恋愛エキスパート有也のブログ。

メインHPは『恋愛エキスパート有也の恋愛マニュアル』です。
『LOVE at Night』の感想はメインHPにある専用掲示板にお願いします。
ここでの相談は受け付けてません。詳細はHPへ。
ツイッターやってます。@lovemanual
会話で一言。
納得すればいいんじゃん?
:解説:
上手く行ったり、行かなかったり。
上手く行きすぎたり、裏目ったり。

人生にはいくつものやりたい事が沸いて、
それに挑んだ結果の栄光や挫折があるよねぇ。

人生って、そういうトコでもゲームバランスがいいと思うんだ。
文字通り、死ぬまで遊べるしね。


不公平でバラバラなスタート。
配られたカードは違えど、カードを活かすも殺すも自分次第。

他人と競う人もいるし、他人と比べて落ち込む人もいるし、逆に優越感に浸る人もいる。
比べても疲れちゃう事が多いけどね。

『ゲームをやる意味があるの?』という疑問を抱く人も多いけど、
大抵の人は勝手に意味や理由を付けてゲームを進める。


人と関わることは面白い。
全く知らない世界に住んでいることもあるから。

普段、何気なく通っている道沿いの家に住んでいる人がどんな生活をしているのか、
多くの人はそんな事を知る由もないんだ。

色んなことを尋ねてみたり、色んなアプローチを仕掛けてみたり、
そうしているうちに心が通い合ったり、遠ざかったり。
もしくは伝え聞いたり、盗み聴いたり。


『癒しを求める文化』って、『ストレスを防ぐことを諦めた文化』だと思う。
予防に努めず、痛み止めでごまかす日々。

痛む原因は『片付けられないモノ』と諦め、自分を死地に投げ出す日々。
そりゃあ、自分嫌いも進んで行くよね。


今、この瞬間は何も起こっていないはずなのに、
自分を責める事で何度も何度も痛がるような自傷行為。

そこに傷は付いてなかった。
毎日刻み付けてるのは自分自身。


誰かに寄りかかる事で何とか立とうとするけど、
今度はそこから自立まで繋がらない甘えん坊スパイラル。

『今はこれでバランス取ってるんだから、これでいいじゃん。』の言い聞かせは続くよね。
それが消えたら、またコケちゃうってわかってるくせにね。



そんな事を語らった昨日。

漠然と感じていたものは言葉にする事で形を成し、まとまっていく。
『悩みは書け』というマニュアルでも触れたけど、まとめられるのは悩みだけじゃないんだよね。

日々の考え事も、一度書いてみるとキレイにまとまったりする。
ただ、安易にまとめてしまうと薄いモノになってしまったりもするから、
漠然と考えるエネルギーをコツコツ溜めて行くのも良いような気がする。

途中経過を知るために一度まとめてみるのも面白いとは思う。
こんな風に。

ちゃんとまとめた形で把握しておけば、新しいモノが出てきた時に気付けるしね。
そしたら、次のステージが待ってるかもしれないしね。



そうそう。

あまり関係無いんだけど、
“ありのままの相手を丸ごと受け入れること”をかなり前にマニュアルに書いた。
『丸ごと愛せ』ってタイトルだったと思う。

自分の納得としてそうあるべきだと書いたわけだけど、
最近はそれをそのまま相手にも求めるアホも時々いるから困っちゃう。

『お客様は神様です』って言葉は店員側の心構えとしてあるべきものであって、
お客さんが「お客様は神様だろうが!」って言っちゃうのはただの傲慢でしかないんだよね。

つまり、「ありのままの私を受け入れるのが恋人でしょ」なんてのも、
あからさまに間違った事を恋人にしている自覚のある面倒な子が言っちゃうと、
なんだかちょっとそれは違うんじゃないの?っていうトコなんですよ。

こちらの心構えとしてそうありたいとは思うけど、それをおまえが言うな的な。
省みるべき点がある自分をそのまま受け入れろってのはただのワガママじゃねぇかと。

あれだ。
ジャイアンが「心の友よ」って言うのとベクトルは似てる。笑
| 有也 | 脳内Word | 19:10 | comments(6) |
こんにちは^^

>誰かに寄りかかる事で何とか立とうとするけど、
今度はそこから自立まで繋がらない甘えん坊スパイラル。

お見合いおばちゃんからすると、これはいいことだと思いますよ^^
欠点に見えるかもしれませんが、反対に長所かもしれません。

派遣社員やアルバイトの女性がガツガツ見えないように(笑)
ガツガツ頑張って婚活しているのは、
よりかからないと30代後半も過ぎればいずれ一人で生活していけなくなるからです。一途になりすぎず、リスク分散もしつつ、付き合いを広げていく姿は、たくましくて女性らしくていいな、と思います。

また人格がすぐれていれば優れているほどモテるかというと、女性ははっきり言ってモテなくなります。
自律と抑制で相手の状況をおもんぱかる人よりも、甘えることができて感情のままに行動する人の方がモテますね。

