恋愛エキスパート有也のブログ。

メインHPは『恋愛エキスパート有也の恋愛マニュアル』です。
『LOVE at Night』の感想はメインHPにある専用掲示板にお願いします。
ここでの相談は受け付けてません。詳細はHPへ。
ツイッターやってます。@lovemanual
鳩ノ巣渓谷で一言。
おー、絶景だな。
:解説:
親友のメグがCDドライブが無くてCDでインストールできないと言う。
メグが買ったミニパソコンには光学ドライブが無いのだ。

俺は以前、持っていたデスクトップを処分する時に、
光学ドライブ(CD/DVDドライブ)を抜き取っておいた。
そのうち、何かの役に立つんじゃないかと思ってね。

良い機会だから、それをあげようと思ったのだ。
何かの役に立って良かった良かった。
取っておくもんだなぁ。

ドライブをUSBで繋いで使えるケーブルみたいなのがあったので、これを購入。


タイから帰ってきたら、これをドライブと一緒にプレゼントして、
ついでに使い方も教えようと思っていたのだ。

前日に「明日やるー?」と電話で決めて、
当日に「迎えに行こうかー?」と言われたので、お言葉に甘えた。

ところが、俺が車に乗った途端にメグは明後日の方向に走り出した。
「紅葉見たくない?」
「え?終わってんじゃね?」
「えー、まだあるよー。行こうよー。ってか、行く。」
「え、マジで?まぁいいけど。笑」
「よし、ラチろう。笑」

そんなわけで、奥多摩の方にある鳩ノ巣渓谷というところに連れて行かれた。
なんか、メグが小さい頃に来た事があるらしいのだ。
続きを読む >>
| 有也 | 旅行 | 22:30 | comments(2) |
タイ旅行最終日を振り返って一言。
あーぁ。帰って来ちゃった。
:解説:
タイ旅行の思い出もこれで最後。
今回の旅行記で少しはタイの雰囲気を味わってもらえただろうか。

写真がやたらと重かったよね。
まぁ、容量的な問題でしょうがなかったんだ。
余すところなく見せたかったし、今回だけはね。



さて、タイ旅行最終日。

と言っても、5:30に起こされて空港に行って帰るだけ。
写真も特に撮ってない。

5:30にモーニングコールで起きた。
「支度せな!」と急いだが、ギリギリになってしまった。

…ホントは直前になるまで急いでなかった。
続きを読む >>
| 有也 | 旅行 | 16:29 | comments(4) |
タイ旅行4日目を振り返って一言。
ここは…大学?
:解説:
さて、タイ旅行4日目。
今日も書いちゃおうかな。

放置してた期間は笑笑でぼんじり食ってた。
ごめりんこ。



今日はオプションのツアーが無いので、ゆっくり起きた。

朝っぱらから予定があるのは1日を有効に使えるけど、
夜更かしをして遊べないというジレンマがある。

ちなみにバンコクセンターホテルにはプールも付いている。
使わなかったけど。
IMGP1951 パノラマ写真

プールは塩素で消毒してるんだろうか。
その辺を少し気にする元水泳部。
続きを読む >>
| 有也 | 旅行 | 21:12 | comments(8) |
タイ旅行3日目を振り返って一言。
おー!Amazingキレイ!
:解説:
やっぱり、一度に開くページが大きすぎると重くなるので、
今回ばかりはアドバンス設定で記事の続きを表示する事にした。
1日目の記事から直してあるので、ちょっとは軽くなるかも。

今日のも超長いよ!
ケータイユーザー涙目。

ビーチの写真キレイなのに見れないとかウケル。笑
そんなわけで今日もGo!Amazing!




