恋愛エキスパート有也のブログ。

メインHPは『恋愛エキスパート有也の恋愛マニュアル』です。
『LOVE at Night』の感想はメインHPにある専用掲示板にお願いします。
ここでの相談は受け付けてません。詳細はHPへ。
ツイッターやってます。@lovemanual
オムライスで一言。
image.jpeg

なにこれ!
:解説:
堺市の中百舌鳥(なかもず)という駅の側に、
地元ではそこそこ有名なトンカツ屋さんがある。

前から何人かに美味しいと聞いていたので行ってみたのだが、
そこに食べに行った際に、むしろ目の前の中華屋さんの行列が気になった。

トンカツ屋さんも行列が出来る事が多いのだが、
その日は中華屋さんの方が列が多かったのだ。

まぁ、とりあえずはずっと来たかったトンカツを食べよう。
ちなみにトンカツにはデミグラスソースがかかってたりする。
もちろん、大阪にはトンカツソースの店も多いらしいけど。

今のところ、知人にはデミグラスソースのトンカツ屋しか教えてもらってない。
3軒連続で。

そんなデミグラストンカツを食べ終わった後、
店を出ると中華屋にはまだ行列があった。

トンカツ屋の行列はもう無くなっていたPM1:30。
これはいよいよ何かある。

何か美味しい名物があるんだろう。
そう思って食べログを見てみると、オムライスのレビューばかり書いてあった。

中華屋さんでオムライス?
とりあえず、レビューのタイトルだけをざっと見て、
次回、食べてみてのお楽しみにしよう。

そして、一週間後に行った時に注文したのが写真のオムライス。
これを一口食べてみてビックリ。

ケチャップがかけてあるくせに、これは完全に中華だった。
中身は焼肉入りの海老ピラフなのだ。

しかもデカイ。
俺は外食する時、大盛りにする事が多いのだが、
ここのオムライスは普通盛りでもかなり満腹になる。

オムライスはノーマルでも、ラグビーボールくらいの面積がありそうなサイズだ。
大盛りなんて頼んだ日には、腹がはち切れる気がする。

これで650円はコスパが良すぎる。
さすがは食い倒れの国。
多分、また食べに来ると思う。
ちなみに『豚麺』(とんめん)というお店。


それにしても、大阪はマジでメシが安い。
たこ焼きやお好み焼きが100円で売ってたりもする。
スーパーに行けば、袋のうどんなんて18円で売ってたりする。

スーパー玉出やラムーは全体的に安い。
関東のOKストアと張るレベル。

ただ、あくまでもそれなりの品質だと思って欲しい。
袋うどんなんかは同じようなものだが。

また、たこ焼きやお好み焼きは安いけど、自分で作った方が美味い。
安い店は、やはり駄菓子屋レベルの味でしかない。

大阪は治安も悪いし、運転マナーも悪いし、言葉遣いも荒い。(河内弁は特に)

というわけで、一般の人は住むことをオススメしない。
ちょっと関東で浮いちゃうくらいのガラの悪い人にはオススメ。
| 有也 | - | 18:25 | comments(0) |







1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
+ リンク集
+ 著書
LOVE at Night ~ホストに恋した女子高生~
LOVE at Night ~ホストに恋した女子高生~ (JUGEMレビュー »)
有也
 
高校1年生の頃、早く処女を捨てたかった。
周りの子はみんなどんどん『済ませて』行ってた。

「え〜まだしてないの?」
そう言われるのが嫌だった。
私一人がおいてきぼりにされてるような気がしてた。

「早く処女を捨てなきゃ」
そんな焦りを感じてた。

(第一話『おいてきぼり』)
+ 著書
LOVE at Night 2 ~17歳のファーストラブ~
LOVE at Night 2 ~17歳のファーストラブ~ (JUGEMレビュー »)
有也
 
お金もない。
帰る家もない。

私はこれからどうやって生きていけばいいんだろう。
誰かお願いだから私を助けてよ。

とりあえず、新宿まで来たけど寝るトコもない。
警察に行っても家に帰らされるだけだ。
あんな家になんか帰りたくない。

どうしよう。
これからどうしよう。

1人でどうやって生きて行こう。

(第一話『絶望の街角』)
+ 著書
おまえは俺に恋をする
おまえは俺に恋をする (JUGEMレビュー »)
有也
 
俺は【モテ】って言葉が嫌いだ。
本気で惚れた女だけを
確実に落とせるヤツが
一番カッコイイじゃねぇか。

(―はじめに―より)
+ 著書
LOVE at Night 3 ~16:35の鼓動
LOVE at Night 3 ~16:35の鼓動 (JUGEMレビュー »)
有也
 
人生はクソだった。
 
幸せはいつだって掴んだと思っても消えていく、
雪みたいなものだって思って生きてきた。
 
 
誰かと深く関わるのは嫌だった。
誰にも情をかける必要なんて無い。
 
いつか辛い別れが来るだけだから。
 
 
 
不幸の遺伝子で作られた俺は、
大事な人を側に置いちゃいけねぇんだ。
 
 
(冒頭より抜粋)