恋愛エキスパート有也のブログ。

メインHPは『恋愛エキスパート有也の恋愛マニュアル』です。
『LOVE at Night』の感想はメインHPにある専用掲示板にお願いします。
ここでの相談は受け付けてません。詳細はHPへ。
ツイッターやってます。@lovemanual
鈴木章浩議員の謝罪会見で一言。
アホだな、コイツ…。
:解説:
鈴木章浩議員の謝罪会見が最悪だった。
何が悪いって、アタマが悪いのと、往生際が悪い。

オトンと一緒に見ながら、
「コイツ、ホントにアホだな!」と何度言っただろう。

別にヤジるのはいいんだよ。
党の方針としてヤジる事も必要な時がある。
アホな議員もアホな党も多いし。
問題はそこじゃない。

ヤジるならセクハラ発言は絶対にNG。
なぜなら、それが党の足を大きく引っ張る事になるから。
鈴木章浩議員はその辺の認識が甘過ぎた。

最初にしらばっくれてたのも全てバレてるのに、最後まで保身に徹したのも本当に馬鹿な真似をしたものだ。
話題になり始めた時にマスコミの前で「発言者は辞任すべき」とか言ってたのに。
ちゃんとツッコんでた日刊スポーツの記者、いい仕事してたぞ。

そして、何よりも「塩村議員への誹謗ではなく、一般論として結婚した方がいいと思った」が完全にOUT。
「塩村が気に入らなくて誹謗した」って言った方が全然マシだった。
なんで全世界の女性を敵に回したし。驚くほどアホだ。

謝罪会見するなら、土下座するくらいの勢いで完全降伏すべきだった。
謝罪会見と銘打ったら、もはやクソみてぇな言い訳なんて誰も望んでない。
言い訳してるところを見れば見るほど、その往生際の悪さに腹が立つだけだ。

頭を下げるのもペコリ程度。
ホント、謝罪会見した意味が無い。しない方がマシだった。


それに、鈴木章浩議員は記者にツッコまれてイライラしていた。
自分の置かれた立場を勘違いし過ぎている。
屈服以外の選択肢は無かったのに。

屈服した謝罪会見が素晴らしくて逆に株を上げた例
・ジャパネットたかた
・たむけん

どちらもすごく潔く、責任を全て負っている姿勢が見えた。
賞賛に値する、素晴らしい謝罪会見だった。


鈴木章浩議員は、「問題となった全てのセクハラ発言は私がしました!責任を取って議員を辞めます!」と言うべきだった。
そうすれば、「残りのヤジは誰が言ったんだ?」という犯人探しが身内に及ぶ事も無くなる
のに。

土壇場で保身に走ったせいで、党も自分も最悪の流れだ。
もはや、誰も味方になろうとはしないだろう。

誰も許そうという気持ちになっていない段階で、
「議員は辞めない。私がやらずに誰がやるんだという気持ち。初心に帰って頑張らさせていただきたい。」
とか、ホントにどこまでアホさを露呈すれば気が済むのか。

あそこまでいったら、
「恋のから騒ぎの時から、男を食い物にする発言を繰り返していた塩村文夏が気に入らなかったし、あんなヤツを祭り上げたみんなの党も最悪。全国の女性を不快にさせた事は本当に申し訳ない。だけど、あのクソ女には謝りません!」とでも言えば、せめて元議員タレントとして生き残れたろうに。

*塩村文夏議員は『恋のから騒ぎ』に出演していた際、
「妊娠したってウソついて金を騙し取った事がある」
「別れる時に慰謝料1500万ふんだくった」
など、男を食い物にしていた事をドヤ顔で発言していた。




鈴木章浩議員は最後の最後に目先の保身に走ったせいで、党にも国民にも見捨てられる事になるだろう。
彼にとって、最大のピンチであり、最大のチャンスだったのに。
なんて愚かな選択肢を歩んでしまったんだろう。

居直った方がまだマシな未来になっていただろうに。
本当に哀れなオツムしてるな。

しかし、最近では「○○さんは彼氏いないの?」だけでもセクハラになるってのが常識なのに、なんで鈴木章浩議員はあんなヤジを飛ばしたんだろう。
自分が全世界に配信されるような職場にいる自覚が無かったんだろうか。
その辺、高校生でも発言に気を付けると思うが。

鈴木章浩議員の謝罪会見を見てると、彼は敬語もマトモに使えてなかった。
「頑張らさせていただきます」って何度も言ってたけど、なにそのユニーク敬語。

別に普段の会話で使うなら構わないけど、謝罪会見の場でマトモな言葉も使えないのはマズイだろ。
そんなヤツは遠慮なくディスらさせていただく。笑


さて、謝罪会見全文を載せた記事があったので、興味がある方はどうぞ。
↓↓↓↓
鈴木章浩議員 謝罪会見全文


今回の謝罪会見は悪い手本として世間に語り継がれるだろう。

せめて、謝罪会見をする前に、これまでの謝罪会見の良い例・悪い例を学習しとけばよかったのに。
周りも教えてやれよ…。

| 有也 | ニュース | 23:25 | comments(3) |
その通りすぎワロタ
| まりん | 2014/06/26 3:29 AM |
>まりん
今頃は色んな人から同じようなことを言われていると思う。
もうちょっと周りが手を差し伸べてやるべきだった。
まぁハナから切るつもりだったから放置したんだろうけど。
| 有也 >まりん | 2014/06/26 1:38 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2015/05/13 10:48 AM |







  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
+ リンク集
+ 著書
LOVE at Night ~ホストに恋した女子高生~
LOVE at Night ~ホストに恋した女子高生~ (JUGEMレビュー »)
有也
 
高校1年生の頃、早く処女を捨てたかった。
周りの子はみんなどんどん『済ませて』行ってた。

「え〜まだしてないの?」
そう言われるのが嫌だった。
私一人がおいてきぼりにされてるような気がしてた。

「早く処女を捨てなきゃ」
そんな焦りを感じてた。

(第一話『おいてきぼり』)
+ 著書
LOVE at Night 2 ~17歳のファーストラブ~
LOVE at Night 2 ~17歳のファーストラブ~ (JUGEMレビュー »)
有也
 
お金もない。
帰る家もない。

私はこれからどうやって生きていけばいいんだろう。
誰かお願いだから私を助けてよ。

とりあえず、新宿まで来たけど寝るトコもない。
警察に行っても家に帰らされるだけだ。
あんな家になんか帰りたくない。

どうしよう。
これからどうしよう。

1人でどうやって生きて行こう。

(第一話『絶望の街角』)
+ 著書
おまえは俺に恋をする
おまえは俺に恋をする (JUGEMレビュー »)
有也
 
俺は【モテ】って言葉が嫌いだ。
本気で惚れた女だけを
確実に落とせるヤツが
一番カッコイイじゃねぇか。

(―はじめに―より)
+ 著書
LOVE at Night 3 ~16:35の鼓動
LOVE at Night 3 ~16:35の鼓動 (JUGEMレビュー »)
有也
 
人生はクソだった。
 
幸せはいつだって掴んだと思っても消えていく、
雪みたいなものだって思って生きてきた。
 
 
誰かと深く関わるのは嫌だった。
誰にも情をかける必要なんて無い。
 
いつか辛い別れが来るだけだから。
 
 
 
不幸の遺伝子で作られた俺は、
大事な人を側に置いちゃいけねぇんだ。
 
 
(冒頭より抜粋)