タイ旅行3日目。

今日はオプションツアーでパタヤのラン島へ行く予定なのだが、
それが7時にロビーで待ち合わせという予定だったのだ。

しかし、朝食ビュッフェは7時から。
確実に食えないじゃん…。

「腹減ったまま車に長時間乗ってると車酔いするんだよね。」とSaity。
俺もなんか食いたかった。

「メシ食ってないんだ。」と言うと、
「なんで食べなかったの?」とタイ人女性ガイドさん。
「朝食が7時からだから。」
「6時からよ。」
「えっ!マジで?」
「なんだ…食っとけば良かったな…。」

なんで7時からだと思い込んでいたんだろう。
ともかく、他のメンバーを拾いにバスでバイヨークスカイホテルに向かう。

俺らを気遣って、ガイドさんは「セブンに行っておいで。」と言ってくれた。
バイヨークスカイにバスが止まり、教えてもらったセブンを探しに行く。

目の前には早朝からやってるマーケットが広がっていた。
写真を撮る余裕は無かったので撮らなかったが、
色々と洋服を売っている露店が50軒くらい道を埋め尽くしていた。

なにここスゴイ。
もっとゆっくり見たいが時間が無い。
それよりセブンを探さねば。

見渡してみると、セブンはマーケットの中に埋もれていた。
入り口の前まで露店で埋め尽くされている。
セブンに入るには露店の隙間をすり抜けるしかない。
これで営業妨害にならないのが不思議。

セブンで午後の紅茶TeaBreak EnglishTeaというミルクティーを買う。
ミルクティーは命の水。
これを見つけて相当喜んだ。
ちなみに、タイにいる間だけで5回は飲んだ。

ついでに腹に入れるものを、とキョロキョロしていると、
レジにハンバーガーやホットサンドのメニューがあった。
俺はホットサンドのハムチーズを選んだ。

Saityはチキンバーガーみたいなヤツを注文。
ただ、店員の女の子が何か言っているのが気にかかる。
「これこれ。」とSaityが指さして示すが、多分そういう事ではない気がする。

結果から言うと、嫌な予感は当たった。
バーガーにはレタスすら挟まれてなかった。
バスで「あれ?野菜とかチーズとかが一切入ってない!」とSaity。
あの店員さんが言ってたのは中に入れる具の話だったのかと気付くが時遅し。

そして、俺はこの時に早朝散歩の時に撮ったアレを思い出す。
IMGP1647
 ↑
あの野菜はハンバーガーにお好みで挟むためのものだったんだ。

「あのメニューに騙されたー!笑」とSaity。
「いや、騙してない。笑」
「うん、そうなんだけど。(気持ち的に)笑」
続きを読む >>
| 有也 | 旅行 | 21:33 | comments(6) |
タイ旅行2日目を振り返って一言。
あぁ…穏やかな顔だ…。
:解説:
最初に言っておく。

今回のブログはメッチャクチャ長いので、覚悟して欲しい。
今までの中で最長だ。
写真だけで150枚ある。

ケータイで見るとかはかなりムチャ。
小分けにしようかとも思ったけど、俺がパソコンで一気読みしたいので分けない。

そんなわけでタイ旅行2日目の土産話にGO!

【追記のお知らせ】
ワット・プラケーオ(エメラルド寺院)の動画を追加しました。
地下鉄の券売機の下りに写真と文章をちょっと追加しました。




「受精しないんだぁ〜。」というSaityの寝言に『なにそれ?』と思いつつ、
再び寝て、次に起きた時にケータイを見てみるとAM6:00の表記。

早めに寝たから早めに起きるかな、と起床する。
まずはシャワーだ。

お湯の量も多いし、水も濁ってない。
『なんだ、普通じゃないか。』と少し安心した。

お湯と水の蛇口をひねって、適温にしてからシャワーに切り替えようとすると、
切り替えレバーをひねった途端にブーッという音が壁の中から聞こえてきた。
しかも、結構うるさい。
なにこれ。

