恋愛エキスパート有也のブログ。

メインHPは『恋愛エキスパート有也の恋愛マニュアル』です。
『LOVE at Night』の感想はメインHPにある専用掲示板にお願いします。
ここでの相談は受け付けてません。詳細はHPへ。
ツイッターやってます。@lovemanual
正月過ぎの一言。
2015年か。
:解説:
Twitterの方は少し更新していたのだが、
https://twitter.com/lovemanual
ブログという存在がぽっかり抜け落ちていた。

HPは相変わらず更新できない。
PCがぶっ壊れた影響で、中途半端なところまでのデータしか残ってないのだ。

全てを復活させるまで、あと300ページくらいかな…。
長いよ…誰だ、こんなに書いてたのは。

次はクラウドにデータを置くような形にしなければ。
消えた時に面倒で仕方無い。

あるのかね、そういうクラウド式ホームページビルダーみたいなやつ。
なおかつ、今のHPを全部インポートしてくれるやつ。
テンプレートは変わってもいいから。

というより、元のソフトがインポート出来ないのが悪いよ。
他のソフトに替えよう替えようと思って、
ホームページビルダーまで買ったのに、結局やってない。

タグ打ち出来ないのが何よりも困る。
簡単にタグ打ち記事を書きたいから始めたのがブログだもんな。

Twitterって、閉鎖的なコミュニティだと思っていたけど、
ブログに書くほどでもないネタを書くには良いような気がする。

ブログを書くとなると、なんだか少しは読み応えのようなものがないとなーと、
いつも1000文字オーバーになってしまうわけだが、
あまりそんなに書いてる人っていないよね。

そして、文字より写真がある方がキャッチー。
だけど、文字ばかり打ってしまう。

正月に兄一家が帰省した時に、
メシがてらキッズスペースのあるショッピングモールへ。
もはや恒例になりつつある。


甥っ子(1歳)がハイハイしながら登る登る。

ワンパクでもいい、たくましく育って欲しい。
昔、そんなCMがあったなぁ。


さて、全然関係無いけど、
先月オトンとゴルフのショートコースに行ってきた。

ゴルフの打ちっぱなしはたまに行く。
といっても、生涯通算で10回行ってないと思う。

まだまだ下手で、たまーにスライスしちゃうような感じ。
そんな状態だが、コースデビューをしたかったのだ。

ゴルフの打ちっぱなしというのは、
あくまでも平地でベストコンディションで打つものだ。

しかし、実戦というのは平地ばかりではない。
山あり谷あり砂場ありだ。

それなのに、平地でしか打てない状態で凝り固まったら、融通が利かなくなるのではなかろうか。
山あり谷ありの時に「打つトコが斜めだから上手く打てなかった!」などとほざくことになるのではないか。

いや、正直に言えば、
「ガキの頃にバットとボールでゴルフごっこをしていたから、
意外と実戦やってもイケるんじゃね?」的なナメた考えを実践したかったのだ。

そんなわけで、コースデビュー。
全てPAR3のショートコース(全9ホール)だ。

多くの人は知っているだろうけど、少しだけ解説しとこう。
ゴルフのゲームすらやったことない人もいるだろうし。

そのホールで上手く打てば上がれるであろう打数が設定されている。
それをPAR(パー)という。

PAR3に設定されているホールで、
プラスマイナスいくつで上がれるかを競うのだ。
(さらにゴルフコンペなんかでは下手な人にハンデがもらえたり)

PAR3のホールを2打で上がれたら、バーディー(-1)。
プロの大会だと、18コースを回って12アンダーとか出す人もいる。
バーディー12回取れたら、-12(12アンダーとも言う)

今回、俺が行ったのはショートコース。
9ホールしかないし、全てPAR3(合計PAR27)。

いわゆる18ホールのゴルフ場は平均PAR4(合計PAR72)に設定されている事が多い。

ショートコースでドライバーを使う必要は無い。
最も長いホールでも170ヤードほどしかないからだ。

とはいえ、初心者には大差無い。
結局、何打でグリーンに乗せて、何打でカップに沈めるかが大事なのだ。
まぁ、一般人なら2打でグリーンに乗せて、2打でカップに入れば上手い方だ。

