恋愛エキスパート有也のブログ。

メインHPは『恋愛エキスパート有也の恋愛マニュアル』です。
『LOVE at Night』の感想はメインHPにある専用掲示板にお願いします。
ここでの相談は受け付けてません。詳細はHPへ。
ツイッターやってます。@lovemanual
ゴルフで一言。
乗った!
:解説:
ゴルフの打ちっぱなしに行ってきた。

変わったことに、
大阪の堺市では池に向かって打つ練習場が多い。
今回行ったのもそういったところである。

以前にも書いたかもしれないが、
堺市近辺には人工のため池が驚くほど多い。
昔は大和川を除いて、まともな川が無かったので、
人工のため池をそこら中に作り、農業用水として使用していたらしいのだ。

とはいえ、昨今は農地も減ってきたため、
ため池なんざ不要になってしまい、埋められたり放置されたり、
ゴルフの打ちっぱなしになったりしているのだ。

そんなわけで、目の前は全部池。
ポチャンという音がそこかしこから聞こえるのだ。

何ヶ所かに浮き島やフラッグがあって、
“転がして狙う”という要素はほぼ無い。


image.jpeg

転がして狙う要素は無いが、グリーンに乗せる練習にはなりそう。
少し習ったら少し上手く打てるように楽しくなってきた。

調子の良い時は10本打って半分くらいが乗った。
ゆっくり打った方が上手く行ったように感じる。

次は飛ばせるようになりたいものだ。


すごく関係無いけど、
NHKの木曜時代劇『鼠、江戸を疾る』が面白い。
20:00からやってるよ。
タッキーがカッコ良すぎる。

フジの月9ドラマ『失恋ショコラティエ』も観ている。
原作マンガは全巻持ってるので、ドラマになって嬉しい。
松潤辺りが主演でドラマやってくれないかなーと思っていたので、
主演が松潤だと知って小躍りしたものだ。

サエコさんが石原さとみなのも嬉しい。
薫子さんが水川あさみってのも、まぁ納得。

だがオリヴィエ、テメーはダメだ。
ウエンツの方が良かったよ…。
和風顔にガッカリだ…。
| 有也 | - | 20:53 | comments(3) |
有也さん、お久しぶりです(o^^o)

私も最近、ゴルフデビューしましたよ!
あまり上手くいかなかったけど
もっと上手に打てるようになったら
すっごい楽しんだろうなぁー(。・w・。)

風邪がはやってるので、気をつけて下さいね
| ブッチ | 2014/01/23 4:33 AM |
あ、新和じゃないですか!
| ぽんた | 2014/02/13 12:56 PM |
>ブッチ
ゴルフデビューしたかー。
最初は当てるだけでも難しいよねー。
インパクトの練習が必要なんだと思うんだ。
あとは最初の頃に、どんなに打ちにくくても
正しいフォームを身につけるよう意識した方がいいらしいね。


>ぽんた
よくわかったな!どんだけ地元なんだ。笑
俺の最寄駅は初芝駅だぞー。
| 有也 >ブッチ >ぽんた | 2014/05/02 1:12 PM |







    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
+ リンク集
+ 著書
LOVE at Night ~ホストに恋した女子高生~
LOVE at Night ~ホストに恋した女子高生~ (JUGEMレビュー »)
有也
 
高校1年生の頃、早く処女を捨てたかった。
周りの子はみんなどんどん『済ませて』行ってた。

「え〜まだしてないの?」
そう言われるのが嫌だった。
私一人がおいてきぼりにされてるような気がしてた。

「早く処女を捨てなきゃ」
そんな焦りを感じてた。

(第一話『おいてきぼり』)
+ 著書
LOVE at Night 2 ~17歳のファーストラブ~
LOVE at Night 2 ~17歳のファーストラブ~ (JUGEMレビュー »)
有也
 
お金もない。
帰る家もない。

私はこれからどうやって生きていけばいいんだろう。
誰かお願いだから私を助けてよ。

とりあえず、新宿まで来たけど寝るトコもない。
警察に行っても家に帰らされるだけだ。
あんな家になんか帰りたくない。

どうしよう。
これからどうしよう。

1人でどうやって生きて行こう。

(第一話『絶望の街角』)
+ 著書
おまえは俺に恋をする
おまえは俺に恋をする (JUGEMレビュー »)
有也
 
俺は【モテ】って言葉が嫌いだ。
本気で惚れた女だけを
確実に落とせるヤツが
一番カッコイイじゃねぇか。

(―はじめに―より)
+ 著書
LOVE at Night 3 ~16:35の鼓動
LOVE at Night 3 ~16:35の鼓動 (JUGEMレビュー »)
有也
 
人生はクソだった。
 
幸せはいつだって掴んだと思っても消えていく、
雪みたいなものだって思って生きてきた。
 
 
誰かと深く関わるのは嫌だった。
誰にも情をかける必要なんて無い。
 
いつか辛い別れが来るだけだから。
 
 
 
不幸の遺伝子で作られた俺は、
大事な人を側に置いちゃいけねぇんだ。
 
 
(冒頭より抜粋)