しょうがないので、一度お湯を止めて、下から出す事にした。
下から出しつつ身体を洗い、せっかくだからお湯を溜めちゃおうかしらと思ったら栓が無い。

…こっちは浴槽にお湯を溜める文化がないのか?
そういえば、浴槽を使うのって日本人くらいだとか聞いた事があるような。
まぁいいさ。

そんなわけで豊富な湯量の蛇口に両手を差し出して、
わーいわーいと身体にかけていた。

シャンプーとコンディショナーは備え付けてあったが、
ここは以前に買って、今回持ってきたリンスinシャンプーでいい。
なんだか、海外のシャンプーとかって匂いがキツイのが多いんだもの。

石鹸はあったけど、石鹸はどうも好かない。
ビオレのボディシャンプーを持ってきたのも正解だった。

フフン、俺は用意周到なのだ。
と、得意になっていたが、後にタイのスーパーにも売ってる事を知る。

そして、歯磨きをする。
水には気を付けろと言われていた俺は、ここでもゆすぐ時にミネラルを使った。
そんなヤツはめったにおらんだろうと思うけど、オナカが弱いんだものオイラ。

そして、まだ寝ているSaityを横目に未明の街へ繰り出した。
続きを読む >>
| 有也 | 旅行 | 11:06 | comments(8) |
タイ旅行1日目を振り返って一言。
おぉ〜、異国だわ…。
:解説:
これから5日くらいかけて、タイ旅行記を綴る事にする。

ブログ用に、2日目ぐらいまで文章を書いてメモってたんだが、
さすがにそれが途中から追いつかなくなってしまった。
それだけ刺激を受ける事が多くて良かった。

いや、ホントにタイには行って良かった。
一生に一度も行かなかったら、俺の中で『外国』ってのは存在しなかった。

『行った事がない場所=存在しないかもしれない場所』みたいな考えが少しあるのだ。
ジム・キャリーの主演映画『トゥルーマン・ショー』的なアレで。
少なくとも、タイっていう国は本当にある事がわかった。

それと同時に、今までちょっと忘れてた感覚みたいなものがウニャウニャ。
一言で言えば、とても良い刺激になった。

何よりも、アレのために非常に良かったと思う。
アレを真剣に考えられたからアレだった。←うるせぇ笑

そんなわけで旅行記を書いてみようと思う。
普段のブログとはちょっと違うカンジで、それなりに楽しめるかもしれない。

生暖かい目で見守ってくれればいいよ。

【旅行記の画像が表示されない方へ】
今回はフォト蔵というサイトから画像を引っ張ってきているので、
ひょっとしたら表示がなかなかされない時もあるかもしれない。
そんな時は更新ボタン(F5キー)を押して、しばし待てば表示されるかも。

続きを読む >>
| 有也 | 旅行 | 19:51 | comments(3) |
待ちに待って一言。
ついに今日か…。
:解説:
深夜に更新。

一昨日から昨日まで兄夫婦+甥っ子(3歳)+姪っ子(0歳)が遊びに来ていた。
甥っ子カワイイよ甥っ子。

産まれて数ヶ月の姪っ子とは初対面だったが、俺を見ると泣いてしまった。
おかしいな、子供ウケはいいはずなのに。(´・ω・`)

焼き肉屋で晩飯を食べた後、義姉が靴を履く時に姪っ子を抱えていたので、
俺だとわからないように顔を見せずに抱っこしてみたら、
俺だと気付いた途端に泣かれた。(´・ω・`)ショボーン

甥っ子の為に色んなオモチャを用意して待っていた俺。
Q-STEERとミニ野球盤とミニサッカーボールをプレゼントして、それで遊んだ。

甥っ子は兄貴がやってる忍者ゲーム・天誅参の田島に夢中なようで、
事あるごとに「喰らいな!」とゼロ距離で銃を撃つマネをするんだよ。
甥っ子カワイイよ甥っ子。

晩飯帰りに西友に寄った時も、追いかけっこして遊んだ。
待ち伏せをしたり、後ろに回り込んで忍び寄り、
「喰らいな!ドーン!」と言うと、ちゃんとやられる甥っ子カワイイ。

