恋愛エキスパート有也のブログ。

メインHPは『恋愛エキスパート有也の恋愛マニュアル』です。
『LOVE at Night』の感想はメインHPにある専用掲示板にお願いします。
ここでの相談は受け付けてません。詳細はHPへ。
ツイッターやってます。@lovemanual
ロース麺で一言。
あぁ、そっちか。
:解説:
ブログに載せようと思って撮った写真を、
結局は使ってないことってよくある。

そんな写真を載せようと思う。
今回はみんなのオナカが鳴るような料理の写真なんて載せてみようかな。


先日、精密検査を受けた帰りに食べたカツ丼。
場所は公的施設内にあるレストランで、一般人も食べて良い事になっている。

昼前のレストランはお客さんが1人もおらず、爽やかな気分でカツ丼。
多分、採血されたからスタミナを付けようと思ったんだと思う。笑



何も異常が無かったことを知るのは、2週間後のことだった。

視力は落ちていたが、両目で0.7あればギリギリといったところか。
ピンホールアイマスク生活にしようかな…。



株主優待券をもらったので、すき家に行って来た。

注文したのは食べラー・メンマ牛丼大盛りと豚汁とカレーライス並。
ちょっと頼みすぎて後悔した。



この後、18時間くらいは何も食べなかった。

俺は食う時は食うが、食わない時は余裕で20時間くらい食わない。
マラソンをするのではなく、疲れるまで全力ダッシュした後に止まって休むタイプ。
あんまり良くないらしいね、こういう食い方。


ちなみに、株主優待券はこんな風に2枚つづりになっている。
真ん中のキリトリ線で切り離して、500円ずつ使えるタイプだ。


最初、食べラー・メンマ牛丼と豚汁だけにしようかと思った。
しかし、なんだか優待券がある時に端数をお金で出すのはイヤだった。(気分的に)

そこで、「1000円ピッタリになるくらいまで食えばいいんじゃね?」と考えた。
優待券のご利用期間が今月末までだったというのも、1つの要因ではあった。

俺はいつも突食いをするので、食べラー・メンマ牛丼を片付けてから豚汁を片付けた。
そして、カレーライスに入った時点で、既に肩で息をしていたのだ。

だけど、ここで“食いきれないから残す”などという選択肢はない。
それこそ、本当にムダになってしまう。

『カレーは飲み物って、どっかのデブが言ってたっけ。』
そんなクソどうでもいいことを考え始めたら、もはや満腹末期だ。

『マシーンだ!感情の無いマシーンになるのだ!』
俺の中で、“スプーンで口の中にカレーライスを入れていく作業”が始まった。

結果、俺の中の意地が勝った。
この後、18時間かけて消化することになったが。


次回はわさび山かけ牛丼と豚汁おしんこセット(計510円)でいいや。

いつも俺は外食に行くと注文しすぎてしまうような気がする。
なんなんだろう、この点に関する学習能力の無さは。


そして、これは今夜だった。

忘年会でしこたま飲んで酔っぱらったオトンを迎えに行くと、
オトンは「ラーメン屋に行きたい。」と言い始めた。

オトンが幹事をやる時はあまり食わないらしい。
だから、幹事をやった日は割とハラペコで帰ってくる。

俺もちょうど牛丼の消化が終わりかけていたので、
2人でそのままオトンの行きつけのラーメン屋に行くことにした。

深夜であるにもかかわらず、その店は満員だった。
どうやら、深夜帰宅のサラリーマンに人気のあるお店らしい。

俺が行った事が無いので、何が美味いのかわからない。
とりあえず、変わり種を注文してみる事にした。

ロース麺というのがあったので、それにしてみる。
俺の中では、豚ロース唐揚げかなんかが乗っているラーメンを想像していた。
(パーコー麺的なカンジの)

しかし、出てきたのはこれ。


あぁ、チンジャオロースーね。
納得。

家でチンジャオロースーを作った時に、一度だけこれをやった事があった。
やっぱり、炒め物はなんでもラーメンに合う。

炒め物が余ったら、俺はとりあえずクッパの材料にするかラーメンの具にする。
チャーシューとかってなかなか家には無いからねぇ。


これを小さいドンブリに入れて300円くらいで出せば、
割と繁盛する屋台になるんじゃないかなーと思うのだ。

実際にあるのかな。
台湾辺りにはありそう。なんとなく。
| 有也 | 読書 | 23:53 | comments(0) |







    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
+ リンク集
+ 著書
LOVE at Night ~ホストに恋した女子高生~
LOVE at Night ~ホストに恋した女子高生~ (JUGEMレビュー »)
有也
 
高校1年生の頃、早く処女を捨てたかった。
周りの子はみんなどんどん『済ませて』行ってた。

「え〜まだしてないの?」
そう言われるのが嫌だった。
私一人がおいてきぼりにされてるような気がしてた。

「早く処女を捨てなきゃ」
そんな焦りを感じてた。

(第一話『おいてきぼり』)
+ 著書
LOVE at Night 2 ~17歳のファーストラブ~
LOVE at Night 2 ~17歳のファーストラブ~ (JUGEMレビュー »)
有也
 
お金もない。
帰る家もない。

私はこれからどうやって生きていけばいいんだろう。
誰かお願いだから私を助けてよ。

とりあえず、新宿まで来たけど寝るトコもない。
警察に行っても家に帰らされるだけだ。
あんな家になんか帰りたくない。

どうしよう。
これからどうしよう。

1人でどうやって生きて行こう。

(第一話『絶望の街角』)
+ 著書
おまえは俺に恋をする
おまえは俺に恋をする (JUGEMレビュー »)
有也
 
俺は【モテ】って言葉が嫌いだ。
本気で惚れた女だけを
確実に落とせるヤツが
一番カッコイイじゃねぇか。

(―はじめに―より)
+ 著書
LOVE at Night 3 ~16:35の鼓動
LOVE at Night 3 ~16:35の鼓動 (JUGEMレビュー »)
有也
 
人生はクソだった。
 
幸せはいつだって掴んだと思っても消えていく、
雪みたいなものだって思って生きてきた。
 
 
誰かと深く関わるのは嫌だった。
誰にも情をかける必要なんて無い。
 
いつか辛い別れが来るだけだから。
 
 
 
不幸の遺伝子で作られた俺は、
大事な人を側に置いちゃいけねぇんだ。
 
 
(冒頭より抜粋)