっかりだわ。

【訪ねて来たサキママ】
“こんなところ”とか言うなよ。
そこまで悪い世界でもねぇよ。
自分も「洗濯屋ふぜいが」って言われたら嫌だろ。

【味見するツンデレシェフ】
うなずくな。
絶対にこうなると思ってたわ。

【店を辞めると電話するサキ】
育てた子が辞めちゃうと残念だよね〜。
指名が取れるようになった頃とかね〜。

【疲れで生理きてないかもとマコ】
ここで妊娠フラグは流れがグチャグチャになりそう。
だから、杞憂に終わると予想してみる。

【会社を離れてみるのもいいんじゃないかと先輩】
そうすると、会社が3人になるんすけど。

【僕の子だとは限らないよね、と山本】
もうコイツは最悪すぎて笑えるな。
警察官のツメのアカを煎じて飲めよ。

【ツンデレシェフの指導】
おまえ、料理させたいだけだろ。笑
クソ、絶対こういうポジションになると思ったわ。

【美鈴が倒れた】
いやいや、サキにメールしておけよ。
待たせんなよ。
サキがかわいそうだろ。

【待ちぼうけのサキ】
風邪引くフラグでしょ。
どっちも倒れさせてどうするのよタクミ。
どっちも大事になさい。

【藤井、一緒にアメリカに行かないかとユウ】
おまえ1人が抜けるのも相当なワガママなのに、
さらに期待のホープまで連れて行くとかどんだけ恩知らずなの?
会社潰す気なの?

コイツ、ホントに自分のことしか考えねぇよな。
最初の頃からずっとそうだけど。



弁当王子改め、束縛王子改め、ゲス王子も相変わらず安定のクズっぷりだったけど、
ユウのクソっぷりもなかなかにどうしようもない。

そして、こういうヤツは一生気付かない。
「自分がこうと決めたら、そうするしか無いから仕方ない」で他人に犠牲を強いる。

他人に気遣って生きるのはガマンが生じるので、それが良いとは言えないが、
今の会社の状況を見ていたらそれは言えないと思う。

「おまえには義理ってものがないのか」と問いたい。
2人抜けても何とかなる状況の大きい会社ならいいけど。
| 有也 | TV | 11:15 | comments(2) |
木曜ドラマ『蜜の味〜A Taste Of Honey〜』第8話で一言。
恋じゃなくなった感。
:解説:
今季観ているドラマの中で唯一のドロドロ系ドラマ。

ドロドロ系も嫌いじゃない。
むしろ、ドロるならもっとドロれ。笑


【ストーリー】
叔父である男性と落ちた初めて運命的な恋を貫くために全てを犠牲にしていく女子医学生。
彼女の出現により、絶対的な自信とプライドに満ち、仕事も恋愛も順調だった30代の女性研究医は予想もしなかった嫉妬心から次第に崩壊していく。
"恋"という魔物に取り乱されていく二人の女性と、その間で揺れ動く一人の男性との泥沼の三角関係を描いた恋の物語。
キャッチコピーは「あなたがいれば。あなたさえいなければ。」。
(wikipediaより)


【キャスト】
森本 直子 - 榮倉奈々
原田 彩 - 菅野美穂
池澤 雅人 - ARATA

則杉 康志 - 溝端淳平
栗山 和気(カズ) - 市川知宏
頼 陽華(ライライ) - 木村文乃
滝ノ原 幸一 - 森廉
蓑屋 進 - 近藤公園



第8話「私は絶対に許さない! あなたは、永遠に私の夫よ。」

【立ち聞きしてた則杉】
「8年間も…俺のこと騙してたのか…!」
あーぁ。フォールダウンしちゃったコレ。
控え投手のくせにうるせぇんだよ。

【甘噛み則杉】
「8年間のことが、今コヵコで繋がったんだよ!」←軽く噛んだ
ここが気になってしょうがなかった。

【「ツナギだろ?ツナギ」と則杉】
そうですけど、それで良くないっすか?
ハンパなプライド振りかざしやがって。
そこも許容するくらいにどっしり構えりゃ良いんだよ。
「俺、わかってたよ。」って言えば、器の大きい男だなって展開になるのに。

