恋愛エキスパート有也のブログ。

メインHPは『恋愛エキスパート有也の恋愛マニュアル』です。
『LOVE at Night』の感想はメインHPにある専用掲示板にお願いします。
ここでの相談は受け付けてません。詳細はHPへ。
ツイッターやってます。@lovemanual
雑誌を買って一言。
俺らしいなぁ…。
:解説:
ルールとモラルに関しては、たくさんのコメントありがとう。
メールで意見をくれた人もありがとう。

あ、俺が人にお礼を言うなんて珍しいね。
前なら「好きでやってるんだろ、礼など言わんわ。ペッ」って感じだったのにね。

最近は温和になってきたのかね。
いや、実はそんな事ないよね。

印象を良くしようとしているわけでもないんだよね。
ムダに尊敬とか依存とかされたくないがゆえの傲慢だし。
世話好きゆえに振るい落とさなければ的なアレ。

ただ、今回のは多角的な意見が欲しかったってのと、
自分の中で最後まで言語化できなくて釈然としない部分があったから、
それをちょっとヒマ人さんの力を借りようかな的なアレだったんだよね。

俺が力を求めた時、力になろうとしてくれる気持ちはありがたい。
シンプルに言うとそんなカンジ。


シンプルで思い出した。

話は変わるんだが、悩みがごちゃごちゃになってこんがらがった時、
初心に立ち帰ってシンプルに考えると良い結果が得られる事がある。

ウチのマニュアルでもたまに「初心に帰れ」的な事を書いているが、
これでヒモ解けてスッキリ感が得られる事も多い。


しかし、何でもかんでもシンプルに考えるのはこれまた宜しくない。
というのは、“そんな単純な式では答えが出ない問題もある”からだ。

加減乗除(+−×÷)だけで事が済むのであれば、
中学や高校に行って数学を習う必要なんてないわけで。

人生にはif文もあるわけだからねぇ。
(if文=この条件にあてはまる場合は、こちらの命令を実行しろというプログラム命令)

色んな条件を考えて、その上での計算式になるわけだから、
何でもかんでもシンプルにすりゃいいってもんじゃない。
複雑に多角的に考えるべき問題はちゃんと複雑に考えるべきだから。


なんか、簡単なプログラムを小学生の時に教えるべきだと思う。
そうすると、すごくスッキリとした考え方が出来る子になると思う。

あぁ、でも弊害も生まれるような気がする。(情が薄くなる的な)
そんな単純でもないっすかね。だといいけど。

何にしても、自分なりのロジックみたいなモノを幼い頃に見出せると、
その後の人生が飛躍的にアレだと思うのだ。←ムダにボカす(笑


あれ、今回の本題はそれじゃないんすよ。

本を買ったんです。本。
マンガじゃなくて雑誌ね。

公募ガイドと、


会社四季報プロ500。


なんか、これを見てふと思ったんだが、
どんな本を買うかでその人がどんな人かわかるような。

そういえば、『その人の本棚を見れば、その人がわかる』みたいな言葉があったよね。
こういう事なんですかね。まぁ、そうなんでしょうね。

公募ガイドはキャッチコピーの募集とか、キャラクター名の募集とか、
川柳の募集とか、そんなのがいっぱいある。

しばらくはこれを読んでキュピーンとしたい。
キュピーンが欲しいんだと思う。


会社四季報は前から欲しかったんだけど、
あんな広辞苑みたいなのは読む気が無かったんだよね。

そこにこのプロが厳選した500社の解説付きってのは、
もうまさに俺にピッタリと言える良雑誌。
これから毎期買おうかなと思うぐらいだ。

しばらくはこれを読んでフムフムしようと思う。


他人の本棚ってのもちょっと見たいものだね。
面白い人の本棚が見たいなぁ。



関係無いけど、これが好き。



モヤッとして最高。
| 有也 | 読書 | 19:35 | comments(5) |

自分の本棚を客観的に見ると偏ってますね〜
画像で見せたいぐらいです。笑
| ナオ | 2010/05/19 9:47 AM |
なんだか難しそうな雑誌ですね。
私は一個人て雑誌が仏像特集だったので買いました。
本棚は歴史、宗教、マナー、編み物、あと美輪様の本が多いです(^ω^)
| ほるす | 2010/05/19 7:39 PM |
自分の本棚見てみると
携帯小説ばっかですね。笑

一時期すごいはまってて
新しいのが出たら買う!って勢いだったので、数えてみたら54冊もありました(д)

