恋愛エキスパート有也のブログ。

メインHPは『恋愛エキスパート有也の恋愛マニュアル』です。
『LOVE at Night』の感想はメインHPにある専用掲示板にお願いします。
ここでの相談は受け付けてません。詳細はHPへ。
ツイッターやってます。@lovemanual
微速度撮影:ディズニーシーで一言。
よし、出来た。
:解説:
ブログの下書きして、公開するの忘れてた。

『ディズニーシーのタワー・オブ・テラーってこんなに激しかったの?』
って思うくらい大暴れされたので、ちょっと不思議に思っていたら、そういうイベント中だったみたい。

『Tower of Terror:Level 13』とかいうイベントをやっている最中らしい。
道理で異常なくらい上がり下がりすると思ったよ。

常連っぽいオバちゃん2人だけが最高のタイミングでピースしてた。
尊敬したわ。


レジェンドオブミシカの微速度撮影を試みたのだが、
なかなか面白い動画になった。

| 有也 | 微速度撮影/インターバル撮影 | 23:58 | comments(0) |
微速度撮影:雪景色で一言。


あれ、トンでる…。
:解説:
彼女と早朝に散歩がてら、津田沼の駅方面に向けて微速度撮影してみた。

鉄橋にクネクネ三脚を巻きつけて、画面をよく見ずにスイッチを入れたのだけれど、
なんだかちょっと白くトンじゃってる始末。
逆光になっていることを計算に入れてなかった。

いや、逆光になっていても、もうちょい自動調整できたはず。
スイッチを入れた時に手でレンズを覆ってしまったんだろうか。

なんにしても、失敗だ。
慣れが必要だなコレ。


鉄橋の階段が凍っていて危険そうだったので、
彼女と一緒に落ちてたボロ傘でエイエイと氷を砕いて整地しておいた。
街のあちこちから、シャベルやスコップで氷を砕くガリガリという音が聞こえてくる。

「ご苦労さまです。」とあいさつして通り過ぎる人。
「おはようございます。」とあいさつして整地している人。
無言でスタスタと通り過ぎていく人。
恐る恐る転ばないように歩いている人。


この街はきっと5年後くらいにはさらに人口が増えて、より発展していることだろう。

津田沼に住んでいるうちに、津田沼の景色をいっぱい撮っておこう。
きっと良い思い出になるはずだ。



あ、先日の魚骨ラーメン鈴木さんの写真。
載せるの忘れてたんだ。

秋刀魚まぜそば
__.JPG

ウニ味噌ラーメン
__.JPG
| 有也 | 微速度撮影/インターバル撮影 | 17:38 | comments(6) |
微速度撮影で一言。
スゲェ!
:解説:
長い間、微速度撮影(インターバル撮影/コマ落とし)に憧れを持っていた。

微速度撮影というと、すごい早さで時間が流れているように見えるビデオだ。
すごい早さで日が昇ったり沈んだりする映像なんかが有名だろうか。

それをついにやった。ちょっと感動。
撮影場所は渋谷のスクランブル交差点。(東急百貨店2階からの連絡通路にて撮影)



動画を再生しても音は出ませんのでご安心を。
職場のPCでも大丈夫!

こちらの動画の場合、5分間の撮影を20秒に縮めるという設定にしている。
とりあえず、テスト撮影は大成功だ。


今後もなんか作ったらアップしていきまっす。
| 有也 | 微速度撮影/インターバル撮影 | 02:37 | comments(0) |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
+ リンク集
+ 著書
LOVE at Night ~ホストに恋した女子高生~
LOVE at Night ~ホストに恋した女子高生~ (JUGEMレビュー »)
有也
 
高校1年生の頃、早く処女を捨てたかった。
周りの子はみんなどんどん『済ませて』行ってた。

「え〜まだしてないの?」
そう言われるのが嫌だった。
私一人がおいてきぼりにされてるような気がしてた。

「早く処女を捨てなきゃ」
そんな焦りを感じてた。

(第一話『おいてきぼり』)
+ 著書
LOVE at Night 2 ~17歳のファーストラブ~
LOVE at Night 2 ~17歳のファーストラブ~ (JUGEMレビュー »)
有也
 
お金もない。
帰る家もない。

私はこれからどうやって生きていけばいいんだろう。
誰かお願いだから私を助けてよ。

とりあえず、新宿まで来たけど寝るトコもない。
警察に行っても家に帰らされるだけだ。
あんな家になんか帰りたくない。

どうしよう。
これからどうしよう。

1人でどうやって生きて行こう。

(第一話『絶望の街角』)
+ 著書
おまえは俺に恋をする
おまえは俺に恋をする (JUGEMレビュー »)
有也
 
俺は【モテ】って言葉が嫌いだ。
本気で惚れた女だけを
確実に落とせるヤツが
一番カッコイイじゃねぇか。

(―はじめに―より)
+ 著書
LOVE at Night 3 ~16:35の鼓動
LOVE at Night 3 ~16:35の鼓動 (JUGEMレビュー »)
有也
 
人生はクソだった。
 
幸せはいつだって掴んだと思っても消えていく、
雪みたいなものだって思って生きてきた。
 
 
誰かと深く関わるのは嫌だった。
誰にも情をかける必要なんて無い。
 
いつか辛い別れが来るだけだから。
 
 
 
不幸の遺伝子で作られた俺は、
大事な人を側に置いちゃいけねぇんだ。
 
 
(冒頭より抜粋)