恋愛エキスパート有也のブログ。

メインHPは『恋愛エキスパート有也の恋愛マニュアル』です。
『LOVE at Night』の感想はメインHPにある専用掲示板にお願いします。
ここでの相談は受け付けてません。詳細はHPへ。
ツイッターやってます。@lovemanual
THE YELLOW MONKEY LIVEで一言。
天国旅行いいわぁ…。
:解説:
ゴッドファーザーのレビューを書く前にこっちをアップしとこう。


最近になって、オフィシャルがYoutube解禁したので、
今回はTHE YELLOW MONKEY特集にしちゃう。


ライブといえば、悲しきAsian Boyのイメージが強い。
当時は「イエッサー!」って言うのが楽しみだった。


このバックロゴは最近、ユニクロのTシャツコラボで出てたヤツだよ。


SWEET&SWEET


この頃、吉井さんが腕に付けていた真珠のネックレスが欲しくてしょうがなかった。
ファッションもやたらとスリムでカッコイイシャツばっかりで憧れてた。

だけど、この時代はUKロックな服どころか、スリムな服もなかったんだ。
ある時、立川駅近くの雑居ビル5Fにイギリス古着の店を見つけて、
そこで生まれて初めて自分が気に入るシャツってのを見つけた。
結局、ヘビロテし過ぎてボロボロになっちゃったけど。

あの時、俺があの店を見つけてなかったら、
現時点で俺のクローゼットは埋めつくされてなかったと思う。




この『I LOVE YOU BABY』はソロになってからも何度か歌ってるんだけど、
ドラムが変わると全く雰囲気が変わっていて驚いた。


SHOCK HEARTS (触発)


この曲の一体感がすごく好きだった。
動きは別にカッコイイわけじゃないんだけど、
吉井さんの動きといえば、こういうちょっとカワイイ感じの動きなんだよね。

当時、なんかのCMでも使われてた気がする。


天国旅行は埋め込み無効になってたのが残念。
せっかくだから、リンクしとこう。コチラ


ウチの読者にそこまで吉井和哉ファンはいねぇとは思うけど、定番曲を。

| 有也 | 音楽 | 10:37 | comments(10) |
画像が一枚も見れないぬ
(´;ω;`)(涙)

ライブ一体感の気持ちは激しく共感出来ます(・∀・)
好きなバンドの好きな世界観...もう思い出すだけで胸がいっぱいになります!!
| ゆきの | 2010/08/24 1:21 PM |
>ゆきの
画像じゃないよ、動画だよ。
パソコンで見るといいよ。

一体感のあるライブはいいよね。
そういう中で気持ち良い波に乗れると最高だよねぇ。
| 有也 | 2010/08/24 5:48 PM |
ううん・・10代みねには、分かりませんね・・
でも、コメるって言う・・
意味分からんみねです☆

天使にラブソングいいですよね(.A.)/
| みね | 2010/08/24 6:07 PM |
歌だけ聴いてたので
映像で見るの新鮮でした♪
SO YOUNGとSPARK好きです^^
| 流衣 | 2010/08/24 8:15 PM |
  ライヴは、そういう一体感が 大切ですよねっ! (*^ ^)x (^O^)
私も、ライヴ大好きです!!! (*>∀<)
 …ありますよね (> <;)
お好きな芸能人が身に付けている物 が 欲しい…… という事… (*´∪`)
 私も、
有也さんの埋め尽くされた洋服 が 欲しいですッ!!! (゜Д゜)ガバッ
ww
  さっき、
吉井さんの事を 拝見したんですが、カッコいい ですねっ!! (*゜∀゚)ヤバッ‥
 というか、
前々から "好きな(だった)タレントと 漢字が1文字違い" というので、名前は知っていたのですが‥ (^ω^o)b
( ご外見の方は、チラッとしか…改め 雰囲気しか覚えていなかったです… (゜゜)‥)
  …携帯では観れませんでした‥‥↓↓ (*ω゜)‥
 …有也さんの尊敬してる方‥というので、(お好きなのは 知ってましたが…尊敬もされてたんですか‥‥(*゜∀゚)ヒューッ ww)
 マジで、何故か身だしなみキッチリ整え、
ホントに会いに行く‥‥ という風にして Clickしたら (Www)
"観れないのカヨッ!!" と‥‥ (゜□゜;)
ww

 …あと、"天国旅行"…とは? ( ~っ~)/
吉井さんの お歌のタイトル‥ですか? (^_^)v

| 真純 | 2010/08/25 2:38 PM |
>みね
天使にラブソングを2も良かった気がする。
なんやかんやでミュージカル映画って評価が高いのが多い。
シカゴもそのうち観てみたい。


>流衣
一時期は毎日のようにライブビデオを観てた。
特にSLEEPLESS IMAGINATIONとかがカッコ良かったんだけど、
さすがにそんなマニアック曲はYoutubeにはなかった。


