恋愛エキスパート有也のブログ。

メインHPは『恋愛エキスパート有也の恋愛マニュアル』です。
『LOVE at Night』の感想はメインHPにある専用掲示板にお願いします。
ここでの相談は受け付けてません。詳細はHPへ。
ツイッターやってます。@lovemanual
ヘリウムガスで一言。
高いなぁ…。
:解説:
最近のプリクラって目がデカく映るよね。
なんかすごく怖いんだけど。

こないだ、どっかのギャル雑誌モデルがプリクラのようなデカ目で、
その子の写真をどこかで見た時に、あまりの怖さで「うわぁ!」と声をあげてしまった。

目力(めぢから)も度を超えると恐怖だわ。
やっぱり、目というのは印象が大きいものなんだなぁ。


話を変えよう。

なんか、昔に学校で習ったのと違う事って多い。
社会科地図帳の内容とかがかなり違ったりする。

ソ連じゃなくなったとか、東西ドイツが統合したとか、
そういうのは別に歴史の流れだからいいんだけどね。

確か、当時の地図帳の後ろの方に『資源の枯渇する時期』ってのが書かれていて、
それが2000年前後にはほとんど枯渇することが書かれていた。

だけど、2011年現在も金やダイヤや石油や天然ガスは枯渇してない。
あのデータは間違いだったんだろうか。

当時は2000年前後にかなりの不安を持ってた。
ノストラダムスは全然信じてなかったけど、資源の枯渇は信じて不安だったんだよねぇ〜。
資源が無くなったらどうなっちゃうんだろう…、と。
「21世紀だ!」とかはしゃいでる場合じゃない。


そういえば、こないだヘリウムガスについて調べてたんだよね。

ちょっとした事情で浮力が欲しくて。
120gのモノを持ち上げられるだけの浮力が欲しくて。
出来れば、もっと余裕が欲しかった。

そこで、以前に120cmビーチボールを買ったことを思い出したんだ。
120cmもの球体にヘリウムガスを入れれば、かなりの浮力が得られるんじゃなかろうか。

120cmの球体にヘリウムガスを入れる場合、どれくらいの容積が必要かと思って計算をしてみた。
球の体積はご存じの通り、【4×π×半径×半径×半径÷3 (3分の4πr3乗)】なので、
直径120cmの球体だと904リッターくらいなんだよね。

904リッターのヘリウムガスがあれば、浮力は1kg近くも得られそうだった。
完璧だ。それなら他の物も余裕で持ち上げられるじゃないか。

そして、ヘリウムガスの業者を調べてみたんだ。
基本的にヘリウムガス業者はボンベごとレンタルする場合が多く、
1000リットルだと10000円くらいかかったりする。
思ってたより高い。

その場でヘリウムガスを入れてくれる(直売)業者でも1000リットルで5000円はする。
1回の実験に5000円もかかるとは…。そんな本気じゃないのに…。

そこで、なんでそんなに高いのかを調べてみた。
たかが気体じゃないか。

だが、されど気体。
ヘリウムガスというのは水素の次に軽い気体だが、水素のように簡単に製造する事が出来ない天然資源で、
実質、ヘリウム含有のガス田からしか取れないらしい。(しかも、これまでの90%はアメリカが産出)

ヘリウム需要というのは年々増えていて、2002年→2007年で倍増しているらしい。
この事からも、将来は需要と供給のバランスが崩れて価格高騰することが予想されているらしい。
限られた地域からしか取れないし。

そういえば、風船というのは放っておくとしぼんでしまうが、あれはどういうことなのか。
ちょっと調べてみると、その原因はヘリウムガスの原子サイズにあった。
原子が小さすぎるので、少しずつ風船を通り抜けてしまうらしい。

そして、ヘリウムガスは空気よりも軽いので、大気圏を超えていってしまう。
限りある資源が宇宙へファーラウェーイ。

そう、ここで資源の枯渇について地図帳に書いてあった事を思い出したのだ。
多分というか、おそらくは当時の埋蔵量の見解が間違っていたのだろう。
技術が進んだことによって、色んなところで新たな油田などが発見され、
「思ったより埋まってるじゃん。笑」となったんだとは思う。

調べてみたら、0.7兆バレルほどと見られていた原油も、
実際はその倍くらいの埋蔵量があることが確認されているらしい。
いや、原油はどうでもいいか。代用が利きそうだし。

ヘリウムはそんなことがないらしい。
沸点が低いので冷却資源として有効活用されていて、光ファイバーなどを作る時に使われているとか。
ヘリウムほど沸点が低いものはなかなかなくて、空気中から採取すると1万倍の金がかかるとか。
もちろん、それは現在の技術水準で言っているわけであって、今後はもっと容易になるかもしれないが。

「水素の方が軽いなら、水素を使えばいいじゃない!」
という発想で飛行船に水素を使ったヒンデンブルグ号の大爆発は人類のトラウマ。
そして、飛行船の歴史が終焉に向かうキッカケにもなった。


