恋愛エキスパート有也のブログ。

メインHPは『恋愛エキスパート有也の恋愛マニュアル』です。
『LOVE at Night』の感想はメインHPにある専用掲示板にお願いします。
ここでの相談は受け付けてません。詳細はHPへ。
ツイッターやってます。@lovemanual
ニュースで一言。
おぉ…。
:解説:
民主党・小沢一郎の妻が離婚届を提出し、その理由が公開されている。
「週刊文春」に掲載された「小沢一郎 妻からの『離縁状』全文公開」である。

「(中略)長年お世話になった方々のご不幸を知り、何もできない自分を情けなく思っております。
このような未曾有の大災害にあって本来、政治家が真っ先に立ち上がらなければならない筈ですが、
実は小沢は放射能が怖くて秘書と一緒に逃げ出しました。

岩手で長年お世話になった方々が一番苦しいときに見捨てて逃げ出した小沢を見て、
岩手や日本のためになる人間ではないとわかり離婚いたしました。(中略)

八年前小沢の隠し子の存在が明らかになりました。●●●●●といい、もう二十才をすぎました。
三年つきあった女性との間の子で、その人が結婚するから引きとれといわれたそうです。
それで結婚前からつき合っていた●●●●という女性に一生毎月金銭を払う約束で養子にさせたということです。
小沢が言うには、この●●●●という人と結婚するつもりだったが水商売の女は選挙に向かないと反対され、
誰でもいいから金のある女と結婚することにしたところが、たまたま田中角栄先生が紹介したから私と結婚したというのです。
そして『どうせ、お前も地位が欲しかっただけだろう』と言い、
謝るどころか『お前に選挙を手伝ってもらった覚えはない。何もしていないのにうぬぼれるな』と言われました。
あげく『あいつ(●●●●)とは別れられないが、お前となら別れられるからいつでも離婚してやる』とまで言われました。

この言葉で、三十年間皆様に支えられ頑張ってきたという自負心が粉々になり、一時は自殺まで考えました。
息子たちに支えられ何とか現在までやってきましたが、いまでも、悔しさと空しさに心が乱れることがあります。(中略)

(2012年)3月16日の朝、北上出身の第一秘書の川辺が私の所へ来て、
『内々の放射能の情報を得たので、先生の命令で秘書達を逃がしました。私の家族も既に大阪に逃がしました』と胸をはって言うのです。
あげく、『先生も逃げますので、奥さんも息子さん達もどこか逃げる所を考えてください』と言うのです。

福島ですら原発周辺のみの避難勧告しかでていないのに、政治家が東京から真っ先に逃げるというのです。
私は仰天して『国会議員が真っ先に逃げてどうするの!なんですぐ岩手に帰らないのか!
内々の情報があるのならなぜ国民に知らせないのか』と聞きました。

川辺が言うには、岩手に行かないのは知事から来るなと言われたからで、国民に知らせないのは大混乱を起こすからだというのです。
国民の生命を守る筈の国会議員が国民を見捨てて放射能怖さに逃げるというのです。(中略)
川辺はあわてて男達は逃げませんと言いつくろい、小沢に報告に行きました。

小沢は『じゃあしょうがない。食糧の備蓄はあるから、塩を買い占めるように』と言って買いに行かせました。
その後は家に鍵をかけて閉じこもり全く外へ出なくなりました。復興法案の審議にも出ていません。(中略)
岩手に行こうと誘われても党員資格停止処分を理由に断っていたこともわかりました。
知事に止められたのではなく放射能がこわくて行かなかったのです。(中略)

本当に情けなく強い怒りを感じておりました。
実は小沢は、数年前から京都から出馬したいと言い出しており後援会会長にまで相談していました。
もう岩手のことは頭になかったのでしょう。(中略)

かつてない国難の中で放射能が怖いと逃げたあげく、お世話になった方々のご不幸を悼む気も、郷土の復興を手助けする気もなく、
自分の保身の為に国政を動かそうとするこんな男を国政に送る手伝いをしてきたことを深く恥じています。(中略)
せめて離婚の慰謝料を受けとったら岩手に義捐金として送るつもりです。(中略)
       小澤和子」