>真純
俺の服で一番のお気に入りはcasvaのジャージかもしれない。
色違いで買って、ほとんど着ずに飾ってある。

え、尊敬しているとは書いてないけど。
むしろ、だらしない人だと思う。昔は特に。
「もぉ〜しょうがないなぁ〜。」って愛するファンが多いと思う。

ケータイでYoutubeはあまり見れないんじゃないかな。
iPhoneなら見れるようだけど。パソコンで見るといい。
| 有也 | 2010/08/25 6:25 PM |
この歌全然知らないや><汗
でも、有名ですよね??たぶん......。
なんか、豪華っぽくてすごい^−^

今、レディー目指してます.......。
なんか、周りからみたら性格とか男っぽいらしく...泣
あ、見た目は全然女の子ですよ!? 
髪の毛もミディアムだし 苦笑
| 亜李 | 2010/08/25 10:43 PM |
>亜李
知らなくて当然だと思う。
1995年前後だし、アルバム曲ばっかりだし。

性格が男っぽいと言われる人は口調や言葉遣いに注意した方がいい。
言葉使いが荒い女は萎える。見た目の問題じゃない。
| 有也 | 2010/08/26 11:29 AM |
 そうなのですかッ!!
私も、服を飾りたいと思っていました!
 …これを機会に、飾ってみようかな… (呟)
 …調べてさせて頂いて みましたが、
…そちらのジャージというのは 分かりませんでした…… (゜゜)
 さぞかし 素敵なんでしょうね…!!
 教えて頂けて、嬉しく光栄に思いますッ!! (*>∀<)
  そして、
私が そちらで一目惚れをしたのは、
"[ casva ] リーフ柄アロハシャツ Price: ¥ 9,800―SPECIAL:¥ 4,900"
というモノ でしたッ!!
 そういう系の柄も、好きですので…っ!!

 尊敬されていないのですかッ!?
 …さん付け も されているので、てっきり‥‥ (笑)
 いやいやいやッ! (^ ^)/
 …そう……ですか…ね??; (否定の意味です‥)

 …いえ…、
今まで調べたモノは、ほとんど観れていますっ!
 …パソコンですか…
 ありがとうございますっ!!
ですが‥‥、…持っていないのですッ (OДO (笑)
| 真純 | 2010/08/29 11:27 PM |
>真純
casvaのジャージはそんなに品数が無いと思う。
そして、普段はハデハデなのばっかり。

リーフ柄アロハはひと昔前に居たサイパンの浮かれた日本人観光客みたいだ。
白ならわかるんだが、緑は微妙に違うような気がする。

吉井さんは可愛くてダメな人でおセンチなロックシンガー。
そういうトコがすごく好き。
| 有也 | 2010/08/30 4:47 PM |







   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
+ リンク集
+ 著書
LOVE at Night ~ホストに恋した女子高生~
LOVE at Night ~ホストに恋した女子高生~ (JUGEMレビュー »)
有也
 
高校1年生の頃、早く処女を捨てたかった。
周りの子はみんなどんどん『済ませて』行ってた。

「え〜まだしてないの?」
そう言われるのが嫌だった。
私一人がおいてきぼりにされてるような気がしてた。

「早く処女を捨てなきゃ」
そんな焦りを感じてた。

(第一話『おいてきぼり』)
+ 著書
LOVE at Night 2 ~17歳のファーストラブ~
LOVE at Night 2 ~17歳のファーストラブ~ (JUGEMレビュー »)
有也
 
お金もない。
帰る家もない。

私はこれからどうやって生きていけばいいんだろう。
誰かお願いだから私を助けてよ。

とりあえず、新宿まで来たけど寝るトコもない。
警察に行っても家に帰らされるだけだ。
あんな家になんか帰りたくない。

どうしよう。
これからどうしよう。

1人でどうやって生きて行こう。

(第一話『絶望の街角』)
+ 著書
おまえは俺に恋をする
おまえは俺に恋をする (JUGEMレビュー »)
有也
 
俺は【モテ】って言葉が嫌いだ。
本気で惚れた女だけを
確実に落とせるヤツが
一番カッコイイじゃねぇか。

(―はじめに―より)
+ 著書
LOVE at Night 3 ~16:35の鼓動
LOVE at Night 3 ~16:35の鼓動 (JUGEMレビュー »)
有也
 
人生はクソだった。
 
幸せはいつだって掴んだと思っても消えていく、
雪みたいなものだって思って生きてきた。
 
 
誰かと深く関わるのは嫌だった。
誰にも情をかける必要なんて無い。
 
いつか辛い別れが来るだけだから。
 
 
 
不幸の遺伝子で作られた俺は、
大事な人を側に置いちゃいけねぇんだ。
 
 
(冒頭より抜粋)