うちもフムフムできるような本探していこうと思います(^^)
| かおり | 2010/05/19 8:14 PM |
シンプルな問題も複雑な問題もなんなく解決してしまいそうで羨ましいですね。
私もよく相談される方ですが、
相談者の置かれた立場にたって戦略的な助言が出来ているのか確信は持てず・・・。

かまってちゃんは振るい落としてますが、
本当に困っている人には手を差し伸べられる人間でありたいです。
もっとも助けたいなと思う人ほど最後の最後まで自力でなんとかしようとするし、
本当に苦しいからこそ、その苦しみを意識しないようにしているからなかなか気付けないし、
気付いたときには手遅れになっていることが多いですが。
| | 2010/05/20 8:14 PM |
>ナオ
偏ってる本棚は興味深いねぇ。
ちょっとHPの感想掲示板に貼ってみてよ。

>ほるす
いや、実はちっとも難しくないよ。
企業の業績データとか事業内容が書いてあるだけだから。
ちなみに今は旭化成に注目している。

仏像ってさっぱり興味が無かったけど、
先日の京都旅行で三十三間堂で千体千手観音像の1体1体をちゃんと見て以来、
やっぱり仏像の作り手によって全然違うんだなぁと感じたよ。

美輪さんの『紫の履歴書』はちょっと読んでみたい。
俺の好きな吉井和哉さんが上京してくる時に、それだけ持ってきたとか。
そこまで吉井さんに影響を与える本なら、読まねばと思うのだ。
美輪さんの事も好きだしね。

>かおり
54冊!そりゃスゲェな。
そんなに出てた事にも驚きだわ。
俺は恋空すら読んでない。

>名無し
どうだろうねぇ。
複雑な問題を因数分解みたいにしてシンプルにしてるのかもしれない。
複雑な事を複雑なままで突き詰めるのはやっぱり難しいよ。

戦略的な助言が出来ているかどうか確信が持てないのは当然じゃないかな。
実際にターゲットの人間性を熟知しているわけじゃないし。
だから、色んな可能性を考えて、考えられる物は全て与えるしかない。
それが自分にできる精一杯だからなぁ。

困っている人に知恵を貸す事は出来るが、力を与える事は出来ない。
本人に変えようと思う力が無いとこっちはどうしようもないからな。
いつまでも他力本願じゃ根本からの解決にもならないしなぁ。

歪みを直すのが整体師であって、生活をするのは本人だからねぇ。
なんでもかんでもやると、それはもう整体師じゃなくて介護士、みたいな。笑
| 有也 | 2010/05/20 8:45 PM |







    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
+ リンク集
+ 著書
LOVE at Night ~ホストに恋した女子高生~
LOVE at Night ~ホストに恋した女子高生~ (JUGEMレビュー »)
有也
 
高校1年生の頃、早く処女を捨てたかった。
周りの子はみんなどんどん『済ませて』行ってた。

「え〜まだしてないの?」
そう言われるのが嫌だった。
私一人がおいてきぼりにされてるような気がしてた。

「早く処女を捨てなきゃ」
そんな焦りを感じてた。

(第一話『おいてきぼり』)
+ 著書
LOVE at Night 2 ~17歳のファーストラブ~
LOVE at Night 2 ~17歳のファーストラブ~ (JUGEMレビュー »)
有也
 
お金もない。
帰る家もない。

私はこれからどうやって生きていけばいいんだろう。
誰かお願いだから私を助けてよ。

とりあえず、新宿まで来たけど寝るトコもない。
警察に行っても家に帰らされるだけだ。
あんな家になんか帰りたくない。

どうしよう。
これからどうしよう。

1人でどうやって生きて行こう。

(第一話『絶望の街角』)
+ 著書
おまえは俺に恋をする
おまえは俺に恋をする (JUGEMレビュー »)
有也
 
俺は【モテ】って言葉が嫌いだ。
本気で惚れた女だけを
確実に落とせるヤツが
一番カッコイイじゃねぇか。

(―はじめに―より)
+ 著書
LOVE at Night 3 ~16:35の鼓動
LOVE at Night 3 ~16:35の鼓動 (JUGEMレビュー »)
有也
 
人生はクソだった。
 
幸せはいつだって掴んだと思っても消えていく、
雪みたいなものだって思って生きてきた。
 
 
誰かと深く関わるのは嫌だった。
誰にも情をかける必要なんて無い。
 
いつか辛い別れが来るだけだから。
 
 
 
不幸の遺伝子で作られた俺は、
大事な人を側に置いちゃいけねぇんだ。
 
 
(冒頭より抜粋)