恋愛エキスパート有也のブログ。

メインHPは『恋愛エキスパート有也の恋愛マニュアル』です。
『LOVE at Night』の感想はメインHPにある専用掲示板にお願いします。
ここでの相談は受け付けてません。詳細はHPへ。
ツイッターやってます。@lovemanual
調べて一言。
なるほど。
:解説:
ホタルについて、ちょっと調べてみた。

ホタルがよくいる場所というのは、すごくキレイな上流ではなく、
ちょっと人里に近い川辺の方が多いらしい。

なぜなら、ホタルの幼虫がエサとして捕食するカワニナやタニシの好物が、
キャベツやニンジンといった、人が食べる野菜だったりするらしいのだ。
昔は人が捨てた野菜の切れっぱしなんかを食べてたらしい。

クレソンなんかも食べるらしい。
(クレソン=アブラナ科も多年草、別名オランダガラシ)

つまり、そこそこキレイな川の周りにクレソンなどを植えて、
そこにカワニナの稚貝とホタルを連れてくればOKというわけだ。

クレソン(草)が育つ
 ↓
やがて、クレソンが枯れて腐って川に落ちる
 ↓
カワニナ(貝)がクレソンを食べる
 ↓
カワニナが育つ
 ↓
ホタル(幼虫)がカワニナを食べる
 ↓
ホタルが羽化して光る
 ↓
交尾後、水辺の苔などに産卵
 ↓
幼虫になったらすぐに川へ

こういう流れだね。

カワニナやタニシは苔なんかも食べるらしいので、
ちょっと日陰になる部分がある方が良いかもしれない。

さぁ、みんなも自宅の周りにそんなホタルの生態系を作ろう。
そして、たまにキャベツやニンジンの切れっぱしでも投げ捨ててやれ。


ホタルの単価は成虫のオスが300円、メスが800円らしい。
オスとメスを合計100匹買うと、55000円か。
その程度でホタル祭りのイベントが打てるなら安いもんかもね。

参考:ホタル研究プロジェクトチーム

ここの代表取締役は高齢の為、後継者を立てずにあと5年で引退するらしい。
それまでにいっぱい広めたいらしい。


関係無いけど、フラフープを買ってみた。

だけど、部屋ではやれない。
スペース的に。

深夜に外でやろうかと思ったけど、それもシュール過ぎる。
うーむ、どうしたものか。
| 有也 | 学習 | 22:33 | comments(4) |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
+ リンク集
+ 著書
LOVE at Night ~ホストに恋した女子高生~
LOVE at Night ~ホストに恋した女子高生~ (JUGEMレビュー »)
有也
 
高校1年生の頃、早く処女を捨てたかった。
周りの子はみんなどんどん『済ませて』行ってた。

「え〜まだしてないの?」
そう言われるのが嫌だった。
私一人がおいてきぼりにされてるような気がしてた。

「早く処女を捨てなきゃ」
そんな焦りを感じてた。

(第一話『おいてきぼり』)
+ 著書
LOVE at Night 2 ~17歳のファーストラブ~
LOVE at Night 2 ~17歳のファーストラブ~ (JUGEMレビュー »)
有也
 
お金もない。
帰る家もない。

私はこれからどうやって生きていけばいいんだろう。
誰かお願いだから私を助けてよ。

とりあえず、新宿まで来たけど寝るトコもない。
警察に行っても家に帰らされるだけだ。
あんな家になんか帰りたくない。

どうしよう。
これからどうしよう。

1人でどうやって生きて行こう。

(第一話『絶望の街角』)
+ 著書
おまえは俺に恋をする
おまえは俺に恋をする (JUGEMレビュー »)
有也
 
俺は【モテ】って言葉が嫌いだ。
本気で惚れた女だけを
確実に落とせるヤツが
一番カッコイイじゃねぇか。

(―はじめに―より)
+ 著書
LOVE at Night 3 ~16:35の鼓動
LOVE at Night 3 ~16:35の鼓動 (JUGEMレビュー »)
有也
 
人生はクソだった。
 
幸せはいつだって掴んだと思っても消えていく、
雪みたいなものだって思って生きてきた。
 
 
誰かと深く関わるのは嫌だった。
誰にも情をかける必要なんて無い。
 
いつか辛い別れが来るだけだから。
 
 
 
不幸の遺伝子で作られた俺は、
大事な人を側に置いちゃいけねぇんだ。
 
 
(冒頭より抜粋)