昨日はPS2を引っ張り出してきて、塊魂とドラゴンボールZ Sparking!と三国無双で遊んだ。
超サイヤ人3でフルボッコにしても泣かない甥っ子。
それよりも珍しいゲームをやるのが楽しいらしい。

そんなこんなで、一昨日の夕方からお昼過ぎまで甥っ子と遊んでた。
もっと大きくなったら、ラジコン戦車で対戦とかしてみようかな。


さて、ついに来たよ。
しし座流星群の日が。

今夜だよ。
しし座流星群の極大日は。

北東だよ。
しし座流星群の見える方向は。

10年前のしし座流星群で見た火球はスゴかったなぁ。
爆発した時の閃光と、「シュボッ」という爆発音と、後に残された流星痕。
あれは感動的だった。

タイでも見れるかなぁ。
明かりが少なければ見れるかなぁ。

深夜の便だったら、飛行機の窓から見えたんだろうなぁ…。
いや、でも月明かりで見づらいか。

タイは晴れるかなぁ。
おや、明日から晴れの予報か。
ちょうどよく晴れてくれればいいな。

関東甲信越の皆さんは雨だそうです。
18日の早朝がピークらしいけど、見れないっぽいね。
富士山にでも登れば見えるかもね。


というわけで、今日の午前の便でタイに行って来る。

あっちは30℃らしい。
熱帯夜なのかねぇ…。

出発する前に相談の返事を書かねば。

いつも通り、出発の4時間前になっても準備を一つもしてないが、
着替えだけ持ってりゃいいんじゃないかな。

着替えとチケットとパスポートと洗面用具とデジカメだけでいいか。
おっと、デジカメの充電しとかな。

帰って来たら写真とかアレするから。
色々とアレするから。

帰って来なかったら、ごめりんこ。
ま、そん時はそん時で。

それではまた。
| 有也 | 旅行 | 02:03 | comments(8) |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
+ リンク集
+ 著書
LOVE at Night ~ホストに恋した女子高生~
LOVE at Night ~ホストに恋した女子高生~ (JUGEMレビュー »)
有也
 
高校1年生の頃、早く処女を捨てたかった。
周りの子はみんなどんどん『済ませて』行ってた。

「え〜まだしてないの?」
そう言われるのが嫌だった。
私一人がおいてきぼりにされてるような気がしてた。

「早く処女を捨てなきゃ」
そんな焦りを感じてた。

(第一話『おいてきぼり』)
+ 著書
LOVE at Night 2 ~17歳のファーストラブ~
LOVE at Night 2 ~17歳のファーストラブ~ (JUGEMレビュー »)
有也
 
お金もない。
帰る家もない。

私はこれからどうやって生きていけばいいんだろう。
誰かお願いだから私を助けてよ。

とりあえず、新宿まで来たけど寝るトコもない。
警察に行っても家に帰らされるだけだ。
あんな家になんか帰りたくない。

どうしよう。
これからどうしよう。

1人でどうやって生きて行こう。

(第一話『絶望の街角』)
+ 著書
おまえは俺に恋をする
おまえは俺に恋をする (JUGEMレビュー »)
有也
 
俺は【モテ】って言葉が嫌いだ。
本気で惚れた女だけを
確実に落とせるヤツが
一番カッコイイじゃねぇか。

(―はじめに―より)
+ 著書
LOVE at Night 3 ~16:35の鼓動
LOVE at Night 3 ~16:35の鼓動 (JUGEMレビュー »)
有也
 
人生はクソだった。
 
幸せはいつだって掴んだと思っても消えていく、
雪みたいなものだって思って生きてきた。
 
 
誰かと深く関わるのは嫌だった。
誰にも情をかける必要なんて無い。
 
いつか辛い別れが来るだけだから。
 
 
 
不幸の遺伝子で作られた俺は、
大事な人を側に置いちゃいけねぇんだ。
 
 
(冒頭より抜粋)