【則杉の存在】
エースじゃなく、ツナギ投手みたいなね。
「傷つけたのは悪かったと思うけど」←“けど”の時点で自己中女
悪人なんだから、悪人らしくしろよ。ビッチが。

【教授選のソワソワ】
こういうのって大きい病院だとホントにあるんだろうか。
根回しとかもするんだろうな。
『白い巨塔』を今さらのように見るべきだろうか。

【ライライと細川】
うんうん。もうライライを解放してあげて。

【AKB】
密かにマッキーも踊ってんのな。

【酔っ払ってるナオコ】
これは…至っちゃうんじゃないか…。
至っちゃうフラグなんじゃないか…。
部屋まで送ってもらっちゃえよ。
あー、それはないのか。ガッカリ。

【洋服を買いに行く約束】
ピンク=オードリーの春日 っていう印象はかなり大きいんだろうなぁ。
もしくは石田純一が着そう。

【呼び名】
まだ「先生」と「キミ」で呼び合ってるのかぁ。
ここからどうやってまたくっつくんだろ。

【いきなり直球の質問】
8年前のキスについての質問きたコレ。
「可愛かったし、愛おしかった。」
そして、則杉からの電話は無視。
「オンコールがなかったら、帰れなかったと思う。」

あーぁ。でも、冷静にこんな話をしてしまうのは季節が変わったということだよなぁ。
なんていうか、B'z『恋じゃなくなる日』でも流しときますか。



あー、我ながら良い選曲だわ。


【「負けっぱなしは性に合いませんから」とアヤ】
おぉ〜、頼もしいねぇ。
これでちょっとは教授もアヤを頼りにするようになるだろ。

【待ってた則杉】
「別にないわ。」とナオコ。
「もう終わったんじゃないのかしら?」とでも言いたげなカンジ。

【「やり直したいって泣けよ」と則杉】
ダメだコイツ。器が小さすぎるわ。
とっとと帰れよタコスケ。

【「それ飲んだら帰って」とナオコ】
逆上させるような事を言っちゃダメよ。
器が狭いヤツは逆上すると危ないんだから。

【「離婚届のことだけど、破いたわ」とアヤ】
なるほど、そういう誤解をしていたのか。

【「ナオコは姪だから、離婚しても結婚できるわけじゃない」と雅人】
いやいや、先にそっち言っちゃダメでしょ。
それを先に言っちゃったら、ナオコのことが頭にあるみたいじゃないの。
そこは「なんでそこで森本くんの名前が出てくるんだ?」だろうよ。
すっとぼけ方のイロハもわかんねぇのかよ。←コラ笑

【「アナタは一生私の夫よ」と言い放つ】
こじれにこじれたなコレ。
あらあらまぁまぁ。
でも、離婚調停で一発だろコレ。

【「男にはさ!生まれた時から守るべき者が決められてんじゃないかな?」と細川】
お ま え が 言 う な。

【うつろな目でシャーペンをグサグサしてるアヤ】
こえぇわ。

【則杉と組んじゃったアヤ】
あーぁ。ますます凶悪な展開になっちゃったコレ。

【タブーというアドバンテージ】
なるほど、そういう見方もあるのか。
でも、とんだ誤解です。

【互いを慰め合う則杉とアヤ】
自分を抱きしめるようにハグをするのはわかる。
でも、キスは違くね。あれ?あれ?