水素からヘリウムにすることもできるらしいのだが、核融合反応を伴うんだそうな。
太陽もその核融合反応で燃え続けているんだとか。太陽にはヘリウムいっぱいなんだね。
核兵器の一種である水素爆弾なんかもその原理なんだとか。
水素二つを接合させてヘリウムにするには1億度近い超高熱が必要で、それを発生させるために原爆を使うんだとか。
そのため、水爆は熱核爆弾なんて呼ばれたりもするんだとか。

そうなると、ヘリウムを発生させるのは相当に難しいのかな。
しかし、今までの歴史を振り返ってみると、抑圧された中で人間はいくつも素晴らしい発明をしてきた。
ヘリウムの件も追い込まれたら一気に解決するアイディアが出てくるような気もする。

ほとんどのことが杞憂に終わるんだよな。
つくづく、この世界は絶妙なバランスで作られてると思うわ。
いや、たまたまバランスが取れちゃったから人間の世界が生まれただけか。

45億年後もそれほど心配しなくて大丈夫なんだろう。
そんな気がしてる。


さて、適度な浮力をどうしたものか。
うーむ。
| 有也 | 脳内Word | 10:13 | comments(4) |
目力゚Д゚私も目を開けると怖いから見ないでっ!て言われます。目つきが悪いだけかもです、、黒目がデカイと人形みたいで可愛いけど、行きすぎはどこを見てるのか視点がよく分からないですよね゚Д!
通販とかのカラコンは販売停止?とかになってきてるみたいですし、やっぱり目に悪かったんですかね〜・O・?

ヘリウムガスは風船から抜けるのですか゚Д゚!!!だから風船の口をテープで縛っといても数日たつと空気が抜けちゃう。理由がはっきりしました。
| 紗来 | 2011/02/25 7:49 PM |
>紗来
黒目がちな有名人といえば、小西真奈美さんだろうか。
あの人は目を大きく開いても黒目が多いもんね。
そういえば、高校3年の時に付き合った子も黒目がちだったな。
なんだか愛らしい印象だったわ。子犬のようで。

カラコンはあまり目に良くないみたいね。
特にアメリカ製のヤツはやばいと聞いた事がある。
発光物質だかが入っててなんちゃらとか。

ヘリウムガスの原子が小さいからしぼむと知った時、
俺も理由がハッキリしてスッキリしたわ。なるほど、と。
そして、ゴム繊維を通過するってスゲェと思ったわ。
| 有也 | 2011/02/26 1:42 PM |
デカ目になれる、プリクラいいじゃないですか!
一重のみねには、有り難いです。
あっ!みねはメイクしてプリ撮った事はありませんよ^^


有也さんが欲しがっていたものは、ヘリウムガスのことですか??
| みね | 2011/02/26 2:43 PM |
>みね
いや、拡大するとキモイよアレ。
シールだとあんまりわかんないんだけどさ。

俺が欲しがっていたものはヘリウムガスではないんだよね。
多分、3月上旬くらいに届くと思う。
| 有也 | 2011/02/26 8:50 PM |







   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
+ リンク集
+ 著書
LOVE at Night ~ホストに恋した女子高生~
LOVE at Night ~ホストに恋した女子高生~ (JUGEMレビュー »)
有也
 
高校1年生の頃、早く処女を捨てたかった。
周りの子はみんなどんどん『済ませて』行ってた。

「え〜まだしてないの?」
そう言われるのが嫌だった。
私一人がおいてきぼりにされてるような気がしてた。

「早く処女を捨てなきゃ」
そんな焦りを感じてた。

(第一話『おいてきぼり』)
+ 著書
LOVE at Night 2 ~17歳のファーストラブ~
LOVE at Night 2 ~17歳のファーストラブ~ (JUGEMレビュー »)
有也
 
お金もない。
帰る家もない。

私はこれからどうやって生きていけばいいんだろう。
誰かお願いだから私を助けてよ。

とりあえず、新宿まで来たけど寝るトコもない。
警察に行っても家に帰らされるだけだ。
あんな家になんか帰りたくない。

どうしよう。
これからどうしよう。

1人でどうやって生きて行こう。

(第一話『絶望の街角』)
+ 著書
おまえは俺に恋をする
おまえは俺に恋をする (JUGEMレビュー »)
有也
 
俺は【モテ】って言葉が嫌いだ。
本気で惚れた女だけを
確実に落とせるヤツが
一番カッコイイじゃねぇか。

(―はじめに―より)
+ 著書
LOVE at Night 3 ~16:35の鼓動
LOVE at Night 3 ~16:35の鼓動 (JUGEMレビュー »)
有也
 
人生はクソだった。
 
幸せはいつだって掴んだと思っても消えていく、
雪みたいなものだって思って生きてきた。
 
 
誰かと深く関わるのは嫌だった。
誰にも情をかける必要なんて無い。
 
いつか辛い別れが来るだけだから。
 
 
 
不幸の遺伝子で作られた俺は、
大事な人を側に置いちゃいけねぇんだ。
 
 
(冒頭より抜粋)