恋愛エキスパート有也のブログ。

メインHPは『恋愛エキスパート有也の恋愛マニュアル』です。
『LOVE at Night』の感想はメインHPにある専用掲示板にお願いします。
ここでの相談は受け付けてません。詳細はHPへ。
ツイッターやってます。@lovemanual
御在所SAで一言。
でっかいねぇ。
:解説:
彼女を名古屋から大阪に連れ帰る途中、御在所SAに立ち寄った。



彼女は花見団子が好きらしい。
見た目に華やかで、気分が上がるからだろうか。

俺は団子といえば、磯辺団子しか食べない。
醤油味で海苔巻いてるやつ。

しかし、ワンパターンだ。
そのうち花見団子もいつか食べてみよう。


御在所SAに立ち寄った理由は、名物のメロンパン。
思ってたよりもでっかい。


小腹が空いたので、地雷也の高菜天むすを食べることにした。
彼女はさっきのメロンパンの店で松阪牛コロッケバーガー。

まぁ、普通のコロッケだったらしい。
ネーミングに騙されたと言っていた。
うんうん、そんなもんだよ。

御在所SAから出て、東名阪道が終わると名阪国道。
その名阪国道をしばらく走ると通りかかるのが伊賀ドライブイン。

伊賀というからには、忍者モノがあるんだろう。
彼女とハットリくんの話をしていたこともあって、
伊賀ドライブインに立ち寄ってみることにした。

しかし、忍者要素はゼロ。
メシは安い。御在所SAの半額くらい。
だけど、肝心な忍者要素が全然無い。

トイレに自信があるらしく、『大理石のトイレ』と書いてあったけど、
ウォッシュレットも付いてない、和式だらけのトイレ。
しかも、別にキレイでもない。
むしろ、山奥の合宿所並に暗い。

「なんか…違ったね…。」
そう言って伊賀ドライブインを出ると、
直後に『道の駅 伊賀』があった。

「ちょっとリベンジしてみようか。」と入ってみると、
なんだかここもそんなに忍者要素は無かった。

「こりゃダメだ。帰ろう。」と家路を急いだ。

いつもは長く感じられる名阪国道だけど、
彼女と走っているとあっという間だった。
途中で伊賀に寄ったのも大きいかもしれない。

いつもは大阪→名古屋間を休み無しにぶっ続けで2時間半走るのだが、
長時間の運転は身体が疲れてどうも困ったものだ。
しかし、今回はそういった疲れも少なかった。

家に帰ってからは録画してある朝ドラなんかを観たり、
イチャイチャしたりしていたのだが、
時間が本当に驚くほど早く過ぎていた。

彼女と居ると体感時間が5倍速くらいになってる気がする。
時計の針が隙を見て急いでるんじゃないだろうか。
そんな風に考えていた。

色んなところに連れて行きたいけれど、
彼女がオーストラリアに旅立つまでの時間はもうあまりない。
| 有也 | 生活 | 23:15 | comments(0) |







    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
+ リンク集
+ 著書
LOVE at Night ~ホストに恋した女子高生~
LOVE at Night ~ホストに恋した女子高生~ (JUGEMレビュー »)
有也
 
高校1年生の頃、早く処女を捨てたかった。
周りの子はみんなどんどん『済ませて』行ってた。

「え〜まだしてないの?」
そう言われるのが嫌だった。
私一人がおいてきぼりにされてるような気がしてた。

「早く処女を捨てなきゃ」
そんな焦りを感じてた。

(第一話『おいてきぼり』)
+ 著書
LOVE at Night 2 ~17歳のファーストラブ~
LOVE at Night 2 ~17歳のファーストラブ~ (JUGEMレビュー »)
有也
 
お金もない。
帰る家もない。

私はこれからどうやって生きていけばいいんだろう。
誰かお願いだから私を助けてよ。

とりあえず、新宿まで来たけど寝るトコもない。
警察に行っても家に帰らされるだけだ。
あんな家になんか帰りたくない。

どうしよう。
これからどうしよう。

1人でどうやって生きて行こう。

(第一話『絶望の街角』)
+ 著書
おまえは俺に恋をする
おまえは俺に恋をする (JUGEMレビュー »)
有也
 
俺は【モテ】って言葉が嫌いだ。
本気で惚れた女だけを
確実に落とせるヤツが
一番カッコイイじゃねぇか。

(―はじめに―より)
+ 著書
LOVE at Night 3 ~16:35の鼓動
LOVE at Night 3 ~16:35の鼓動 (JUGEMレビュー »)
有也
 
人生はクソだった。
 
幸せはいつだって掴んだと思っても消えていく、
雪みたいなものだって思って生きてきた。
 
 
誰かと深く関わるのは嫌だった。
誰にも情をかける必要なんて無い。
 
いつか辛い別れが来るだけだから。
 
 
 
不幸の遺伝子で作られた俺は、
大事な人を側に置いちゃいけねぇんだ。
 
 
(冒頭より抜粋)