【処方を変えられた?】
「誰が信じなくても、僕は信じるよ」
おいおい、アンタ…。
ここでのそれはちょっと…。ツカミになるんじゃ…。

【エンディング】
コラコラ、このシリアスエンディングにAKBを入れるな。笑

【次回予告】
おぉ〜、ますますこじれそうだ〜。
どうやって収拾つけるんだろ…。
脚本家の力量に期待しとこう。


しかし…。
なんというか、このドラマは先の展開に対するワクワク感みたいなものが無いなぁ…。
もっとフラグを入れといてくれてもいいのに。
| 有也 | TV | 23:08 | comments(0) |
水9ドラマ『家政婦のミタ』第8話で一言。
ミタさん…。
:解説:
ちなみに、今回の視聴率は29.6%らしい。
今季のドラマっていうか、ここ数年のドラマでもぶっちぎりじゃないか?

2011年だと『JIN-仁-』最終回が最高視聴率26.1%で、
『マルモのおきて』最終回が23.9%だったようだ。

これに匹敵する視聴率のドラマというと、
2007年の『華麗なる一族』最終回が30.4%だったらしい。

この分で行くと、最終回は30%を超えるんじゃないか。
歴代の高視聴率ランキングでも上位になりそう。


さて、第8話の感想をば。

【ウララ←→ミタさん】
ミタさんとウララが入れ替わってる夢が面白かった。
というより、久々に松嶋菜々子の感情が入った演技が見れて良かった。

【正夢】
デジャブきたこれ。

【ご時世って何?不況って何?】
「不況というのは、金儲けのためだけに生きている経営者や、自分たちの地位だけを守ろうとする官僚、それに対して何も出来ない無力な政治家のせいで、沢山の人達が仕事を失い、貧乏になることです。」
っていうミタさんの解説がウケた。
高視聴率番組で政治をこんな風にディスるとは。笑

