恋愛エキスパート有也のブログ。

メインHPは『恋愛エキスパート有也の恋愛マニュアル』です。
『LOVE at Night』の感想はメインHPにある専用掲示板にお願いします。
ここでの相談は受け付けてません。詳細はHPへ。
ツイッターやってます。@lovemanual
お酒で一言。
あ、吉四六。
:解説:
最近、知人の入籍祝いに酒を贈った。

夫婦揃って酒が好きなので、
花よりは酒の方が喜ばれるだろうという理由だ。

最初は貴腐ワインを贈ろうと思ったのだが、
近隣の酒屋では置いてなかったのと、
量的に少ないからイマイチかなと思い直して、アイスヴァインを選んだ。

『秋篠宮様がパーティーで飲んだ』とかキャッチコピーが書かれていたので、
まぁ多少は良いところの酒なのかなと思ったのだ。
(皇室日記かなんかでそのシーンを観た気もしたし)

知人は「甘くてうまかったで。」と言ってくれた。
新たな酒の世界を知って喜んでくれたのかもしれない。


また、今日はセブンイレブンで吉四六を見かけた。
吉四六がコンビニに置いてあるのは珍しい気がする。



この酒は大分麦焼酎『二階堂』の上位版。
飲み比べなどせずとも、違いがわかる呑みやすさ。


俺は水商売上がりで、一時期は毎日酒を飲んでいた。
学生時代から酒は強かったが、実はそんなに酒が好きなわけではない。

昔はそんなことは無かったが、酒を飲むと疲れるのだ。
身体が熱くなって疲れるし、寝付きも悪くなる。

翌日になると頭が痛くなったり、
頭が重くなったりするようになった。
常習的に飲んでいた水商売時代にはそんな事はなかった。

それに、水商売上がりだからだろうか、
『お金も貰えないのに飲んでもしょうがない』という発想もどこかにある。

お酒を飲む≒稼ぐための手段 であり、
楽しくなるから飲む、という発想は薄いのかもしれない。

最近は飲んでもせいぜいビールかカクテルだ。
目上の人との飲みニュケーションとしては、ビールを飲んでればいいだろう。
出来れば、瓶ビールで注ぎ合って飲みたい。

バカ呑みはしたくない。
デメリットが多いからだ。

あ、なんか守りに入ってるくさいね。笑
しかし、健康第一だよ。ウンウン。

最近、知り合った人も糖尿病で大変そうだったし。
みんなも呑み過ぎには気を付けて。

糖尿病になると、運動もしなきゃだし、
糖分を摂り過ぎないように気を付けてないといけないし。
| 有也 | 生活 | 23:20 | comments(0) |







      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
+ リンク集
+ 著書
LOVE at Night ~ホストに恋した女子高生~
LOVE at Night ~ホストに恋した女子高生~ (JUGEMレビュー »)
有也
 
高校1年生の頃、早く処女を捨てたかった。
周りの子はみんなどんどん『済ませて』行ってた。

「え〜まだしてないの?」
そう言われるのが嫌だった。
私一人がおいてきぼりにされてるような気がしてた。

「早く処女を捨てなきゃ」
そんな焦りを感じてた。

(第一話『おいてきぼり』)
+ 著書
LOVE at Night 2 ~17歳のファーストラブ~
LOVE at Night 2 ~17歳のファーストラブ~ (JUGEMレビュー »)
有也
 
お金もない。
帰る家もない。

私はこれからどうやって生きていけばいいんだろう。
誰かお願いだから私を助けてよ。

とりあえず、新宿まで来たけど寝るトコもない。
警察に行っても家に帰らされるだけだ。
あんな家になんか帰りたくない。

どうしよう。
これからどうしよう。

1人でどうやって生きて行こう。

(第一話『絶望の街角』)
+ 著書
おまえは俺に恋をする
おまえは俺に恋をする (JUGEMレビュー »)
有也
 
俺は【モテ】って言葉が嫌いだ。
本気で惚れた女だけを
確実に落とせるヤツが
一番カッコイイじゃねぇか。

(―はじめに―より)
+ 著書
LOVE at Night 3 ~16:35の鼓動
LOVE at Night 3 ~16:35の鼓動 (JUGEMレビュー »)
有也
 
人生はクソだった。
 
幸せはいつだって掴んだと思っても消えていく、
雪みたいなものだって思って生きてきた。
 
 
誰かと深く関わるのは嫌だった。
誰にも情をかける必要なんて無い。
 
いつか辛い別れが来るだけだから。
 
 
 
不幸の遺伝子で作られた俺は、
大事な人を側に置いちゃいけねぇんだ。
 
 
(冒頭より抜粋)