恋愛エキスパート有也のブログ。

メインHPは『恋愛エキスパート有也の恋愛マニュアル』です。
『LOVE at Night』の感想はメインHPにある専用掲示板にお願いします。
ここでの相談は受け付けてません。詳細はHPへ。
ツイッターやってます。@lovemanual
iPhone失くして一言。
やべぇ!どこだ!?
:解説:
信号が変わりそうなタイミングで、
知人の車を慌てて降りた。

「Phone1 disconnected」
とBluetoothイヤホンがiPhoneとの接続が切れた事を告げてきた。

知人の車にiPhoneを忘れたのだと思い、慌てて彼を呼び止める。
一緒に車内を探すものの、一向に見つからない。

電話をかけてもらうと、通信が途切れ途切れになっていた。
これは少し離れた距離にある証拠だ。

しばらく掛けてもらいながら、
車を降りた方向に歩いて行くと、
通信状況が良くなっていた。

「こっちの方向かな?」
下を見ながら歩いて行くと、確かに音はする。

「あっ!あった!」
建物の窓枠のところに俺のiPhoneは置いてあった。

手に取って見ると、ケースにはタイヤ痕が。
「うわ、轢かれてるよ!」
車に轢かれていたのを誰かが拾って避難させてくれたようだ。

車に轢かれたんじゃ、さすがにどこかヒビでも入ってるだろうな…。
嫌な予感しかしなかった。

ところが、チェックしてみると、
わずかにケースのシリコンゴムが剥がれただけで、
ヒビ割れもなく、キズも付いていなかった。

なんという不幸中の幸い。
そんな俺のiPhone5を護ってくれたのは、
こちらのケースです。


以前は釣り堀に落としたけど、水一滴も入ってこなかった、
そんなタフな防水防塵耐衝撃ケース。
それがLIFEPROOF。(もはやCM)

【日本正規代理店品・保証付】LIFEPROOF 防水防塵耐衝撃ケース LifeProof fre iPhone5/5s Black ブラック 2101-01
【日本正規代理店品・保証付】LIFEPROOF 防水防塵耐衝撃ケース LifeProof fre iPhone5/5s Black ブラック 2101-01

ネットではニセモノが多いみたいなので注意してね。
以前はソフトバンク銀座やビッグカメラ秋葉原店にもあったよ。
今もあるかはわからないけど。

このケースはマジでオススメ。
2回も救ってくれた。

たとえ有料のApple care(8800円)に入っていても、壊れたら保証してくれるけど、
データはまっさらになっちゃうもんね。

このケースも同じくらいの値段だけど、
それだけの価値はあったと思うんだ。
多分、新しいiPhoneを買ったとしてもLIFEPROOFは使い続けると思う。

釣り堀に落としても、車に轢かれても大丈夫!
まぁ、次に同じ事をしたら大丈夫じゃなさそうだけど。
買い直そうかな…。
| 有也 | iPhone5 | 23:15 | comments(0) |







 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
+ リンク集
+ 著書
LOVE at Night ~ホストに恋した女子高生~
LOVE at Night ~ホストに恋した女子高生~ (JUGEMレビュー »)
有也
 
高校1年生の頃、早く処女を捨てたかった。
周りの子はみんなどんどん『済ませて』行ってた。

「え〜まだしてないの?」
そう言われるのが嫌だった。
私一人がおいてきぼりにされてるような気がしてた。

「早く処女を捨てなきゃ」
そんな焦りを感じてた。

(第一話『おいてきぼり』)
+ 著書
LOVE at Night 2 ~17歳のファーストラブ~
LOVE at Night 2 ~17歳のファーストラブ~ (JUGEMレビュー »)
有也
 
お金もない。
帰る家もない。

私はこれからどうやって生きていけばいいんだろう。
誰かお願いだから私を助けてよ。

とりあえず、新宿まで来たけど寝るトコもない。
警察に行っても家に帰らされるだけだ。
あんな家になんか帰りたくない。

どうしよう。
これからどうしよう。

1人でどうやって生きて行こう。

(第一話『絶望の街角』)
+ 著書
おまえは俺に恋をする
おまえは俺に恋をする (JUGEMレビュー »)
有也
 
俺は【モテ】って言葉が嫌いだ。
本気で惚れた女だけを
確実に落とせるヤツが
一番カッコイイじゃねぇか。

(―はじめに―より)
+ 著書
LOVE at Night 3 ~16:35の鼓動
LOVE at Night 3 ~16:35の鼓動 (JUGEMレビュー »)
有也
 
人生はクソだった。
 
幸せはいつだって掴んだと思っても消えていく、
雪みたいなものだって思って生きてきた。
 
 
誰かと深く関わるのは嫌だった。
誰にも情をかける必要なんて無い。
 
いつか辛い別れが来るだけだから。
 
 
 
不幸の遺伝子で作られた俺は、
大事な人を側に置いちゃいけねぇんだ。
 
 
(冒頭より抜粋)