【気を遣って帰るウララ】
最近、ウララは良いキャラになってきたな。

【家政婦という仕事】
みなさんと食事をいただくことは一生ありません。
普通はそうなの?よくわかんねぇけど。

【ミタさん「業務命令以外は話しかけないで下さい」】
あーぁ、探るからだよ。だから言ったじゃない。

【子供たち】
聞こえる範囲でミタさんのことを言うなよ。
そして、1人だけ距離感を詰める無邪気なキイちゃん。

【ジャンケン】
グーチョキパーの順番で出してりゃそうなるわな。

【ルービックキューブ】
嫌な予感しかしない。笑
やっぱり。笑

【3ポイントシュート】
超人か。なんで家政婦やってんだ。笑

【ミタさんのカバン】
よしなさい、人のカバンを見るとか。
ケータイを見るのと同じくらい悪趣味だよ。

【根拠を求めるキイちゃん】
お、ちゃんと学習してる。
エライなぁ。

【仕事が見つからないお父さん】
キイちゃんの「まだ不況?」にウケた。

【カバンを漁る親子】
よしなさいよ。まったくもう。

【ビッグマック200円のCM】
ダブルチーズバーガーが200円になって欲しい。

【コンビニに溜まってた若いヤツに注意してボコられたジイさん】
注意したのはエライと思うよ。
でも、警察に通報した方が良かったと思う。

【キイちゃんの石を払うジジイ】
オメー、キイちゃんに何してんだコラ。
幼児に当たるなんて最低だぞジジイ。

【覗いてた隣のババア】
庭の水撒きとか言って水かけてくんねぇかな、ミタさん。
と思ったら、隣の家のダンナの浮気を掴んでたミタさん。

【サウンドエフェクター・ミタさん】
七色の声か。ホントに出来たら便利でいいなぁ。

【エッセンシャルのCMに出てたビビアン・スー】
いくつになってもキレイだなぁ。
年を取るのやめたのかしら。

【ジジイをたしなめるミタさん】
大切な家族を失った人の言葉だねぇ…。
ジジイ泣きすぎだろ。笑

【ユイの演技】
「家族なんだよ?」のくだりは特に上手かったなぁ。

【ROUND1のCM】
HYT48とやらは良い歌を与えられたなぁ。

【うるさいナリ】
ちょっと言ってくれるかと思ったのに。笑

【仏壇に向かうジイさん】
平泉成はホントに仏壇に祈る姿が似合うなぁ。

【ミタさんに謝るジイさん】
ナリ言った。笑
ちょっぴり、ここでミタさんに断って欲しかった。

【安定のウララ】
そそっかしいってレベルじゃねぇぞ。
そして、ジイさんがまだ「ナリ」って言ってるし。笑

【キイちゃん】
一生懸命でいいね。
そして、ミタさんがCASIOのデジタル時計を付けてた。

【もなか】
団欒の時間がミタさんを傷付けることにはならないだろうか。
なんて心配をしてしまった。
俺はもなかが嫌い。

【突然のミタさんのカミングアウト】
あぁ…やっぱり、思い出させちゃったから…。
でも、ミタさんが振り返ったのが何だか気になる。
少しは希望を持ってくれたんだろうか。

【次回予告】
でも、次回予告でミタさんが死のうとしてるような。
ひょっとして、旦那と息子の命日なんだろうか。


とうとう、ミタさんの過去が知られるところとなった。
ここからどうするんだろ。


しかし、ミタさんが1日8時間働くとして、1ヶ月ずっと雇ったら…。
失業したお父さんの貯金で払い続けられるん?ムリじゃね…?

家政婦の相場を調べてみたら、1日10000円くらいみたいだし。
ほぼ毎日ミタさんはいるから、月25日出勤として、25万円…。

それ以外に生活費だの家のローンだの…。
給料を50万円もらっててもキツイんじゃないか…。

なんてリアルな数値を計算する俺。
| 有也 | TV | 23:52 | comments(5) |
木9ドラマ『ランナウェイ』第5話で一言。
名古屋いいなぁ。
:解説:
なんやかんやで、また観てしまった。

今回は舞台が名古屋だったので、個人的にはちょっと嬉しい。
俺がもっとも美味しい物が多いと思っている街が名古屋。


ランナウェイ〜愛する君のために TBS系列:木曜9時

【あらすじ】wikipediaより
葛城アタルは、刑事を殺害したという無実の罪で九州北刑務所に収監されていた。
ある日、出所まであと1年と迫ったアタルは東京に残してきた恋人の佐々岡由紀からの連絡で、
アタルと由紀の間に生まれた娘の千春が余命3ヶ月の重い心臓病に侵されたことを知り、
娘に一目会うために脱獄を決意する。
アタルは同じ独居房にいた山田勝次から脱走の基礎を学び、
恋人に会うことを望む河島龍之介・軽薄な元ホストの滝本空哉・大金を外に隠し持つ加賀美瞬の3人を計画に加える。
そして決行当日、山田のリタイアを招くも、アタル達4人は脱獄に成功した。

逃亡生活が始まった矢先、4人は児童虐待の被害を受ける少女・サクラと出会い、彼女も旅の仲間に加える。
こうして5人はそれぞれの目的を果たすため、脱獄と誘拐の罪で警察に追われながらも、東京を目指すことになる。
一方、アタルの脱獄を知った元刑事・柳川孝太郎は、事件の真相に違和感を感じ、再捜査を始める。


【キャスト】wikipediaより
葛城 アタル (25) - 市原隼人
河島 龍之介 (29) - 塚本高史
滝本 空哉 (25) - 上田竜也
加賀美 瞬 (20) - 菅田将暉
宮本 サクラ - 熊田聖亜
柳川 孝太郎 - 渡哲也
佐々岡 由紀 - 福田沙紀