コースに出たばかりの人は、120を切るのを目標にするらしい。(PAR72の場合)
そして、次に100を切れば上出来。
90を切れば、いっぱしのゴルファーを気取れるのだ。多分。

となると、今回の俺はどんなスコアを叩き出すのか。

1周目1コース、バンカーにハマって8打。
もう出だしから散々だった。
もっと手前側に打てば良かった。
なぜ欲張ったのか。

結局、8→5→5→4→4→6→7→6→5。
合計50で終了。
うーむ、ダメだなぁ。

オトンは、4→3→7→4→4→4→4→4→4。
合計38で終了。
3コースのOBが無ければ、35くらいだったろう。
生け垣の中に入ってしまった。
そして、そこは新品ボールのパラダイスであった。笑

2周目。
俺は、10→5→4→6→4→6→7→6→5。
合計53打。
1周目のミスをまたしても繰り返す。
弱く打てばいいのに、バンカー地獄。

オトンは、3→4→7→3→5→5→4→5→4。合計40。
またしても、3コースでOB。
新品ボールのパラダイス再び。

3周目。
俺は、4→4→6→5→5→4→5→5→7
合計45打。
ようやく、大きいミスが無くなった。

この調子なら18ホールでも120は切れるんじゃないか。
ドライバーの練習を頑張れば、100もいけるかなぁ。

オトンは、3→3→4→3→4→4→3→4→4
合計32。
おぉー。俺もこのくらいのスコアを出せるようになりたい。

みんゴルだったら、5打も叩いたらブルーになるもんね。
やはり、なんとか4打までに収めたいものだ。気持ち的に。


あ、そうだ。
遅ればせながら、明けましておめでとうございます。

2015年、バックトゥザフューチャー2の未来の年。


ホバーボードは何とか出来たらしいけど、
空飛ぶ車に改造する技術はサッパリだね。
年内に期待。

今年もよろしくお願いします。
| 有也 | 生活 | 19:10 | comments(0) |







    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
+ リンク集
+ 著書
LOVE at Night ~ホストに恋した女子高生~
LOVE at Night ~ホストに恋した女子高生~ (JUGEMレビュー »)
有也
 
高校1年生の頃、早く処女を捨てたかった。
周りの子はみんなどんどん『済ませて』行ってた。

「え〜まだしてないの?」
そう言われるのが嫌だった。
私一人がおいてきぼりにされてるような気がしてた。

「早く処女を捨てなきゃ」
そんな焦りを感じてた。

(第一話『おいてきぼり』)
+ 著書
LOVE at Night 2 ~17歳のファーストラブ~
LOVE at Night 2 ~17歳のファーストラブ~ (JUGEMレビュー »)
有也
 
お金もない。
帰る家もない。

私はこれからどうやって生きていけばいいんだろう。
誰かお願いだから私を助けてよ。

とりあえず、新宿まで来たけど寝るトコもない。
警察に行っても家に帰らされるだけだ。
あんな家になんか帰りたくない。

どうしよう。
これからどうしよう。

1人でどうやって生きて行こう。

(第一話『絶望の街角』)
+ 著書
おまえは俺に恋をする
おまえは俺に恋をする (JUGEMレビュー »)
有也
 
俺は【モテ】って言葉が嫌いだ。
本気で惚れた女だけを
確実に落とせるヤツが
一番カッコイイじゃねぇか。

(―はじめに―より)
+ 著書
LOVE at Night 3 ~16:35の鼓動
LOVE at Night 3 ~16:35の鼓動 (JUGEMレビュー »)
有也
 
人生はクソだった。
 
幸せはいつだって掴んだと思っても消えていく、
雪みたいなものだって思って生きてきた。
 
 
誰かと深く関わるのは嫌だった。
誰にも情をかける必要なんて無い。
 
いつか辛い別れが来るだけだから。
 
 
 
不幸の遺伝子で作られた俺は、
大事な人を側に置いちゃいけねぇんだ。
 
 
(冒頭より抜粋)