>「ありのままの私を受け入れるのが恋人でしょ」なんてのも、
あからさまに間違った事を恋人にしている自覚のある面倒な子が言っちゃうと、

えてしてこういう子の方が彼氏ができやすいものです^^
自立して自律ができている子が一番大変なのですよ。

上記のようなジャイ子さんが腹立たしいのはわかりますが、とても不完全な個体であるからこそ一人ではなく、つがいでしか生きていけない。
優秀な女性が愛情も経済も全て自分自身でまかなえているのを見ると、とてもいいことに思えます^^

| 結婚相談員 | 2011/06/28 2:54 PM |
その会話に参加したかったなーと思いました。
語り合うのは自分の考えもまとまるし、新しい意見も聞けるし、いい仲間が居ると人生が豊かになりますね。
参加できなくても、すてきな言葉をいっぱい教えてもらえるから、有也さんのHP好きです。

わたしの心の自傷行為、あきれるほど長い間 続きました。

自分で立ち上がるために、納得するまでとことんボロボロになりました。

>『今はこれでバランス取ってるんだから、これでいいじゃん。』の言い聞かせは続くよね。
それが消えたら、またコケちゃうってわかってるくせにね。

今は、たぶんその状態です。
目標が間違ってるかもしれないけど、それに向かって行く事で今は誰にも依存しないで立ってる。(目標に依存してる?)

自分に少しだけ自信が持てるようになりました。

有也さん、私、進歩したかな?
| ありす | 2011/06/29 9:28 AM |
>結婚相談員
それでいいんじゃないかな。
“お見合いおばちゃん”って、そういう場をまとめるだけの仕事だから。
『つがいを何個作れるかゲーム』としては大正解だと思う。

打算的な方向性で安心を得られて、それでいいと思える人はそれでいい。
不満よりも諦めが先に立つし、これはこれでマシだといい聞かせるし。

俺はそれを良しとしていない。
彼氏ができればいいってものでもないし、
モテればいいってものでもない。
“良いモノ”として薦めたくないんだ。

バンドエイドじゃダメなんだよねぇ。
病に侵されてると。
俺が見ているのはそっちだけ。


>ありす
実は語らったというよりも、聞かれた事に答えていただけだったりする。

心の自傷行為は自分嫌いの人のほぼ全員に起きている事だからねぇ。
騙し騙しやっていても、自分は気付いてるし、騙しきることは出来ない。

『今はこれでバランス取ってるんだから、これでいいじゃん。』ってのは、
『何かに寄りかかってでもバランスが取れればそれでいいじゃん』ってこと。
そいつがいなくなったら倒れるだけ。
根本からの解決になってねぇよ、ってことね。

目標に依存するという言い方はあまり正しくない。
それは希望を持つというんだ。

自信が持てるようになり、希望があるなら上々じゃないかね。
| 有也 | 2011/06/29 9:51 AM |

目標に向かっていること=希望を持っていること?

間違った方向かもしれないけど、そこに向かっていると走れる自分がいるから、いいのかな?

納得いくまで足掻いてみます。
| ありす | 2011/06/29 1:11 PM |
確かにやりがいのあるゲームであり、仕事ですね^^
幸せカップルを作るためにも頑張りたいところです。

なるほど、有也さんにとっては色々な意味で(経済的にも心の安定的にも)「よりかかりたい」という思いから始まる付き合いは打算的に思えて、「納得がいかない」のですね。

ところが、打算から始まる関係でも、人間とは変わるもの。
始めは打算だったものが魂の結びつきにまで愛が昇華することがあります。恋愛で結婚が出来るようになったのはつい最近で、昔はどこの世界でも「社会的につりあうような」お見合いが普通でした。しかし愛が生まれなかったかというと、そんなことはないと思うのです。
有也さんが体から始まるつきあいも「納得があれば」問題ないと言っているのと同じことです。体の欲から始まったものでも本物になることはあります。

もっとも私の場合は有也さんの考え方と反対になるのかもしれませんね。体の欲から始まるものの方が納得できる付き合い方ではありませんから・・・。
男性の大きな目標である「女性の体」をなんの努力をさせることもなく与えてしまい、反対に女性は体を許すことが心を許す第一歩となり、本格的に愛し始めてしまう・・・。体を許さなければ頭からのめりこむこともなかったのに、おろかなことです。これだけで簡単に追うことをやめた男性と追う女性の出来あがりです。
(もっとも恋愛慣れした女性は「お付き合いをする」という形が出来あがっていなくても二人で一泊することが平気だそうですから、この限りではありませんが・・・)
ただ中絶の数は少なくないので、言質をしっかりとるまでは軽はずみなことは慎んだ方がいいとは思いますが。

>バンドエイドじゃダメなんだよねぇ。
病に侵されてると。
俺が見ているのはそっちだけ。

これはちょっと私では理解できていないかもしれませんね、的外れなコメントだったら申し訳ありません。
どちらかというと才色兼備の厳格に教育された女性ばかり相手にしていますので、心に病を抱えている子はあまり接したことがないのです。

