恋愛エキスパート有也のブログ。

メインHPは『恋愛エキスパート有也の恋愛マニュアル』です。
『LOVE at Night』の感想はメインHPにある専用掲示板にお願いします。
ここでの相談は受け付けてません。詳細はHPへ。
ツイッターやってます。@lovemanual
ファブリックパネルで一言。
高いナァ。
:解説:
女子的な話題なんだけどさ、ファブリックパネル。

北欧は冬が長いため、家の中でファブリック(織物、生地)をパネルに飾って楽しむという文化があるんだとか。
季節を感じるようなファブリックだったり、アーティスティックな幾何学模様のファブリックだったり。

そんなのがあるんだってよ。
友人の詩織さん(仮名)に聞いて初めてその存在を知ったんだけど。


で、その人気の生地ってのがなかなか売ってなくて、ようやく売ってるのを見つけたらしいんだ。
でも、それがある程度の長さじゃないとダメだったんだとか。

欲しい長さだと5000円くらいなんだけど、2ヶ月もの間、探しに探してあまりにも見つからないから長いのを買ったら、
その翌日に欲しい長さの分だけ売っててショック受けたとか。今年は大殺界だとかなんとか。笑

ちなみに、詩織さんが買ったのは北欧フィンランドのmarimekko(マリメッコ)というブランドのkaivoという図柄。



パネルにされてるヤツだと17800円だって。高ぇわバカ。



なんで生地が5000円もして、それをベニヤのパネルに貼っただけで3倍の値段になるんだよ。
そんなベニヤパネルなんざ、画材屋にでも行けば2000円ちょっとで買えるじゃねぇか。
などと憤っていたら、彼女が「インテリアに凝る人からすれば、絵を飾るより安いんだと思う。」と言った。

あぁ、確かに。
絵を買って壁にかけるとなると、数十万円したりするわけだし、
ホントにインテリアに凝る富裕層からしてみれば、これはお安い方なのかもしれん。

自分でパネルを買ってきて作れば半額くらいで収まるだろうけど、
そんなにキレイに作れるかどうかもわからないし、作るための道具を揃えるところから考えると手間が多い。
それらを踏まえて考えると、15000円程度で慣れた人が作っているパネルがあるなら買うわな。
しかも、ご丁寧に壁かけ用のキットまで付いてくるらしいし。

うーむ。
なるほど、合点がいったわ。


さて、話を戻そう。

詩織さんが大きめに布を買ったのはいいけど、それをカットするのに困っていたらしい。
布をカットするサービスってないんだろうか。

ユザワヤは売っている布を10cm単位で切り売りはしてくれるようだが、
持ち込みに関してはどうなんだろう。受け付けてくれるのかな。多分ムリっぽい。

布を切るにはロータリーカッターとカッターマットとかが必要で、
普通の裁ちばさみで切るのは割と難しいっぽい。

それらについて、あれこれと調べているうちに、俺も自分でファブリックパネルが作りたくなってきた。
marimekkoでは、このRUUSUPUUという図柄を30cmスクエア3枚に分けたパネルがカッコイイ。


しかし、ユザワヤに30cmスクエアパネルというものはなく、そもそも正方形のパネルすらも置いていなかった。
主に絵描き用だからだと思う。キャンバスを張る方法とかも書いてあったし。

仮にあったとして、ユザワヤだと30cmスクエアのパネルが700円くらいになると思う。
ファブリックパネルは1000円(送料別)が多かった。

Seriaという100円ショップに25cmスクエアのファブリックパネルが売っているらしいので、
それでちょっと練習してみようかなぁと思ったけど、30cmはないと雰囲気が変わってしまう気もする。

で、パネルの代用になりそうなものもいくつか候補があったんだけど、(発泡スチロール板とか断熱材とか)
そもそもいきなり高い生地を買って作って失敗したらイヤーンとも思う。

それに、和風の柄でやってみたい気もするんだよね。
和服に使うような生地の端切れかなんかで。


DAISOでアレコレ見ているうちに、タッカーとロータリーカッターとカッターマットを買っちゃったんだよね。
だから、なんか小さいヤツを作りたいなぁと思ってるんだけど…。

なかなか良さそうな生地ってのが見つからない。
どこかにちょうど良い端切れでも無いものか。
| 有也 | インテリア | 17:50 | comments(0) |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
+ リンク集
+ 著書
LOVE at Night ~ホストに恋した女子高生~
LOVE at Night ~ホストに恋した女子高生~ (JUGEMレビュー »)
有也
 
高校1年生の頃、早く処女を捨てたかった。
周りの子はみんなどんどん『済ませて』行ってた。

「え〜まだしてないの?」
そう言われるのが嫌だった。
私一人がおいてきぼりにされてるような気がしてた。

「早く処女を捨てなきゃ」
そんな焦りを感じてた。

(第一話『おいてきぼり』)
+ 著書
LOVE at Night 2 ~17歳のファーストラブ~
LOVE at Night 2 ~17歳のファーストラブ~ (JUGEMレビュー »)
有也
 
お金もない。
帰る家もない。

私はこれからどうやって生きていけばいいんだろう。
誰かお願いだから私を助けてよ。

とりあえず、新宿まで来たけど寝るトコもない。
警察に行っても家に帰らされるだけだ。
あんな家になんか帰りたくない。

どうしよう。
これからどうしよう。

1人でどうやって生きて行こう。

(第一話『絶望の街角』)
+ 著書
おまえは俺に恋をする
おまえは俺に恋をする (JUGEMレビュー »)
有也
 
俺は【モテ】って言葉が嫌いだ。
本気で惚れた女だけを
確実に落とせるヤツが
一番カッコイイじゃねぇか。

(―はじめに―より)
+ 著書
LOVE at Night 3 ~16:35の鼓動
LOVE at Night 3 ~16:35の鼓動 (JUGEMレビュー »)
有也
 
人生はクソだった。
 
幸せはいつだって掴んだと思っても消えていく、
雪みたいなものだって思って生きてきた。
 
 
誰かと深く関わるのは嫌だった。
誰にも情をかける必要なんて無い。
 
いつか辛い別れが来るだけだから。
 
 
 
不幸の遺伝子で作られた俺は、
大事な人を側に置いちゃいけねぇんだ。
 
 
(冒頭より抜粋)