恋愛エキスパート有也のブログ。

メインHPは『恋愛エキスパート有也の恋愛マニュアル』です。
『LOVE at Night』の感想はメインHPにある専用掲示板にお願いします。
ここでの相談は受け付けてません。詳細はHPへ。
ツイッターやってます。@lovemanual
お好み焼きで一言。
美味しい。
:解説:
家に帰ると、彼女が晩ご飯を作ってくれていた。
今日の晩ご飯はお好み焼き。

本当は昨日やろうと言っていたのだが、
疲れていたので中百舌鳥にある丸亀製麺でうどんにしたのだ。

ちなみに彼女の実家は飲食店。
実家で作った惣菜を持ってきてもらったこともある。
ナスの煮物が特に好きだ。

彼女が作ったものを食べるのは3回目かな?
最初に食べたのは今年のバレンタインに貰ったチョコケーキ。


売り物かと見紛うほどの出来栄えで、味も素晴らしかった。
中にはマスカルポーネやラズベリーソースが入っていた。
お金取れるレベル。

あぁ、今度はチーズケーキがいいなぁ、
(などと、密かにブログ経由でねだってみる)

関係無いけど、たこ焼き食べたい。
たこパしたいなぁ。久々に。
| 有也 | メシ | 23:01 | comments(0) |







1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
+ リンク集
+ 著書
LOVE at Night ~ホストに恋した女子高生~
LOVE at Night ~ホストに恋した女子高生~ (JUGEMレビュー »)
有也
 
高校1年生の頃、早く処女を捨てたかった。
周りの子はみんなどんどん『済ませて』行ってた。

「え〜まだしてないの?」
そう言われるのが嫌だった。
私一人がおいてきぼりにされてるような気がしてた。

「早く処女を捨てなきゃ」
そんな焦りを感じてた。

(第一話『おいてきぼり』)
+ 著書
LOVE at Night 2 ~17歳のファーストラブ~
LOVE at Night 2 ~17歳のファーストラブ~ (JUGEMレビュー »)
有也
 
お金もない。
帰る家もない。

私はこれからどうやって生きていけばいいんだろう。
誰かお願いだから私を助けてよ。

とりあえず、新宿まで来たけど寝るトコもない。
警察に行っても家に帰らされるだけだ。
あんな家になんか帰りたくない。

どうしよう。
これからどうしよう。

1人でどうやって生きて行こう。

(第一話『絶望の街角』)
+ 著書
おまえは俺に恋をする
おまえは俺に恋をする (JUGEMレビュー »)
有也
 
俺は【モテ】って言葉が嫌いだ。
本気で惚れた女だけを
確実に落とせるヤツが
一番カッコイイじゃねぇか。

(―はじめに―より)
+ 著書
LOVE at Night 3 ~16:35の鼓動
LOVE at Night 3 ~16:35の鼓動 (JUGEMレビュー »)
有也
 
人生はクソだった。
 
幸せはいつだって掴んだと思っても消えていく、
雪みたいなものだって思って生きてきた。
 
 
誰かと深く関わるのは嫌だった。
誰にも情をかける必要なんて無い。
 
いつか辛い別れが来るだけだから。
 
 
 
不幸の遺伝子で作られた俺は、
大事な人を側に置いちゃいけねぇんだ。
 
 
(冒頭より抜粋)