でも有也さんのサイトに遊びに来るのは「一人で全てが完結していて他に依存することをまったく知らない子」とは正反対の女性なのかもしれませんね。

痛みに弱すぎなのも、痛みがあっても全て耐えてしまうくらい強すぎなのも問題アリですね^^;
| 結婚相談員 | 2011/06/30 3:35 PM |
>ありす
目標に向かっている=希望を持っている ということだね。
それが正しいことであると思うから、そこに向かうわけだろう。
いわば、幸せになる可能性に向かっているようなもの。
それが違っていたら、戻って別の道を進む事になる。それだけ。


>結婚相談員
つがいを作るゲームなら、そこに終始してもいいと思う。

打算から始まる関係でも、それが化ける事はある。
ただ、可能性としては高いとは思えない。
また、それを胸張ってオススメすることも出来ない。

“昔の社会的に釣り合うお見合い”なんかを引き合いに出すのはナンセンスかな。
愛が生まれなかったとは思わないけど、そもそも現代とは価値観が違うし。

身体を許すことを安易にしてしまうと、立場はそうなってしまうね。
実際、そういった事が多いから注意喚起をしているわけだが、
そこに納得があるのなら、まぁそれでも構わないかなと思う。
『遊びと割り切るなら別にいいんじゃん?』というレベルだけど。

現代社会においては心身のバランスが取りにくくなっているように思う。
『病に侵されてる』ってのは安易な繋がりを求めようとする現代っ子全般に言えるものだ。
自己肯定力が低かったり、情報過多ゆえに惑わされたり。
ウチに来るのはそういう精神的に未熟な子が多いからねぇ。
「ホントにテメェは懲りねぇな…」って言いたくなる子も多いからなぁ、ウチは。笑
相談する前にマニュアル読んでから来いっつっても読まないで来るもん。笑

一人で全てが完結していて他に依存することをまったく知らない子が相手なら、
ちょっと依存させようとするのが正しい行動であると思うよ。笑
そういう子はつがいにしとけば、あとは勝手にマトモな家庭の築き方を模索するだろうし。

ウチはガキがアホに安売りする前に「そんなんじゃダメだ!」と言い、
ヘタレが怖気づいて何も出来ずに終わって後悔する前に「気合い入れろオラ!」って殴り、
たまに来る慎ましい女性に「こんな手を使えばいいんだよ、お嬢さん」と優しく囁き、
たまに来る誠実な男の背中をポンと押して「それでいいんだよ、行って来い」と励ます。
そういう役割のサイトだからなぁ。

自分が出来上がった人なんか基本的に来ないね。笑
だから、まずは自己肯定力を高めることをさせる。
それが何よりも彼らの安定した幸せに近いと思っている。

依存は必ずしも悪いものではないけど、弱くなるような依存は避けさせたいね。
お互いに強くなる素になりうるような類のものならいいんだけど。
何事もバランス良くないとねぇ。
| 有也 | 2011/07/01 4:18 PM |







   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
+ リンク集
+ 著書
LOVE at Night ~ホストに恋した女子高生~
LOVE at Night ~ホストに恋した女子高生~ (JUGEMレビュー »)
有也
 
高校1年生の頃、早く処女を捨てたかった。
周りの子はみんなどんどん『済ませて』行ってた。

「え〜まだしてないの?」
そう言われるのが嫌だった。
私一人がおいてきぼりにされてるような気がしてた。

「早く処女を捨てなきゃ」
そんな焦りを感じてた。

(第一話『おいてきぼり』)
+ 著書
LOVE at Night 2 ~17歳のファーストラブ~
LOVE at Night 2 ~17歳のファーストラブ~ (JUGEMレビュー »)
有也
 
お金もない。
帰る家もない。

私はこれからどうやって生きていけばいいんだろう。
誰かお願いだから私を助けてよ。

とりあえず、新宿まで来たけど寝るトコもない。
警察に行っても家に帰らされるだけだ。
あんな家になんか帰りたくない。

どうしよう。
これからどうしよう。

1人でどうやって生きて行こう。

(第一話『絶望の街角』)
+ 著書
おまえは俺に恋をする
おまえは俺に恋をする (JUGEMレビュー »)
有也
 
俺は【モテ】って言葉が嫌いだ。
本気で惚れた女だけを
確実に落とせるヤツが
一番カッコイイじゃねぇか。

(―はじめに―より)
+ 著書
LOVE at Night 3 ~16:35の鼓動
LOVE at Night 3 ~16:35の鼓動 (JUGEMレビュー »)
有也
 
人生はクソだった。
 
幸せはいつだって掴んだと思っても消えていく、
雪みたいなものだって思って生きてきた。
 
 
誰かと深く関わるのは嫌だった。
誰にも情をかける必要なんて無い。
 
いつか辛い別れが来るだけだから。
 
 
 
不幸の遺伝子で作られた俺は、
大事な人を側に置いちゃいけねぇんだ。
 
 
(冒頭より抜粋)