第5話「あいつが裏切った!! 封印された謎を追う元刑事の意地…」

【名古屋のモーニング】
いや、さすがにモーニング付けるか聞くよ。
すんなり持って行かないだろ。
あー、コメダのモーニング食べたい。

【警視庁の会議】
色々とおかしい。
そこまでウダウダ言う捜査本部もないだろ。

【空哉の営業】
いねぇよ。そんな口八丁で乗っかるアホは。

【彦一さん】
白河のひつまぶしいいなぁ。
まだ食べたことないんだよね。

【サチコ】
グッジョブ。
前から思ってたけど、おまえの中身ババアだろ。

【名古屋の景色】
あー、名古屋行きたい。
あんかけスパゲティ食べたい。

【ケータイのGPS】
空哉のアホさ加減は異常。

【九州の刑事】
こいつらもちょっとどうなの。

【ボジョレー・ヌーヴォー】
その年のワインの出来を確かめるためのものであって、
別にそれが素晴らしいワインだとかそういう話じゃない。

【最後の晩餐】
一緒にやってきた仲間だもんな…。
いや、どうせ明日以降も一緒にいるんだろうけど。

【毎回泣く市原隼人】
だが、それがいい。

【また取り囲まれた5人】
なんでバアさん味方してんの。笑
まさかのフォロワーだったのか。

【利ちゃん、ゴメン】
この公安の犬が!

【悪役っぽい悪役】
なんでここだけVシネマなの。笑

【名古屋のテレビ塔】
銀色がマジでシブい。
東京タワーとか京都タワーとかスカイツリーとかメじゃない。

【名古屋セントラルパーク】
最近、行ってないなぁ。

【バラバラに歩き出した4人】
あれ、なんやかんやで一緒に行くと思ってたんだけどな。
違うの?バラバラで行くフラグ?

【優しい声のアタル】
市原隼人は女子供に優しい声を出すよね。

【新聞紙キタコレ】
最後に大ドンデン返し。
いやぁ、瞬には何かあると思ってたんだ。
そんな簡単に山分けしないよな。

【大声で駆け寄る警察官】
そら逃げられるわ。

【次回予告】
結局は一緒に行動しとるがな。


相変わらずひでぇ脚本だな。
キャラが立ってなかったらホントに何にも無いドラマだわ。


あぁ、コメダのピザトースト食べたい。
| 有也 | TV | 13:55 | comments(2) |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
+ リンク集
+ 著書
LOVE at Night ~ホストに恋した女子高生~
LOVE at Night ~ホストに恋した女子高生~ (JUGEMレビュー »)
有也
 
高校1年生の頃、早く処女を捨てたかった。
周りの子はみんなどんどん『済ませて』行ってた。

「え〜まだしてないの?」
そう言われるのが嫌だった。
私一人がおいてきぼりにされてるような気がしてた。

「早く処女を捨てなきゃ」
そんな焦りを感じてた。

(第一話『おいてきぼり』)
+ 著書
LOVE at Night 2 ~17歳のファーストラブ~
LOVE at Night 2 ~17歳のファーストラブ~ (JUGEMレビュー »)
有也
 
お金もない。
帰る家もない。

私はこれからどうやって生きていけばいいんだろう。
誰かお願いだから私を助けてよ。

とりあえず、新宿まで来たけど寝るトコもない。
警察に行っても家に帰らされるだけだ。
あんな家になんか帰りたくない。

どうしよう。
これからどうしよう。

1人でどうやって生きて行こう。

(第一話『絶望の街角』)
+ 著書
おまえは俺に恋をする
おまえは俺に恋をする (JUGEMレビュー »)
有也
 
俺は【モテ】って言葉が嫌いだ。
本気で惚れた女だけを
確実に落とせるヤツが
一番カッコイイじゃねぇか。

(―はじめに―より)
+ 著書
LOVE at Night 3 ~16:35の鼓動
LOVE at Night 3 ~16:35の鼓動 (JUGEMレビュー »)
有也
 
人生はクソだった。
 
幸せはいつだって掴んだと思っても消えていく、
雪みたいなものだって思って生きてきた。
 
 
誰かと深く関わるのは嫌だった。
誰にも情をかける必要なんて無い。
 
いつか辛い別れが来るだけだから。
 
 
 
不幸の遺伝子で作られた俺は、
大事な人を側に置いちゃいけねぇんだ。
 
 
(冒頭より抜粋)