恋愛エキスパート有也のブログ。

メインHPは『恋愛エキスパート有也の恋愛マニュアル』です。
『LOVE at Night』の感想はメインHPにある専用掲示板にお願いします。
ここでの相談は受け付けてません。詳細はHPへ。
ツイッターやってます。@lovemanual
変わった乗り物で一言。
あれ、なんだろ?
:解説:
彼女がオーストラリア留学するまで、
あと1週間ほど。

今日は車で名古屋まで彼女を迎えに行って、
彼女が知人に教えてもらったという店でランチ。

うさぎやHANAREというお店。
お昼のランチ1500円。


基本的にランチは1種類しかなく、
プラス200円とかでデザート付き、刺身付きになる。
これは上手いやり方だわ。

最初にお茶と美容酢とやらが出てくる。






こうやって色んな物を少しずつ食べるのって、
なんか大人になると好きになって来るよねぇ…。

小さい頃、お弁当を買うとなると、
俺には唐揚げ弁当以外の選択肢は無かったけど、
オカンはいつも幕の内弁当を買っていた。
色んなのをちょこちょこつまめるのがいいらしい。

子どもの頃は理解出来なかったが、
大人になると栄養バランスだとかカロリーだとかを考えて、
油モノよりも煮物みたいな思考にもなって、
幕の内弁当を選ぶ事になるんだなぁとわかるようになった。

デニーズに行っても、もうジャンバラヤを食べる事は無いかもしれない。
あれ、ジャンバラヤって今もあるのかな。


ご飯を食べた後、栄駅の方面へ向かった。

道すがら、なんだか変わった乗り物があった。
(写真はちょっと見づらいかもしれないが、ゴルフカートくらいのサイズ)


最近の彼女のマイブームはテキトーに答えること。
なので、あえて聞いてみた。

「あれ、なんだろ?」
「あれはねぇ…乗るやつ。笑」
「わかってるし!笑 」
「乗るやつだよ。(ドヤ顔)」
「なんだそのテキトーな答え。笑」

思ったより面白い答えに、しばらくツボってしまった。


栄では彼女のリュックを探しにアウトドアショップを巡る。
しかし、栄周辺の駐車場の高いこと!
結局、サンシャイン栄の西側にある上限1400円の駐車場に止めた。

錦の方にあるアウトドアショップが水曜日休みだったので、
マルエイの裏の方にある好日山荘へ。

リュックの大きさって単位がリットルなんだね。初めて知ったわ。
結局、彼女は25リットルくらいのパックを購入。
ノーパソと教科書なんかが入る大きめのがいいらしい。

夜は彼女の知人のお店へ。


「…大丈夫?」と言いたくなるくらいしっかりしてない店だった。
文化祭2日目くらいのレベル。

「大丈夫?って感じのお店だったね。」
彼女「手伝ってあげたくなったよ。」

そんなお店が伏見辺りにあります。


店に向かう途中、彼女が歌っていた歌。
「ポリンキー、ポリンキー、サクサクサクサクポリンキー、
ポリンキー、ポリンキー、サクサクサクサクポリンキー、
どうしてそんなに美味しいの?ナイショだよ。」


「なんか、色々違う気がするけど。笑」
「合ってるよー!」
「ポリンキー、ポリンキー、三角形の秘密はね、
ポリンキー、ポリンキー、美味しさの秘密はね、
教えてあげないよ、ジャン!だよ。

「あ、なんか合ってるっぽいね。笑」

彼女は普段、しっかりしていて、テキトーな事は言わないけど、
一緒に居ると甘えてテキトーなことを言って楽しくさせてくれる。
| 有也 | 生活 | 23:35 | comments(1) |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2018/05/07 8:17 PM |







  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
+ リンク集
+ 著書
LOVE at Night ~ホストに恋した女子高生~
LOVE at Night ~ホストに恋した女子高生~ (JUGEMレビュー »)
有也
 
高校1年生の頃、早く処女を捨てたかった。
周りの子はみんなどんどん『済ませて』行ってた。

「え〜まだしてないの?」
そう言われるのが嫌だった。
私一人がおいてきぼりにされてるような気がしてた。

「早く処女を捨てなきゃ」
そんな焦りを感じてた。

(第一話『おいてきぼり』)
+ 著書
LOVE at Night 2 ~17歳のファーストラブ~
LOVE at Night 2 ~17歳のファーストラブ~ (JUGEMレビュー »)
有也
 
お金もない。
帰る家もない。

私はこれからどうやって生きていけばいいんだろう。
誰かお願いだから私を助けてよ。

とりあえず、新宿まで来たけど寝るトコもない。
警察に行っても家に帰らされるだけだ。
あんな家になんか帰りたくない。

どうしよう。
これからどうしよう。

1人でどうやって生きて行こう。

(第一話『絶望の街角』)
+ 著書
おまえは俺に恋をする
おまえは俺に恋をする (JUGEMレビュー »)
有也
 
俺は【モテ】って言葉が嫌いだ。
本気で惚れた女だけを
確実に落とせるヤツが
一番カッコイイじゃねぇか。

(―はじめに―より)
+ 著書
LOVE at Night 3 ~16:35の鼓動
LOVE at Night 3 ~16:35の鼓動 (JUGEMレビュー »)
有也
 
人生はクソだった。
 
幸せはいつだって掴んだと思っても消えていく、
雪みたいなものだって思って生きてきた。
 
 
誰かと深く関わるのは嫌だった。
誰にも情をかける必要なんて無い。
 
いつか辛い別れが来るだけだから。
 
 
 
不幸の遺伝子で作られた俺は、
大事な人を側に置いちゃいけねぇんだ。
 
 
(冒頭より抜粋)