恋愛エキスパート有也のブログ。

メインHPは『恋愛エキスパート有也の恋愛マニュアル』です。
『LOVE at Night』の感想はメインHPにある専用掲示板にお願いします。
ここでの相談は受け付けてません。詳細はHPへ。
ツイッターやってます。@lovemanual
近況報告で一言。
データはどこまで…。
:解説:
割とご無沙汰になっているので、近況報告的なものを。

前の彼女とは昨年の4月に別れた。
端的に言えば、同情で付き合い始めて、
彼女を闇から救ってやろうなどとおこがましく考え、
自分まで引きずられて、中途半端に介入した結果、余計にこじらせた。

最後の方はお互いに身も心もボロボロだった。
別れた後に一人で大阪の堺市に移った後も、
しばらくは神経がピリピリして、よく寝付けなかった。

まさか自分がそんな風になるとは思っていなかったので驚いた。
学んだところは多かったと思う。
ただ、しなくていい学びだ。
彼女には申し訳ない事をした。


大阪に来て、そろそろ1年。
大阪弁も耳に慣れてきた。
地元のおっちゃんやおばちゃんと話す機会が増えたからか。

大阪のおばちゃんは本当によくお菓子をくれる。
チョコやらクッキーやらケーキやら梅干しやら。

俺のパソコンは最近知り合ったおっちゃんに修理してもらっているのだが、
どうやら完全にHDDが壊れてしまったらしく、
データ復旧はほぼ不可能である事がわかった。

2年ほど前までは外付けHDDにバックアップしてたけど、
最近はやっていなかったので、割と絶望的な状況だ。

HPのデータもHDDに入っていたので、これが本当に痛手だ。
以前にバックアップを取っていた分から戻すとなると、
かなり前の状態に戻ってしまうかもしれない。

とはいえ、ここ数年の更新頻度は少ないから、
全てをコピペで戻したとしても大した量でもなさそうだが。
せいぜい、1日あれば事足りるだろう。だといいな。(希望的観測

パソコンは壊れたHDDを抜いて、代わりにSSD256GBを入れてもらい、
さらにWindows7を入れてもらった。

おかげさまでパワーアップしたパソコンは起動も早い。
ありがたやありがたや。

しかし、諸々のデータは実家にある。
あぁ、面倒くさい。




3月31日は今の彼女の誕生日だ。

今年の正月2日、一緒に高野山に初詣に行ったのだが、
その日の夜に、しつこく口説き倒して彼女がようやく折れた。

彼女と知り合ったのはかなり昔だ。
7年目くらいだろうか。

以前から俺が名古屋によく行っていたのも、
元はと言えば、彼女に会う為だった。
長い長い遠回りをして、ようやく付き合う事になった。

とはいえ、彼女は5月から海外留学だから、
今年のうちに会える日数もあとわずかなんだけど。

そのせいか、最近は時間の進み方が変わった気がする。
楽しい時間はあっという間だ。


| 有也 | 生活 | 01:00 | comments(0) |







  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
+ リンク集
+ 著書
LOVE at Night ~ホストに恋した女子高生~
LOVE at Night ~ホストに恋した女子高生~ (JUGEMレビュー »)
有也
 
高校1年生の頃、早く処女を捨てたかった。
周りの子はみんなどんどん『済ませて』行ってた。

「え〜まだしてないの?」
そう言われるのが嫌だった。
私一人がおいてきぼりにされてるような気がしてた。

「早く処女を捨てなきゃ」
そんな焦りを感じてた。

(第一話『おいてきぼり』)
+ 著書
LOVE at Night 2 ~17歳のファーストラブ~
LOVE at Night 2 ~17歳のファーストラブ~ (JUGEMレビュー »)
有也
 
お金もない。
帰る家もない。

私はこれからどうやって生きていけばいいんだろう。
誰かお願いだから私を助けてよ。

とりあえず、新宿まで来たけど寝るトコもない。
警察に行っても家に帰らされるだけだ。
あんな家になんか帰りたくない。

どうしよう。
これからどうしよう。

1人でどうやって生きて行こう。

(第一話『絶望の街角』)
+ 著書
おまえは俺に恋をする
おまえは俺に恋をする (JUGEMレビュー »)
有也
 
俺は【モテ】って言葉が嫌いだ。
本気で惚れた女だけを
確実に落とせるヤツが
一番カッコイイじゃねぇか。

(―はじめに―より)
+ 著書
LOVE at Night 3 ~16:35の鼓動
LOVE at Night 3 ~16:35の鼓動 (JUGEMレビュー »)
有也
 
人生はクソだった。
 
幸せはいつだって掴んだと思っても消えていく、
雪みたいなものだって思って生きてきた。
 
 
誰かと深く関わるのは嫌だった。
誰にも情をかける必要なんて無い。
 
いつか辛い別れが来るだけだから。
 
 
 
不幸の遺伝子で作られた俺は、
大事な人を側に置いちゃいけねぇんだ。
 
 
(冒頭より抜粋)