恋愛エキスパート有也のブログ。

メインHPは『恋愛エキスパート有也の恋愛マニュアル』です。
『LOVE at Night』の感想はメインHPにある専用掲示板にお願いします。
ここでの相談は受け付けてません。詳細はHPへ。
ツイッターやってます。@lovemanual
名古屋味巡り3日目で一言。
お、いい天気。
:解説:
今日はひつまぶしやきしめんやあんかけスパゲッティーを食べて、
19時くらいの新幹線で帰る予定だったが、重大なミスが昨日発覚した。

今日行く予定だったトコは全て日曜定休なのだ。
アチャー。やらかした。完全にスケジュールミスだコレ。

というわけで、滞在日数を1日延ばす事にした。
元々、二泊三日で名古屋メシ制覇はちとムリがあったのだ。

最終日は夕方までに3食食べようとしてたんだから。
そんなのムリだったんだよ。
なんか胃に入らなくなってきてるもの。

昨日の焼酎は悪酔いしないけど、少し飲み過ぎたかもしれない。
胃のモヤモヤを感じるなぁ。
なんでウコンの力を飲まなかったんだ俺は。

さて、今日は天むすだけでも食おうかな。
と思いつつ、ついでに行こうと思ってたきしめん亭も調べていたら、
エスカ店は年中無休でやってる事がわかった。

昼はさっぱりときしめんにしようかな。
オアシス21にあるきしめん屋『麺DA雅家』も薦められたが、
こっちはパスタ風に創作した料理がメインのようなのでやめておいた。
俺は正統派のきしめんが食べたいのだ。

『宮きしめん』はいつもオカンの親友のおばさんに送ってもらっていて、
かなりのファンなので宮きしめんの飲食店舗にしようかとも思ったが、
今回はあえて違うトコにしようと思い、きしめん亭に決めた。

外に出ると、メチャクチャ良い天気。

清々しい気分で都心ループバスに乗り、名古屋駅へ。

エスカ地下街は昨日歩いたので既に慣れたもんだ。
メニューは色んなのがあったが、普通のきしめんにしておいた。

早い。
注文して2分で出てきたけど。

いくらなんでも早すぎだよ。
きしめんをマトモに茹でたら15分かかるはずなんだが。

宮きしめんよりいくらか厚みのある麺はなかなか食べ応えがあった。
スープもこれはこれで好きな味だ。
茹で置きとはいえ、生煮えよりマシ。

きしめん亭 きしめん530円
満足度:★★★☆☆

名鉄百貨店メンズ館で明日着る用のTシャツを購入し、
しばらくウインドウショッピングを楽しんだ。

松坂屋も見ようと思い、エレベーターで6階紳士用品売り場に向かうが、
ボーッとしてたら7階に行ってしまった。

まぁせっかくだから降りてみるか、と地図を見ると寿がきやを発見。
小さい頃、寿がきやのカップ麺で『小さなおうどん』が好きだった俺。

名古屋によく遊びに行ってたアイリに、
「寿がきやはラーメン屋だっつーの。」と言われ、
「そうなの?うどん屋だと思ってた…。」とショックを受けて以来、
いつかヒマな時に偶然通り掛かったら立ち寄ろうと思っていたのだ。

まさか本当にヒマを持て余している時に通り掛かるとは。
これは寄るしかない。

カウンターで温泉玉子・チャーシュー入りの特製ラーメンを注文。
番号札を渡されてしばらく待っていると、
「2番の番号札でお待ちのお客様〜。」と呼ばれた。

出て来たのは白濁スープのラーメン。

あれ?トンコツラーメンなの?

っていうか、これは何?
スプーン+フォーク=スポーク?
調べたところ、ラーメンフォークという名前らしい。

あ、美味しい。
なんかカツオ粉を入れたラーメンの風味に似てる。
とんこつベースでカツオエキスがふんだんに入ってるのかな?

とりあえず、これは好きな味だわ。
東京にも出店してくれればいいのに。
と、思ったら高田馬場店があるらしい。
ワーイ。いつでも食えるー。

スガキヤラーメン 特製ラーメン390円
満足度:★★★★☆

それから、また食後の腹ごなしにウォーキングを兼ねて歩いた。
ウインドウショッピングをしつつ、色々と見て回った。

ここで、8時近くになっていることに気付いたので、
めいふつ天むす千寿に天むすを買いに行く事にした。

だけど、売り切れてた。(´・ω・`)
あーあ、残念。ま、明日でいいか。

明日の帰りに買って新幹線の中で食べようっと。
きっとそれが正解だわな。

あぁ、ヤバイな。
またどて家で飲みたい。
もう1日延ばす?
いやいやいや・・・。(笑)
| 有也 | 企画 | 22:36 | comments(7) |
有也さんの写メって見やすいですッ!
ピンボケしてなくって!
文章書かなくても、つたわりそぉ!
でも、有也さんの文章好きなんで
ちゃんと書いてくださぃネ!!