妻にここまでバラされ、離婚されてしまうとは、みっともない話だ。
今後、小沢一郎はどうするのだろう。

とりあえず、彼を支持する人は大幅に減るだろう。
それだけは確実だと思う。


身を削って国民を守ろうとする政治家っているんだろうか。
せめて、消費税と同じ5%でもいればいいけど。
| 有也 | 政治 | 20:01 | comments(3) |
普通、愛人がいるのがわかったらすぐ離婚ですよね。しかも隠し子がいたら完璧にさよならです。
なのに政治家の妻なんて大変だったと思うのに、頑張ってきたんですよね。
女の人生は男で決まるっていうけど、本当に誠実で優しい人と添い遂げたいと思いました(/ _ ; )

水商売の人が魂のレベル的にふさわしかったんでしょうね。まともな女性じゃなくて、その人と結婚すればよかったのに。
| まお | 2012/06/15 10:43 AM |


うわ...
政略でもその歳まで連れ添った奥方にここまで...

小沢って在日だった気がしますが...
日本に対して愛国心があるわけがない


5%...
いてくれることを願います


| とも | 2012/06/16 12:32 AM |
>まお
愛人がいるのも隠し子がいるのも容認されてなければアウトだわな。
暴君でも才能があれば、そこに惹かれ、力になれるだけで満足と言う人もいるが。
ヤクザの奥さんなんかは割とそういうところを容認してたりする。

だが、この奥さんにはそれなりの自負があったんだろう。
国の為になると思って小沢の選挙運動を手伝い、家庭を支え、それを自分の生き甲斐にしてきたのだろう。
そこを否定され、おまえなんか無価値だと言われ、愛情もまやかしだったと言われれば、相当なショックを受けて当然かと思う。

小沢は自分の為だけに生きている、実に欲望に忠実な男だ。
動物的というかなんというか。
人間的にはどうかと思うが、力があるだけにカリスマ性もある。

俺は水商売の人が魂のレベルが低いとも思わない。
(確かに外道・無知・下品な人間は多いが)
また、こうして離婚後に復讐に出る奥さんもどうかと思う面はある。
それもまた、国民の為という思いもあるだろうとは思うけどね。


>とも
政略結婚とはいえ、それは言っちゃイカンよね。
そこはホントどうかと思うわ。

小沢が在日というのはデマだね。
済州島に母親の墓があるという話はあるが、満州が日本領だった頃からの話だ。
血は日本人であると思うが、愛国心はないし、反日ではあるよね。

5%…いればマシな方かな…。
とりあえず、外国人が日本の土地を買えるのはおかしい。
そこだけは早急に法改正して欲しいな。
| 有也 | 2012/06/16 6:15 PM |







   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
+ リンク集
+ 著書
LOVE at Night ~ホストに恋した女子高生~
LOVE at Night ~ホストに恋した女子高生~ (JUGEMレビュー »)
有也
 
高校1年生の頃、早く処女を捨てたかった。
周りの子はみんなどんどん『済ませて』行ってた。

「え〜まだしてないの?」
そう言われるのが嫌だった。
私一人がおいてきぼりにされてるような気がしてた。

「早く処女を捨てなきゃ」
そんな焦りを感じてた。

(第一話『おいてきぼり』)
+ 著書
LOVE at Night 2 ~17歳のファーストラブ~
LOVE at Night 2 ~17歳のファーストラブ~ (JUGEMレビュー »)
有也
 
お金もない。
帰る家もない。

私はこれからどうやって生きていけばいいんだろう。
誰かお願いだから私を助けてよ。

とりあえず、新宿まで来たけど寝るトコもない。
警察に行っても家に帰らされるだけだ。
あんな家になんか帰りたくない。

どうしよう。
これからどうしよう。

1人でどうやって生きて行こう。

(第一話『絶望の街角』)
+ 著書
おまえは俺に恋をする
おまえは俺に恋をする (JUGEMレビュー »)
有也
 
俺は【モテ】って言葉が嫌いだ。
本気で惚れた女だけを
確実に落とせるヤツが
一番カッコイイじゃねぇか。

(―はじめに―より)
+ 著書
LOVE at Night 3 ~16:35の鼓動
LOVE at Night 3 ~16:35の鼓動 (JUGEMレビュー »)
有也
 
人生はクソだった。
 
幸せはいつだって掴んだと思っても消えていく、
雪みたいなものだって思って生きてきた。
 
 
誰かと深く関わるのは嫌だった。
誰にも情をかける必要なんて無い。
 
いつか辛い別れが来るだけだから。
 
 
 
不幸の遺伝子で作られた俺は、
大事な人を側に置いちゃいけねぇんだ。
 
 
(冒頭より抜粋)