恋愛エキスパート有也のブログ。

メインHPは『恋愛エキスパート有也の恋愛マニュアル』です。
『LOVE at Night』の感想はメインHPにある専用掲示板にお願いします。
ここでの相談は受け付けてません。詳細はHPへ。
ツイッターやってます。@lovemanual
ジョージ朝倉『溺れるナイフ』最終巻で一言。
終わっちゃった…。
:解説:
ジョージ朝倉『溺れるナイフ』最終巻を読み終わった。

これは殿堂入りマンガリストの中でも、
間違いなくトップランクに属するマンガだ。

ジョージ朝倉はド天才。
マジでオススメ。

こんな名作を一冊400円台で買えるって、
本当に安いと思うんですよ、奥さん。

全部で17巻あるよ。
俺はもちろん全巻持ってるよ。

溺れるナイフ(1) (講談社コミックスフレンド B)
溺れるナイフ(2) (講談社コミックスフレンド B)
溺れるナイフ(3) (講談社コミックスフレンド B)
溺れるナイフ(4) (講談社コミックスフレンド B)
溺れるナイフ(5) (講談社コミックスフレンド B)
溺れるナイフ(6) (講談社コミックスフレンド B)
溺れるナイフ(7) (講談社コミックスフレンド B)
溺れるナイフ(8) (講談社コミックスフレンド B)
溺れるナイフ(9) (講談社コミックスフレンド B)
溺れるナイフ(10) (講談社コミックスフレンド B)
溺れるナイフ(11) (講談社コミックスフレンド B)
溺れるナイフ(12) (講談社コミックスフレンド B)
溺れるナイフ(13) (講談社コミックスフレンド B)
溺れるナイフ(14) (講談社コミックスフレンド B)
溺れるナイフ(15) (講談社コミックスフレンド B)
溺れるナイフ(16) (講談社コミックスフレンド B)
溺れるナイフ(17)<完> (講談社コミックスフレンド B)
| 有也 | マンガ | 23:36 | comments(3) |
溺れるナイフは有也さんのレビューで、感情型としていつかは読むべき物だろうなと思ってました。お金に余裕があればいいんですがw多分いつかは読む予定。
銃夢も今月で完結しますね。

関係ないんですが、90年代の音楽のトップアーティストって素晴らしいと思います。
俺が断トツで一番好きなのはSIAM SHADEなんですけど、イエモン、ジュディマリ、川本真琴、TMR、等々…。こうして見るとるろうに剣心のタイアップにはずれがない法則に気付きました。

PC買い替えでレンタルしてた曲が消えてたんですが、以前聞いてたイエモンのSICKSが急に聞きたくなって、CD買いました。天国旅行良いですよね!最後の心地よいメロディーとか。

イエモンって正直自分には合わないというか・・・毒が強すぎるって感じがするんですよね。

あ、自分の音楽の聴き方なんですが、その時々の気分によって あ、今この曲聞いたら気持ちいだろうな、とか
良い影響与えられるなって、これが必要だなってのが直観でなんとなくわかるのでそういう時に聞いてますね。で、一回聞いたら満足しちゃうのでずっとリピートするのはあんまりないです。

多分有也さんの影響がなかったらイエモン知らないで生きてたんだろうなーって思いました。SIAMから関連動画でイエモンに飛ぶ事はまずないし・・・。自分には合わないんだろうな、って感じにも思ってたんですが、でも今自分は、天国旅行聞きたいって思ってこの曲の良さに気付いたり、もちろん他の曲にもそれぞれ良さがあって素晴らしいなと思います。

なので、食わず嫌いするべきではないなーと思いました。色んな楽曲を聞いておきさえすれば、後からこれが必要だってのがでてくるから、良い音楽を聴く事は人生を少しは豊かにしてくれるんだと思います。


文章が中学レベルなのは、仕様です笑
自分もまだまだ勉強不足だし精神レベルも中学レベルな気もするような。地方にでも行けば話は別かもしれないですが・・・。今は杉並区に住んでます。後から知ったんですが、有也さんも杉並区育ちとか。有也さんの方向を真似てるわけではないとは思いますが・・・良い街ですね。
| ko-ta | 2014/04/05 4:55 AM |
>ko-ta
銃夢はLOになってから蛇足も増えた気がする。
俺はオリジナル版だけでいいや。一応、読むけど。

>SIAM SHADE、イエモン、ジュディマリ、川本真琴、TMR
>剣心のタイアップにはずれがない

タイアップは商業主義的な都合で、
その曲が“良い”から“選ぶ”わけでもない。
結果論じゃないかな。

それ以前に、世界的に有名なアーティストの曲を聴いておいた方がいい。
1970年代からの洋楽ランキングTOP10を1年ごとに1990年くらいまで聴いてみ。

杉並区も広いからな。
俺が育ったのは地下鉄丸ノ内線とJR中央線の沿線だ。
なので、京王線方面はさっぱり。
| 有也 >ko-ta | 2014/05/02 1:57 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2018/05/14 2:26 AM |







1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
+ リンク集
+ 著書
LOVE at Night ~ホストに恋した女子高生~
LOVE at Night ~ホストに恋した女子高生~ (JUGEMレビュー »)
有也
 
高校1年生の頃、早く処女を捨てたかった。
周りの子はみんなどんどん『済ませて』行ってた。

「え〜まだしてないの?」
そう言われるのが嫌だった。
私一人がおいてきぼりにされてるような気がしてた。

「早く処女を捨てなきゃ」
そんな焦りを感じてた。

(第一話『おいてきぼり』)
+ 著書
LOVE at Night 2 ~17歳のファーストラブ~
LOVE at Night 2 ~17歳のファーストラブ~ (JUGEMレビュー »)
有也
 
お金もない。
帰る家もない。

私はこれからどうやって生きていけばいいんだろう。
誰かお願いだから私を助けてよ。

とりあえず、新宿まで来たけど寝るトコもない。
警察に行っても家に帰らされるだけだ。
あんな家になんか帰りたくない。

どうしよう。
これからどうしよう。

1人でどうやって生きて行こう。

(第一話『絶望の街角』)
+ 著書
おまえは俺に恋をする
おまえは俺に恋をする (JUGEMレビュー »)
有也
 
俺は【モテ】って言葉が嫌いだ。
本気で惚れた女だけを
確実に落とせるヤツが
一番カッコイイじゃねぇか。

(―はじめに―より)
+ 著書
LOVE at Night 3 ~16:35の鼓動
LOVE at Night 3 ~16:35の鼓動 (JUGEMレビュー »)
有也
 
人生はクソだった。
 
幸せはいつだって掴んだと思っても消えていく、
雪みたいなものだって思って生きてきた。
 
 
誰かと深く関わるのは嫌だった。
誰にも情をかける必要なんて無い。
 
いつか辛い別れが来るだけだから。
 
 
 
不幸の遺伝子で作られた俺は、
大事な人を側に置いちゃいけねぇんだ。
 
 
(冒頭より抜粋)