もぉ帰るんですか??
名古屋たんのぉ出来ましたか??
また旅行行くときゎブログのほぉに
いろいろ書いてくださぃネ=!!
| rukia | 2007/08/05 11:17 PM |
いやいやいや(笑)
ゆうなサンが寂しがりますよ☆
また今度行くときはぜひお供します(笑)え?いらんて?
良い仕事しますよ(笑)
もちろん有也サンの奢りでo(^-^)o
| みか@ホスト通い | 2007/08/06 12:32 AM |
名古屋城とか俺も中入ったことないんで読んでてちょー勉強になりました。
あんなにシャチホコを全面に出してアピってるんですか、恥ずかしー。w
名古屋の人が1番読んでて楽しんでるんでしょうね、このブログ。
ひつまぶしは俺的に名古屋名物の中でイチオシですよ。
気に入ってもらえるといいです。
| 大輔 | 2007/08/06 3:09 AM |
寿がきや!!
ねぇねぇ、寿がきやでラーメンとアイス一緒に食べてる人いた??笑
なんか、名古屋ではラーメンとアイス(甘い物)を一緒に頼んで交互に食べるらしいよ?w
| みほ | 2007/08/06 10:05 AM |
すがきやのラーメンは本ッとに美味しいです!!
とんこつラーメンも好きですけど、
豚塩カルビ丼はすッごい美味しいです★
すがきやいったら絶対食べるほどすきなんです・・・

だって、塩ダレ美味しいんだもん。
| 柚那 | 2007/08/06 3:27 PM |
滞在時間が延びてきた。笑

早く帰らないとゆうなさん淋しがりませんか?
または有也さん淋しくないのですか??

それにしても毎日いいもん食べててイイですね!!(≧▽≦)
イイもん…食べたいです!!まぁ願望だけですけど。笑
| 優 | 2007/08/06 6:06 PM |
>rukia
写メのみで記事を書こうと思った事はあるねぇ。
面倒でやめたけど。

>みか@ホスト通い
ゆうなは別に寂しがってないと思うの。
ゆうなはゆうなで忙しいし。
まくまくんもいるし。
(ゆうなのブログ参照)

>大輔
あれだけシャチホコをアピールされると、
ちょっと愛しくなってくるから不思議。
お土産の置物を買おうか迷ったくらい。
ひつまぶしは別に・・・ってカンジだった。
いや、美味いけどウナギにしては普通じゃね?

>みほ
それはいねぇよ。(笑)
名古屋の人に怒られるぞ。
今のうちに謝っとけ。(笑)

>柚那
俺も寿がきやのラーメン気に入ったよ。
かつおエキスだと思うんだけどなぁ・・・アレ。
豚塩カルビ丼は俺も気になってた。(笑)
高田馬場店に行って食べる事にするよ!

>優
ゆうなは忙しいので寂しくないのです。
毎日電話してラブラブはするのです。
会えない時間が愛育てるのです。←郷ひろみ(笑)
いいものを食えば心が高揚する。
人間とは単純なものだな。
| 有也 | 2007/08/08 2:30 PM |







1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
+ リンク集
+ 著書
LOVE at Night ~ホストに恋した女子高生~
LOVE at Night ~ホストに恋した女子高生~ (JUGEMレビュー »)
有也
 
高校1年生の頃、早く処女を捨てたかった。
周りの子はみんなどんどん『済ませて』行ってた。

「え〜まだしてないの?」
そう言われるのが嫌だった。
私一人がおいてきぼりにされてるような気がしてた。

「早く処女を捨てなきゃ」
そんな焦りを感じてた。

(第一話『おいてきぼり』)
+ 著書
LOVE at Night 2 ~17歳のファーストラブ~
LOVE at Night 2 ~17歳のファーストラブ~ (JUGEMレビュー »)
有也
 
お金もない。
帰る家もない。

私はこれからどうやって生きていけばいいんだろう。
誰かお願いだから私を助けてよ。

とりあえず、新宿まで来たけど寝るトコもない。
警察に行っても家に帰らされるだけだ。
あんな家になんか帰りたくない。

どうしよう。
これからどうしよう。

1人でどうやって生きて行こう。

(第一話『絶望の街角』)
+ 著書
おまえは俺に恋をする
おまえは俺に恋をする (JUGEMレビュー »)
有也
 
俺は【モテ】って言葉が嫌いだ。
本気で惚れた女だけを
確実に落とせるヤツが
一番カッコイイじゃねぇか。

(―はじめに―より)
+ 著書
LOVE at Night 3 ~16:35の鼓動
LOVE at Night 3 ~16:35の鼓動 (JUGEMレビュー »)
有也
 
人生はクソだった。
 
幸せはいつだって掴んだと思っても消えていく、
雪みたいなものだって思って生きてきた。
 
 
誰かと深く関わるのは嫌だった。
誰にも情をかける必要なんて無い。
 
いつか辛い別れが来るだけだから。
 
 
 
不幸の遺伝子で作られた俺は、
大事な人を側に置いちゃいけねぇんだ。
 
 
(冒頭より抜粋)