恋愛エキスパート有也のブログ。

メインHPは『恋愛エキスパート有也の恋愛マニュアル』です。
『LOVE at Night』の感想はメインHPにある専用掲示板にお願いします。
ここでの相談は受け付けてません。詳細はHPへ。
ツイッターやってます。@lovemanual
YouTubeで一言。(先取りした編)
懐かしいなぁ。
:解説:
CDTVとか見ている時に、96位くらいの新鋭バンドがクローズアップされ、
その曲のPVが流れたりする時に「あ、コイツちょっと良くね?」と思ってたら、
その後に出た曲がタイアップで一気に売れた時ってちょっと嬉しくなるよね。

それが川本真琴のデビュー曲『愛の才能』だったり。
ちょっと気になったのでCD屋さんに行って買ったのだ。


プロデュースは岡村靖幸だったらしい。

そして、2曲目のシングル『DNA』も買った。


PVは初めて見たが、酔うっつーの。
こういうカンジを出したいのはわかったけど、酔うっつーの。

そして、売れた曲『1/2』 タイアップはアニメ『るろうに剣心』


ギターを掻き鳴らしているイメージが強い川本真琴だけど、本来はピアノだったらしい。
一生懸命に練習した結果がこれらしい。


俺の好きなTHE YELLOW MONKEYも、るろうに剣心タイアップがあったな。


キャー!吉井さーん!
イカン、取り乱してしまった。


さて、次はBAAD。

96位で出て来て、「おや、好きな系統かもしれん。」と思って、CD買った。
デビュー曲『どんな時でもHold Me Tight』


B'z大好きだった俺が気に入ったのは、編曲を手掛けたのが明石昌夫だったからかもしれない。
B'zの編曲にはいっぱい彼が入ってるからね。


そして、セカンドシングルも出た時に買った。

それが『愛したい愛せない』なのだが、
これは買ってちょっとガッカリする事になる。

さっきの曲とイントロを聴き比べるとわかる。
こっちが『愛したい愛せない』ね。


ガキにもわかるほど、デビュー曲と似たような曲だった。
こういうノリで売りたかったんだろうけど。

ヒットしたタイアップ曲はその次に出た。
アニメ『スラムダンク』で主題歌になった『君が好きだと叫びたい』だ。


これは知ってる人も多いんじゃないか。


まぁ、なんというか…アニメタイアップってスゲェなと。
| 有也 | 音楽 | 03:36 | comments(2) |
吉井さーん!!笑
るろうに剣心もスラムダンクも
お兄ちゃんと一緒に見てました♪
歌聴くとすごい懐かしいですね(^-^)

小さいながら剣心がすごく好きで
髪型マネしてました。笑
| 流衣 | 2010/11/05 10:45 PM |
>流衣
俺はるろうに剣心を見てなかったんだよねぇ。
スラムダンクも興味が無くて見なかったし。

剣心の髪型ってボサッとしてなかったっけ。
アニメだと赤毛でまだ映えるからいいけど、
黒髪であれをやったら、かなり重くなってしまうような気がするけどなぁ。
| 有也 | 2010/11/07 3:02 AM |







   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
+ リンク集
+ 著書
LOVE at Night ~ホストに恋した女子高生~
LOVE at Night ~ホストに恋した女子高生~ (JUGEMレビュー »)
有也
 
高校1年生の頃、早く処女を捨てたかった。
周りの子はみんなどんどん『済ませて』行ってた。

「え〜まだしてないの?」
そう言われるのが嫌だった。
私一人がおいてきぼりにされてるような気がしてた。

「早く処女を捨てなきゃ」
そんな焦りを感じてた。

(第一話『おいてきぼり』)
+ 著書
LOVE at Night 2 ~17歳のファーストラブ~
LOVE at Night 2 ~17歳のファーストラブ~ (JUGEMレビュー »)
有也
 
お金もない。
帰る家もない。

私はこれからどうやって生きていけばいいんだろう。
誰かお願いだから私を助けてよ。

とりあえず、新宿まで来たけど寝るトコもない。
警察に行っても家に帰らされるだけだ。
あんな家になんか帰りたくない。

どうしよう。
これからどうしよう。

1人でどうやって生きて行こう。

(第一話『絶望の街角』)
+ 著書
おまえは俺に恋をする
おまえは俺に恋をする (JUGEMレビュー »)
有也
 
俺は【モテ】って言葉が嫌いだ。
本気で惚れた女だけを
確実に落とせるヤツが
一番カッコイイじゃねぇか。

(―はじめに―より)
+ 著書
LOVE at Night 3 ~16:35の鼓動
LOVE at Night 3 ~16:35の鼓動 (JUGEMレビュー »)
有也
 
人生はクソだった。
 
幸せはいつだって掴んだと思っても消えていく、
雪みたいなものだって思って生きてきた。
 
 
誰かと深く関わるのは嫌だった。
誰にも情をかける必要なんて無い。
 
いつか辛い別れが来るだけだから。
 
 
 
不幸の遺伝子で作られた俺は、
大事な人を側に置いちゃいけねぇんだ。
 
 
(冒頭より抜粋)