恋愛エキスパート有也のブログ。

メインHPは『恋愛エキスパート有也の恋愛マニュアル』です。
『LOVE at Night』の感想はメインHPにある専用掲示板にお願いします。
ここでの相談は受け付けてません。詳細はHPへ。
ツイッターやってます。@lovemanual
歴史を知って一言。
マジか…。
:解説:
犬養毅が犬を飼っていた事があると知った時、
なんだか少し優しくなれる気がしたんだ。

だけど、彼がかなりの女好きだったと知った時、
世の中ってそんなものだよねってやさぐれたんだ。


水戸黄門が実は放浪して人助けなんてしなかったと知った時、
やっぱり大人は信用できないなって思ったんだ。

だけど、かなりの傾奇者で吉原の遊女に入れあげてたと知った時、
なんだか改めて水戸黄門が好きになれたんだ。


なんだろうね、この差は。


伊達政宗が12歳で嫁をもらったと知った時、
なんだか複雑な気持ちになってしまったんだ。

だけど、戦国時代の武将はバイセクシャルが普通だったと知った時、
ちょっとだけ広い心を持てそうだと思えたんだ。

そして、薩摩藩で男色(男性の同性愛)が盛んだったと知った時、
俺の中で『九州男児』が別の意味になってしまったんだ。


歴史って、本当にいいものですね。


三国志に出てくる孔明があの時代(西暦200年くらい)に気球を作っていたと聞いて、
今の時代の人があの時代にいても勝てなかったんじゃないかと思ったんだ。

趙雲が阿斗を抱えて、『青い閃光と共に井戸から飛び出してきた』というのは、
どうしようもなく眉ツバっぽいなぁと思ったんだ。
三国志演義は脚色の多い小説だからしょうがないか。

実は孔明がハッタリ野郎で、なんとなく言った言葉が全て当たってたんだとしたら面白いんだが。
誰か、そういうギャグマンガを描いてくれないかなぁ。加瀬あつし先生とか。


そんなわけで、たまに歴史小説を読んだりしている。

小さい頃、図書館で学研の歴史人物マンガとかをよく読んでいたけど、
大人になってから「実は違った」みたいな新事実が出てきたりするたびに、
「おいおい、間違いを学んじまったじゃないか。」って思うことも多い。

いつになったら、正しい歴史書が作られるんだろう。

曹操(三国志に出てくる魏の皇帝)の墓とか、あと何個出てくるんだろ。
ダミー作りすぎ。



新撰組は読んでない。
なぜか興味が持てないんだよねぇ。

歴史上、あまり重要じゃないからだな…。
ただの治安維持部隊であって、トップじゃないし。


歴史マンガと同じくらいハマったのが、偉人の伝記だったなぁ。
エジソンとかニュートンとかファーブルとか。

すごい人の話は読んでいて爽快だよねぇ。
| 有也 | 読書 | 22:22 | comments(2) |
久しぶりにコメントしに来ました!笑

歴史はやっぱり、漫画とかで勉強するのがいいんですかね?
昔から歴史は大嫌いで、中学の頃は50点満点のテストで地理は全問正解の25点、歴史の部分は全部白紙で提出してました(笑)
今は現社だけなんでいいんですけど、日本史・世界史の授業が始まったときが怖いです(汗)
| saki | 2010/12/10 11:13 PM |
>saki
興味を持つキッカケとしてマンガから入るのは良いと思う。
全く知らない人の昔話を聞いたところで、
興味が無ければ「だから何なの?」になるところが、
マンガによって知っていれば、「あのヒゲのおじさんスゲェ!」となる。
興味が持てれば学びも早くなる(脳が記憶に留めようとする)んだ。

歴史の教科書はただ事実が淡々と書いてあるだけだからつまらない。
それを丸々読み聞かせるだけの社会科の授業なら受けなくていい。
こいつはこういう考えでこう動いた、その時に相手はこう思ってた、とか、
そういう駆け引きとかを教えてくれないと社会科はつまらない記憶ゲームになるからな。
そういう授業はホントに苦痛でしかないと思う。

「おい、もっと面白くやれ。興味を持たせるのが教師の仕事だ。音読なら間に合ってる。」くらいのスタンスでいい。
それが出来ない教師は無能だから見離していい。
自分で工夫して勉強するこった。
| 有也 | 2010/12/11 3:16 AM |







     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
+ リンク集
+ 著書
LOVE at Night ~ホストに恋した女子高生~
LOVE at Night ~ホストに恋した女子高生~ (JUGEMレビュー »)
有也
 
高校1年生の頃、早く処女を捨てたかった。
周りの子はみんなどんどん『済ませて』行ってた。

「え〜まだしてないの?」
そう言われるのが嫌だった。
私一人がおいてきぼりにされてるような気がしてた。

「早く処女を捨てなきゃ」
そんな焦りを感じてた。

(第一話『おいてきぼり』)
+ 著書
LOVE at Night 2 ~17歳のファーストラブ~
LOVE at Night 2 ~17歳のファーストラブ~ (JUGEMレビュー »)
有也
 
お金もない。
帰る家もない。

私はこれからどうやって生きていけばいいんだろう。
誰かお願いだから私を助けてよ。

とりあえず、新宿まで来たけど寝るトコもない。
警察に行っても家に帰らされるだけだ。
あんな家になんか帰りたくない。

どうしよう。
これからどうしよう。

1人でどうやって生きて行こう。

(第一話『絶望の街角』)
+ 著書
おまえは俺に恋をする
おまえは俺に恋をする (JUGEMレビュー »)
有也
 
俺は【モテ】って言葉が嫌いだ。
本気で惚れた女だけを
確実に落とせるヤツが
一番カッコイイじゃねぇか。

(―はじめに―より)
+ 著書
LOVE at Night 3 ~16:35の鼓動
LOVE at Night 3 ~16:35の鼓動 (JUGEMレビュー »)
有也
 
人生はクソだった。
 
幸せはいつだって掴んだと思っても消えていく、
雪みたいなものだって思って生きてきた。
 
 
誰かと深く関わるのは嫌だった。
誰にも情をかける必要なんて無い。
 
いつか辛い別れが来るだけだから。
 
 
 
不幸の遺伝子で作られた俺は、
大事な人を側に置いちゃいけねぇんだ。
 
 
(冒頭より抜粋)