恋愛エキスパート有也のブログ。

メインHPは『恋愛エキスパート有也の恋愛マニュアル』です。
『LOVE at Night』の感想はメインHPにある専用掲示板にお願いします。
ここでの相談は受け付けてません。詳細はHPへ。
ツイッターやってます。@lovemanual
引越し準備で一言。
ソフトクリーム、ビフめし、つけ麺…。
:解説:
いよいよ、大阪ともお別れだ。

とはいえ、引越し準備がさっぱり終わっていない。
ダンボール5箱ほど詰めた段階で、なぜかマンガを読み始める始末。
気が付けばもう寝る時間だ。

おかしい。
クリーニング屋に行って、ダイエーでダンボールをもらったのが昼過ぎ、
家に帰ってメシ食って、ダンボールに荷物を詰めてたのは15時くらい。
そこから何故か時間が吹っ飛んだのだ。

断片的に、マンガやテレビを観たような記憶はあるが、
それでも21:30にまで吹っ飛ばすなんてヒドイ。

時間を司る神が居たとしたら、そいつは意地悪に違いない。
時間の神って、クロノスとかだっけ?
クロノスめ!笑


さて、堺市に来てから知った食べ物で、
これは堺市近辺に来たら食べた方がいいよ、というもの。

・新泉牛乳のソフトクリーム(ミルクレット)
・ビフめし(ひだまり庵)
・つけ麺(綿麺)

ミルクレットは土塔町や土師町のLAWSON横にある。
ひだまり庵は甲斐町東の開口神社向かいにある。
綿麺は松原市の山崎パン工場前。

堺市近辺に行った際には是非。
| 有也 | 生活 | 10:19 | comments(7) |
追記
ちなみにアイスクリーム10なので、新泉牛乳のアイスがとっても気になりますo(>_<)o
| ゆか | 2014/06/02 2:20 PM |
時間の神様とばっちりだ笑
大阪に行く機会あって覚えてたらソフトクリーム買おー。見た目普通なのに絶賛されてるのが気になる。

有也さんはHP立ち上げてからも、クリアしたわけじゃなくて、自分と戦い続けてたのかな、やっぱり。結構有也さんの年齢とその時にしてた事等指標にしてたりします。まぁ俺とはタイプが違うので結構対照的に見てる所もあるし、そういう法則性を見つけつつ参考にしてる。

そうなると俺はまだまだこれからなんだろうな・・・。まぁいいけどさ。でも有也さん、今の彼女さんと付き合い始めたのが要因かはわかりませんがブログの文章見る限りさらに落ち着いていってるのかなーなんて予想して少し勝手に嬉しがっていたりします笑

とりあえず死ぬまで自分と戦い続ける覚悟はもう出来てるかな、自分。

ここには本当の事かけるからいいなー。
| ko-ta | 2014/06/06 5:46 AM |
(´・_・`) 笑。
| 葵 | 2014/06/07 2:10 AM |
自分を変えるきっかけを与えてくれる女性、いました。
受験が終わったらまた報告させてください。
| ko-ta | 2014/06/11 5:26 AM |
こんばんは。

食べるの好きなので、今度、大阪へ行ったら食べに行ってみたいと思います。

ビフめし、美味しそうです。
以前は丼ものもやっていたみたいですが、今は無いみたいです。残念です。
| ゆら | 2014/06/12 7:59 PM |
>ゆか
新泉牛乳のソフトはオススメ。
東京に帰ってきてからニッセイのミュクレを食べたけど、
以前はミュクレでもかなり美味しく感じられたのに、
新泉牛乳のソフトクリームに慣れた舌では物足りなかった。
いや、ぶっちゃけ牧場のソフトクリームなら大抵美味いと思うけど。笑


>ko-ta
ミルクレットは大阪ってか、堺市にしかないかも。

HPを立ち上げてから、コラムを書く本数が増えるごとに、
なんだかドンドン突き詰めていっていた気がするよ。
8年くらい前がピークだったんじゃないかな。
理論で追い込んでいくようなのは。

おまえと俺はそもそも生まれも育ちも違うんだから、
年齢的なモノを指標にしてもしょうがないんだよ。
別の人間なんだから、別の進み方でいい。

今の彼女と付き合ってから、落ち着くというよりもアホになっている気がする。笑
ちょっと彼女に関してはアホになる。愛しくてしょうがないから。

俺は自分と戦ったことはないよ。
最大の味方と戦ってもしょうがない。
一緒に作戦を練ったり遊んだりはするけどね。
突き詰めて考える時はロジックを生み出すことが目的だ。
自分なりに突き詰めて考えた結果が信念になる。


>ゆら
ビフめし美味しいよ。
ビフめし、肉定、ステーキ丼があったと思う。
ステーキ丼がなくなったのかな?
まぁ、ビフめしがあれば俺は満足だが。
| 有也 >ゆか >ko-ta >ゆら | 2014/06/24 9:20 AM |
さかいしにいらっしゃったんですね

ひっこしされて、もうさかいには、いらっしゃらないんですね
| ゆみ | 2014/09/02 4:45 PM |







    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
+ リンク集
+ 著書
LOVE at Night ~ホストに恋した女子高生~
LOVE at Night ~ホストに恋した女子高生~ (JUGEMレビュー »)
有也
 
高校1年生の頃、早く処女を捨てたかった。
周りの子はみんなどんどん『済ませて』行ってた。

「え〜まだしてないの?」
そう言われるのが嫌だった。
私一人がおいてきぼりにされてるような気がしてた。

「早く処女を捨てなきゃ」
そんな焦りを感じてた。

(第一話『おいてきぼり』)
+ 著書
LOVE at Night 2 ~17歳のファーストラブ~
LOVE at Night 2 ~17歳のファーストラブ~ (JUGEMレビュー »)
有也
 
お金もない。
帰る家もない。

私はこれからどうやって生きていけばいいんだろう。
誰かお願いだから私を助けてよ。

とりあえず、新宿まで来たけど寝るトコもない。
警察に行っても家に帰らされるだけだ。
あんな家になんか帰りたくない。

どうしよう。
これからどうしよう。

1人でどうやって生きて行こう。

(第一話『絶望の街角』)
+ 著書
おまえは俺に恋をする
おまえは俺に恋をする (JUGEMレビュー »)
有也
 
俺は【モテ】って言葉が嫌いだ。
本気で惚れた女だけを
確実に落とせるヤツが
一番カッコイイじゃねぇか。

(―はじめに―より)
+ 著書
LOVE at Night 3 ~16:35の鼓動
LOVE at Night 3 ~16:35の鼓動 (JUGEMレビュー »)
有也
 
人生はクソだった。
 
幸せはいつだって掴んだと思っても消えていく、
雪みたいなものだって思って生きてきた。
 
 
誰かと深く関わるのは嫌だった。
誰にも情をかける必要なんて無い。
 
いつか辛い別れが来るだけだから。
 
 
 
不幸の遺伝子で作られた俺は、
大事な人を側に置いちゃいけねぇんだ。
 
 
(冒頭より抜粋)