恋愛エキスパート有也のブログ。

メインHPは『恋愛エキスパート有也の恋愛マニュアル』です。
『LOVE at Night』の感想はメインHPにある専用掲示板にお願いします。
ここでの相談は受け付けてません。詳細はHPへ。
ツイッターやってます。@lovemanual
淡路島で一言。
おぉ〜、すごいな。
:解説:
彼女と丸一日過ごせるのは本当に久しぶりだ。
いつもは半日くらいしか過ごせないのだから。

待ちに待った今日はどこに行こうかと考えた末に、
昨晩のTVで特集していた淡路島に行くことにした。

310号線〜中央環状線〜高速湾岸線〜第二神明を走って、
明石海峡大橋を渡り、淡路SAへ。



観覧車が付いている、ちょっと珍しいSAだ。
観覧車に乗らなくても、SAが割と高い位置にあるので、見晴らしは良い。

明石方面を望む。
左は花を撮っている彼女。


淡路島の玉ねぎは糖度10らしいので、
玉ねぎ天を食べてみることにした。


うん、普通。
取り立てて美味くはない。

淡路SA下り⇔淡路ハイウェイオアシス⇔淡路SA上り間は
自由に行き来が出来るらしい。

なので、ひとまずオアシスに行ってみる事にした。
そして、この選択が大正解だった。

オアシスでは玉ねぎスープなどが試飲できる。
玉ねぎドレッシングとスライスオニオンの試食もできる。


そして、このオアシスの裏は広大な公園になっているのだ。


平日の昼間だからか、人が全くいない。
貸し切り状態だった。

しばらく歩いて行くと、
満開のソメイヨシノが出迎えてくれた。


堺市近辺は散り始めの葉桜になっていたので、
お花見は少し諦めかけていただけに嬉しかった。

奥の方にはローラー滑り台やアスレチックがあって、
子どもを遊ばせているお母さんたちが5人くらい居た。


そして、さらに奥に行くと、一面の桜スポットがあった。


ここの桜はわざと太い枝を切って、
あまり高くならないようにしてあった。
そのため、手の届くような位置にばかり桜が咲いていた。

ここは本当にオススメしたい。


公園を満喫した後はオアシスを出て、
下道にある道の駅で“めで鯛たこ天丼”を食べた。
鯛とタコの天丼だ。


SAに比べて、玉ねぎがめちゃくちゃ安い。
というよりも、SAがボリ過ぎのようだ。
値段が3倍くらい違った。

道の駅の休憩所には、淡路の方言が貼ってあった。
その中から一枚を紹介しておこう。


地場野菜などを買うなら、SAよりも道の駅がオススメ。

今日は充実した一日だった。
のんびり出来る淡路に、またいつか来たいなぁ。
| 有也 | 旅行 | 20:58 | comments(0) |







1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
+ リンク集
+ 著書
LOVE at Night ~ホストに恋した女子高生~
LOVE at Night ~ホストに恋した女子高生~ (JUGEMレビュー »)
有也
 
高校1年生の頃、早く処女を捨てたかった。
周りの子はみんなどんどん『済ませて』行ってた。

「え〜まだしてないの?」
そう言われるのが嫌だった。
私一人がおいてきぼりにされてるような気がしてた。

「早く処女を捨てなきゃ」
そんな焦りを感じてた。

(第一話『おいてきぼり』)
+ 著書
LOVE at Night 2 ~17歳のファーストラブ~
LOVE at Night 2 ~17歳のファーストラブ~ (JUGEMレビュー »)
有也
 
お金もない。
帰る家もない。

私はこれからどうやって生きていけばいいんだろう。
誰かお願いだから私を助けてよ。

とりあえず、新宿まで来たけど寝るトコもない。
警察に行っても家に帰らされるだけだ。
あんな家になんか帰りたくない。

どうしよう。
これからどうしよう。

1人でどうやって生きて行こう。

(第一話『絶望の街角』)
+ 著書
おまえは俺に恋をする
おまえは俺に恋をする (JUGEMレビュー »)
有也
 
俺は【モテ】って言葉が嫌いだ。
本気で惚れた女だけを
確実に落とせるヤツが
一番カッコイイじゃねぇか。

(―はじめに―より)
+ 著書
LOVE at Night 3 ~16:35の鼓動
LOVE at Night 3 ~16:35の鼓動 (JUGEMレビュー »)
有也
 
人生はクソだった。
 
幸せはいつだって掴んだと思っても消えていく、
雪みたいなものだって思って生きてきた。
 
 
誰かと深く関わるのは嫌だった。
誰にも情をかける必要なんて無い。
 
いつか辛い別れが来るだけだから。
 
 
 
不幸の遺伝子で作られた俺は、
大事な人を側に置いちゃいけねぇんだ。
 
 
(冒頭より抜粋)