恋愛エキスパート有也のブログ。

メインHPは『恋愛エキスパート有也の恋愛マニュアル』です。
『LOVE at Night』の感想はメインHPにある専用掲示板にお願いします。
ここでの相談は受け付けてません。詳細はHPへ。
ツイッターやってます。@lovemanual
夢で一言。
うぉぉ!ヒグマだ!
:解説:
団地の駐輪場の裏のようなところに幅1mくらいの小川があり、
川の両側は1mほど歩けるような感じになっていて、
その川の2mほど上には大きな鉄製の網があって歩けるようになっていた。

その網の上を散歩していたら、真下にグリズリー並みの大きさのヒグマが登場。
どうやら、橋の下かなんかに潜んでいたのが、俺の足音に気付いたらしい。

慌てて団地の方に逃げながら振り返って見たら、
そいつ1頭だけじゃなくて10頭くらい橋の下から出て来た。

すぐさまスマホで110番に通報して、「熊が出た!早く来てくれ!」と言ったら、
電話の向こうからは「なにー?眠いんだけど。」という若い男の声。
「眠いじゃねぇよ!熊が出たんだっつーの!」とキレてたら、
「今起きたばっかなんだけどー。」とか言われ、
『あ、コレ完全に110番じゃない何かに掛けたわ』と思って電話切り、
改めて110番通報しながら団地に駆け込み、
2階に上がる階段の途中の踊り場から外を見てみたら、
もうすぐそこまで先頭の熊が来ていて、
『2階に上がって来られた場合、俺がこの階段から飛び降りたら、
1頭は何とかやり過ごせるだろう。
けど、残りの熊がこっち向かってたら詰むなぁ…』


と思っていたら目が覚めた。



おはよう。
| 有也 | 生活 | 20:01 | comments(5) |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2014/07/25 10:26 PM |
追いかけられる夢って怖いですよね。
台風近づいてて心配ですが今夜は少し涼しいのでゆっくり休めますかね(^_^;)
いい夢見れたらいいですね(^_^)おやすみなさい。
| お母ちゃん | 2014/08/09 11:55 PM |
おはよう。

おはようってあったから


| ゆみ | 2014/09/02 4:34 PM |
受験挫折しました!

でもありのままの自分を受け入れるってのが体でわかった気がする。そうすれば他人も認められるって一年前ぐらいに有也さんが教えてくれた言葉だけど・・・身に付いたかな?

それで、得意な教科から自分の興味がある物わかったかもー。最先端技術で物作りしたいってことでプログラマー。一番面白いと思う、俺は。
とりあえず独学で一二言語ぐらい覚えたら働いてみるぜ〜。最初はブラックなのも覚悟しないとな・・・。
| ko-ta | 2014/09/10 5:18 PM |
クマはアイヌ民族では、
神様らしいですよ。
10匹もでてきたなんて
凄いんじゃないですか。
| 冬子 | 2014/10/24 9:00 AM |







   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
+ リンク集
+ 著書
LOVE at Night ~ホストに恋した女子高生~
LOVE at Night ~ホストに恋した女子高生~ (JUGEMレビュー »)
有也
 
高校1年生の頃、早く処女を捨てたかった。
周りの子はみんなどんどん『済ませて』行ってた。

「え〜まだしてないの?」
そう言われるのが嫌だった。
私一人がおいてきぼりにされてるような気がしてた。

「早く処女を捨てなきゃ」
そんな焦りを感じてた。

(第一話『おいてきぼり』)
+ 著書
LOVE at Night 2 ~17歳のファーストラブ~
LOVE at Night 2 ~17歳のファーストラブ~ (JUGEMレビュー »)
有也
 
お金もない。
帰る家もない。

私はこれからどうやって生きていけばいいんだろう。
誰かお願いだから私を助けてよ。

とりあえず、新宿まで来たけど寝るトコもない。
警察に行っても家に帰らされるだけだ。
あんな家になんか帰りたくない。

どうしよう。
これからどうしよう。

1人でどうやって生きて行こう。

(第一話『絶望の街角』)
+ 著書
おまえは俺に恋をする
おまえは俺に恋をする (JUGEMレビュー »)
有也
 
俺は【モテ】って言葉が嫌いだ。
本気で惚れた女だけを
確実に落とせるヤツが
一番カッコイイじゃねぇか。

(―はじめに―より)
+ 著書
LOVE at Night 3 ~16:35の鼓動
LOVE at Night 3 ~16:35の鼓動 (JUGEMレビュー »)
有也
 
人生はクソだった。
 
幸せはいつだって掴んだと思っても消えていく、
雪みたいなものだって思って生きてきた。
 
 
誰かと深く関わるのは嫌だった。
誰にも情をかける必要なんて無い。
 
いつか辛い別れが来るだけだから。
 
 
 
不幸の遺伝子で作られた俺は、
大事な人を側に置いちゃいけねぇんだ。
 
 
(冒頭より抜粋)